2017年10月22日

「ナマヒゲ」今週のアートワーク

02-05-1440.jpg

フリー素材ぱくたそ」さんの写真を使わせていただいてます

【 ナマヒゲ90分! 】
毎週日曜よる10時から生配信
http://mixlr.com/fredio/

【 Fredio from Japan 】
ナマヒゲの過去音声をポッドキャスト配信中
https://player.whooshkaa.com/shows/fredio-from-japan
posted by ひげフレディー at 12:17| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

Studio Clock のおかげ

Studio Clock

先週と今週の「ナマヒゲ」が
ちゃんと90分ぐらいに収まったのは
iMac の前に立てかけたスマホの時計アプリ
Studio Clock」のおかげです
posted by ひげフレディー at 13:45| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

「ナマヒゲ」リニューアル第1弾

日曜よる10時から生配信中のネットラジオ
「ナマヒゲ90分!」のアートワークが
本日配信分からリニューアルします
フリー素材ぱくたそ」さん全面協力の元
(と言っても勝手に使わせていただいてるだけですが)
ユニークなアートワーク集が完成しました

02-14-1200.jpg

毎週配信される音声に
週替りで貼り付けていきますので
お楽しみに♪

【追伸】
グラフィックは心機一転しますが
番組内容はマンネリ街道爆進中です

【 ナマヒゲ90分! 】
毎週日曜よる10時から生配信
http://mixlr.com/fredio/

【 Fredio from Japan 】
ナマヒゲの過去音声をポッドキャスト配信中
https://player.whooshkaa.com/shows/fredio-from-japan
posted by ひげフレディー at 12:20| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

「ナマヒゲ」のアートワークが刷新されます

P1180137.JPG

 思えば「Sunday Night Live」の頃は、外人さんの写真素材を使い、国籍不明なイメージ展開をしていましたが、番組タイトルも和風なものに変わったし、Whooshkaa から配信中の番組アーカイヴ「Fredio from Japan」も「日本発」を意識しているので、アートワークも日本人をモチーフにしたものに路線変更する事にしました。というワケで、明日の「ナマヒゲ90分!」から新デザインのシリーズが始まります。音声だけでなくグラフィックの方もどうかお楽しみに♪
posted by ひげフレディー at 15:45| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

Whooshkaa の利用法

Whooshkaa

 Mixlr から毎週ナマ配信している「ナマヒゲ」の、過去音声をポッドキャスト配信するために使っている Whooshkaa というサーヴィスは、1つのアカウントで複数の番組(Show)を持つ事ができる。1ファイル 300MB までという制限はあるものの、全ファイルを合計した容量には制限がないし、ポッドキャスト用のフィードを登録すれば、他の場所から配信中の番組を Whooshkaa から配信する事も可能なので、せっかくだからチャンネルを増やしたい気もするのだけど、今の僕には新しい番組を作るほどの余裕はないし、かと言って Seesaa や SoundCloud や Anchor から配信中の、既存の番組を引っ張ってくる必然性もない気がする。

WhooshkaaのApp

それはそうと
ずっと「Coming Soon」の
スマホ・アプリって
いつ出るん?
posted by ひげフレディー at 10:48| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

Podcast 専用検索サーヴィス「LISTEN NOTES」

 マストドンのポッドキャスト系インスタンス「podcast.style」で、ちるにーさんが紹介なさっていた「LISTEN NOTES」を使ってみました。簡単に言うとこれは「ポッドキャスト専用の検索サーヴィス」です。

listen_notes_00.jpg

 試しに色んなキーワード(日本語も可)で検索をかけてみたら、僕の配信している全ての番組をヒットさせる事ができました。どうやら各エピソードに添えられたテキストデータを元に検索を行なっているようです(キーワードタグは検索対象外っぽい)。実は最初「もしや音声を解析して検索を?」と、密かに期待していたんですが‥‥さすがにその機能はまだ実装されていないようです。

listen_notes_01.jpg

 また、検索のオプションとして「エピソード単位(Episodes)」で検索するか「番組単位(Podcasts)」で検索するか、を選ぶ事もできますし、検索結果の表示順も、キーワードとの「関連性(Relevance)」を重視するか「配信日時(Time)」を重視するかで変える事もできます。

 ポッドキャストを探している人にとって「ポッドキャスト以外の検索結果が表示されない」というこのサーヴィスはとても都合がいいんですが、実はこの検索サーヴィスの最大の利点は「検索結果と共にプレイヤーが表示される」という点なんです。つまり、いちいち配信サイトに移動しなくても、その場で次々に音声を聞いていく事ができるのです。

 いずれ Google などのメジャーな検索サーヴィスにも、プレイヤーが表示される日が来るでしょうし、音声解析の技術がさらなる進化を遂げれば、そう遠くない将来、ポッドキャストなどの音声データも言語別に解析が進み、データベース化され、検索の対象になる日が来るんでしょうね。そうなったら我々ポッドキャスターも「SEO を意識したトーク」というものを身につける必要が出てくるのかもしれません。
posted by ひげフレディー at 11:53| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

Whooshkaa のアクセス解析(9月分)

 日曜よる10時から生配信中の「ナマヒゲ90分!」のアーカイヴを、Whooshkaa というオーストラリアのホスティング・サーヴィスにアップして「Fredio from Japan」という名でポッドキャスト配信を開始したのが、ちょうど1ヶ月前。Whooshkaa のアクセス解析を見ると、おかげさまで需要はあるようで一安心。

days.jpg

配信の翌日(月曜)にアクセスが集中しているのがわかります

countries.jpg

海外からもソコソコ聴いていただいているようです

graph.jpg

【デバイス別】パソコンからが半分強 4割がスマホで タブレットからは5%
【OS別】macOS から4割 iOS 2割 Win と Android 少々 その他3割
【ソース別】ポッドキャスト・アプリが3割強 iTunes 2割弱 Facebook ページに貼り付けたプレイヤー2割強 Whooshkaa サイト内のプレイヤー3% その他4割

 ザッとこんな結果になりました。ストリーミング派は2割強、ポッドキャスト派が4割弱。ただ「OS別」の3割と「ソース別」の4割に「その他」という項目が入っていて、それらが何を意味しているのかが気になるところです。そしてもう1点、スマホで聴いてくださっている方の使っているアプリも興味深く、iOS ユーザーの多くは Apple純正のポッドキャスト・アプリを、Android ユーザーは「Podcast Addict」というアプリを使っている人が多いようです。とは言え、なにぶんにもサンプリング数が少ないので、今のポッドキャスト事情をここから読み解くには全然不充分なんですけど。
posted by ひげフレディー at 16:20| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

iTunes Store の5つの Fredio

 ためしに iTunes Store で「Fredio」を検索してみてください。5個もヒットしますから(苦笑)さすがにこんなに増えちゃうと、配信している僕ですら頭がこんがらがって来るので、ここらで1度整理しておきましょう。左から順に説明していきます。

fffff.jpg

Fredio
Seesaa から配信中の現行「Fredio」

Fredio(version:1)
2005年から2009年まで配信していた初代「Fredio」

Fredio on Anchor
スマホアプリ「Anchor」から配信していた音楽番組
(現在休止中)

Fredio on Cloud
「Fredio」から配信された音楽番組
「podsafe SHUFFLE!」だけを抜き出して配信中

Fredio from Japan
「ナマひげ90分!」のアーカイヴ置き場
posted by ひげフレディー at 14:41| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

ナマヒゲ ポッドキャスト化計画(完)

 (1)(2)と続いたこのシリーズですが、今回で(完)です。毎週日曜よる10時から Mixlr で生配信している「ナマひげ90分!」(略して「ナマヒゲ」)ですが、今までは配信アーカイヴを Mixlr と Mixcloud で聴いていただいていました。ただ、どちらもストリーミングでしか再生できず、正直 Wi-Fi の使えない場所で長尺の番組を聴くのはちょっとツライので、いっそポッドキャスト配信してしまえ! ってワケで、Whooshkaa というサーヴィスのアカウントをとる事に‥‥というのが、前回までのお話。

 その後、無事アカウントを取得。iTunes Store のポッドキャスト・カタログへの登録も完了し、本日めでたく正式オープンの運びとなりました。


 Whooshkaa がオーストラリアのサーヴィスという事もあり、海外リスナーをちょっと意識して「Fredio from Japan」などという変な名前にしちゃいましたが、中身は「ナマヒゲ」のアーカイヴ置き場です。今のところは4つの音声しか上がっていませんが、随時追加して行く予定です。ポッドキャストに対応しているので、iTunes や他の対応アプリを使ってポッドキャスト登録していただく事もできますし、「Fredio from Japan」のページから直にファイルをダウンロードしていただく事もできます。

 「ナマヒゲ」は生番組なので、できる限りナマで聴いていただきたい所ですが、どうしてもナマで聴けない‥‥という場合はこちらでお楽しみいただければ‥‥と思います。実は音声冒頭の「ただいま準備中です」という部分がカットしてあったり、全体的に音圧が上げてあったりと、正直 Mixlr や MixCloud より聴きやすくなっているので、ストリーミングで聴く場合も Whooshkaa がオススメだったりします。
posted by ひげフレディー at 17:21| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

Whooshkaa について(2)

 Whooshkaa というサーヴィスについて、もう少し書いておこうと思います。Whooshkaa の「ヘルプ&サポート」ページは結構充実しています。もちろんすべて英語なので、Google 翻訳さんの手を借りながら一通り目を通してみたんですが、「ポッドキャストって何?」に始まり、番組コンセプトの練り方、より多くの人に番組を聴いてもらうための宣伝法、Skype を使った収録、Audacity の使い方、アートワーク(カバーアート)を作る際の注意点、そして勿論 Whooshkaa の使い方まで、これほど具体的かつ実用的なサポートページはちょっと珍しいんじゃないかと思います。

help.jpg

 次に「インポート」についてです。今まで他の場所から配信してきたポッドキャスターが、引っ越しを考えた時「過去の配信データを新しい場所にどう移動させるのか」あるいは「移動しないで始めるのか」は実に悩ましい問題です。Whooshkaa には、主要ホスティング・サーヴィスから簡単にデータを引っ越しさせる機能が備わっています(実際ちゃんと機能するかどうかは、やってみなければわかりませんが)。

import.jpg

 Whooshkaa にアカウントを作って、最初の音声をアップする段になって戸惑った事があります。「Get Started」のページでは「Show を RSS 経由でインポート」か「最初の Show を追加」を選ばなきゃならないんですが、僕の場合は他のポッドキャストからの引っ越しではないので当然「最初の Show を追加」をクリックしました。

welcome.jpg

 ところが、進んだ先のページには、音声をアップする機能がどこにも見当たらず「おかしいなぁ‥‥」と、しばし試行錯誤を繰り返した末、「Episode」という言葉の存在に気づきました。なるほど、個々の音声は「Show」ではなくて「Episode」なのね。じゃあ「Show」って何だ? ここが Whooshkaa の面白いところ。Seesaa ブログのユーザーならご存知かもしれませんが、Seesaa は1つのアカウントで複数のブログやポッドキャストを運営する事ができます。つまりそういう事だったんです。Whooshkaa も1つのアカウントで複数の「番組(Show)」を持つ事ができるようです。たとえばトーク番組を配信しつつ、更に「Show」を追加して別の RSS で音楽番組を配信する。なんて事もできるワケです。オマケに Seesaa だと、全ファイルをトータルした容量に制限があるので、いい気になって配信しまくると、無料での運営ができなくなってしまいますが、Whooshkaa なら(今のところ)総容量無制限&完全無料なので、その心配もいりません。

 そしてもう1つ、番組の管理人を追加する機能もあるので、もしかしたら「昭和荘スタイル」での配信も可能‥‥かもしれません(ただ、共同管理者を何人まで増やせるのか‥‥は、今のところわからないので、これはあくまでも想像ですが)。

ad.jpg

 さて、1つ前の記事に書いた「広告」に関してです。これは実際に音声をアップする段になって初めてわかったんですが「アップする音声のどの部分にどんな広告をいくつ入れるか」が、指定できます。というか、これを指定しないと音声が公開できない仕様になっているので、初めての人はココでつまずくかも知れません。特に「何分何秒のところに広告を入れるか」の指定は結構シビアで、僕は何度もエラーを頂戴しました(苦笑)どうやら音声のド頭とお尻には入れられないようで、僕の場合は冒頭のジングルが流れた後の「スタートから6秒」の地点に入れる事にして公開しました。ただ、公開された音声を聴いてみても広告は入っておらず、たぶんマッチングできる広告主が見つかるまでは、広告なしで配信されるんだと思います。

※上の文中で「広告の挿入ポイントを指定しないと音声が公開できない」と書きましたが、再度試してみましたら、広告の部分は空欄のままでも問題なく公開できました。なので「広告で儲けたい!」という人以外は空欄でオッケーです。

 以上、Whooshkaa というホスティング・サーヴィスについて、今わかっている事を解説してみました。Whooshkaa からのポッドキャスト配信を考えている人のお役に立てば幸いです。また何か発見があったら、備忘録を兼ねて書こうと思います。
posted by ひげフレディー at 16:54| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

Whooshkaa について(1)

 Whooshkaa というサーヴィスについては、ググってみても日本語の情報がほとんど見つからず、アカウントを取得した僕自身、まだよくわかっていない事が多いので、もしかしたら見当違いな事を書いてしまうかも知れませんが、現時点でわかっている事や、その魅力について解説してみようと思います。

01.jpg

 Whooshkaa の最大の特徴は、サーヴィスを提供する対象が「CREATORS」と「BRANDS」に別れている点です。「クリエイター」は、コンテンツを提供する我々ポッドキャスターを指してるんでしょうが、「ブランド」ってなに? 他のホスティング・サーヴィスでは滅多にお目にかからないアプローチです。

02.jpg

 「クリエイター」向けのページを開くと、「あなたのコンテンツを無料でホスト。シェアして解析して収益化するためのすべてが揃っている。」と、なんとも頼もしい謳い文句が。

03.jpg

 さらに進むと「無料でホスト」「シェアして拡散」「カスタマイズできるプレイヤー」「複数のショーが持てる」「インポートが簡単」「サポートも充実」というアピールが。

04.jpg

 で、ちょっと省略して最後の部分に飛ぶと、ここまで至れり尽くせりのサーヴィスが、どうして無料で受けられるのか‥‥の鍵とも言える、ビジネスモデルについてチラッと解説されています。

05.jpg

 つまりこれは、ポッドキャストを使った広告ビジネスなんですね。配信される音声のジャンルやリスナーの住んでいる地域などをもとに、そのコンテンツにフィットする広告主をマッチング。音声に広告を入れる事で Whooshkaa はブランドから広告費をもらい、クリエイターは広告によって報酬を得る。という事のようです。もしこのシステムが上手く機能すれば、双方ウィン・ウィンなので文句はありません。どっちにしても我々はタダで配信できるわけですし。

 ただ、Whooshkaa から配信されている番組をいくつか聞いてみたものの、いまだに広告入りの音声に1度も出会っていません。素晴らしいサーヴィスだったのに収益化に失敗して撤退‥‥という経験を、今まで我々は嫌と言うほど味わってきたので、ちょっと心配になります。

【追記】僕はクリエイターとしてコンテンツを配信する事しかできませんが、重要なのは「このサーヴィスの有用性をブランドにどれだけ訴求できるか」の方かも知れません。配信者がどんなに増えようが、良質のコンテンツを大量に配信しようが、広告主が増えない事には話しになりません。「ポッドキャストを使って広告を打ちたい」と考えてくれるクライアントが増えるといいなぁ‥‥。
posted by ひげフレディー at 14:39| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

ナマヒゲ ポッドキャスト化計画(2)

 1つ前の記事に「長尺音声が配信可能な無料のホスティング・サーヴィスを探していた」と書きましたが、それは、僕が毎週日曜 Mixlr から生配信している「ナマひげ90分!」のアーカイヴ問題と関係があります。なんたって生配信は「ナマで聴くのが本筋」ですから「過去音声の配信は邪道」と言えなくもありません。しかし、すべての人が「決められた曜日の決められた時刻」に、パソコンやスマートフォンに耳を傾けられるワケではないので、ナマで聴けなかった人のために「ここへ行けば、いつでも過去音声が聴けますよ」という場所が設けてあります。

archive.jpg

 「ナマヒゲ」の過去音声は、Mixlr と Mixcloud の2カ所にアーカイヴされていて、好きな時に好きなだけストリーミング再生できます。ただ、Wi-Fi 環境下ならそれでも問題ないんですが、Wi-Fi の使えない場所(たとえば移動中のクルマや電車など)で聴こうとすると、途端にパケット通信料が発生するため、うっかり長尺の番組なんか聴いちゃうと破産してしまいます。

 いま使っているアーカイヴ置き場に、ダウンロード機能さえあれば「すべて解決♪」なんですが、Mixlr も Mixcloud もストリーミングでしか聴けません。百歩譲って、せめてフィードだけでも用意してくれてたらポッドキャスト配信できるのになぁ‥‥。

 「90分を超える音声コンテンツを無料でポッドキャスト配信する」‥‥はい、これはかなり虫のいい話です。世の中そんなに甘くない‥‥と、諦めかけていた時に見つけたのが、前の記事に書いた「Whooshkaa」というサーヴィスでした。で、さっそく英語と格闘しながらアカウントの申請をしてみたところ、すぐに「サンキュー! ちょっと待ってね」と返事が届き、一夜明けたら「オッケーイ! 入っておいでよ」と温かく迎え入れてもらえました。
posted by ひげフレディー at 13:03| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

ナマヒゲ ポッドキャスト化計画(1)

 ポッドキャストの配信には、音声や動画などのファイルをアップロードするためのデータ置き場と、そのファイルとポッドキャストを紐付けるフィード(RSS)の生成が必要になります。そのシステムを自力で構築する事も可能ですが、それにはある程度の知識/お金/時間が必要になるためちょっとハードルが高い。そこで登場するのが「ホスティング・サーヴィス」。ポッドキャスト配信に必要なインフラを(有料または無料で)提供してくれるありがたいサーヴィスです。

 下の画像は「iTunes Connect Resources and Help」の中の「Podcasts Partner Search」というページをキャプチャーしたものです。要するにこれは、世界中にある「ポッドキャスト配信に使えるホスティング・サーヴィス」をまとめた表です。

pps.jpg

 実際には、この表に掲載されていない同様のサーヴィスがいくつか存在しますが、おそらくここにある15個のサーヴィスは、アップルが考える一定の基準を満たしている‥‥という事なのでしょう。かつては、日本だけでも数社のブログサーヴィスが、ポッドキャストのホスティングに対応していましたが、寂しい事に今では「Seesaa」だけになってしまいました。

 この表にあるほとんどのサーヴィスは有料で、配信できるデータ容量など、条件によっていくつかの料金プランが提供されています。国内唯一となった「Seesaa ブログ」も、僕が使っているのは無料プランですが、有料のコースを選ぶ事もできます。それはさておき、この表を見ていて「Whooshkaa」という見慣れない名前に目がとまりました。どう発音すればいいのか全く見当も付きませんが、オーストラリアのサーヴィスだそうです。さっそくサイトに飛んで調べてみると、なんと無料! しかも1ファイルあたり300MBまでアップ可能。とあります。今どき珍しいほどの気前の良さです。

 ちょうど僕は最近「長尺音声が配信可能な無料のホスティング・サーヴィス」を探していたところだったので、まさに「飛んで火に入る夏の虫‥‥ビンゴ!」な気分で、さっそくアカウントを申請したのであります。
posted by ひげフレディー at 11:16| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

「ネットラジオ大賞」また来年お会いしましょう(苦笑)

21083397_10155706537333833_8571295519869276232_o.jpg

ONLINE RADIO AWARDS

ノミネート番組が決定しました

いうワケで
投票くださった皆さん
ありがとうございます
m(__)m

また来年!(苦笑)
posted by ひげフレディー at 01:09| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

Fredio on Anchor

fredioonanchor.jpg

数日前から局地的に盛り上がっている
Anchor というサーヴィスですが
僕の「Fredio on Anchor」も
ついに Apple Podcasts と
Google Play Music に
登録されました

でもこれ
ポッドキャスト向きのコンテンツ
とは言いにくいので
できればスマホの Anchor アプリか
パソコンの Web ブラウザーから
配信後24時間以内に
ストリーミングで聴いていただきたい

24時間を過ぎると
魔法が解けちゃう仕様
なんです
posted by ひげフレディー at 10:27| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

「ネットラジオ大賞」への投票お願いします!

 今年で4回目となった「ONLINE RADIO AWARDS」に、ぜひとも「ナマヒゲ」を強力プッシュしていただこう! という運動を現在展開中です(投票の締切りは8月20日)。

online_radio_awards_2017.jpg

 投票方法は簡単。まず、MixCloud のこのページ(http://www.theonlineradioawards.com/)に飛んでいただき、全4部門の中から「BEST ONLINE RADIO PERSONALITY」か「BEST ONLINE TALK SHOW」、もしくは両方を選び、下記のようにご記入のうえ送信いただくだけ(所要時間1分)。となっております。

radio_personality00.jpg

radio_personality01.jpg



radio_personality02.jpg



radio_personality03.jpg

talk_show00.jpg

talk_show01.jpg



talk_show02.jpg



talk_show03.jpg

 送信ボタンを押す前に「利用規約」に同意していただく必要がありますんで、念のため規約を自動翻訳したものを下に載せておきますね。

【規約と条件】

2017 Online Radio Awards の利用規約
エントリーは、オンラインで利用可能なラジオ番組、放送局、またはパーソナリティで構成されていなければなりません。オンラインラジオは、次のように定義されています。

ラップトップからスマートフォン、IP接続されたラジオ、接続されたテレビなど、複数のデバイスで一般的にアクセス可能な、インターネット上で利用できるラジオ。これらの賞の目的のために、オンラインラジオ番組と放送局は、インターネットを介した配信が支配的な手段です。

● エントリーはオンラインで提出する必要があります。
● あなたのエントリーは、2017年8月20日日曜日23.59 GMTまでに提出する必要があります
● 失格となった応募者には通知されません。
● あなたは好きなだけ多くの番組を入力することができます。
● 同じショーを1回だけ入力することができます。
● あなた自身のショー、あなた自身またはあなたの駅に入ることができます
● あなたは、他人、他の人、あなたが放送している駅、または好きな駅が作ったショーに参加することができます
● 審査員の決定は最終的なものであり、エントリーについてのフィードバックはありません。
● オンラインラジオ賞またはMixcloudとの関係がある場合でも、賞には入ることができますが、利害の衝突はフラグが立てられます。
● 残念ながら、紛失、遅延、間違った指示または不完全なエントリ、または技術的またはその他の理由で納入または入力できないエントリについては、責任を負うことはできません。
● ショートリストは8月24日木曜日に発表されます
● 受賞者は8月31日木曜日に発表されます
● プロモーション資料の追加情報を提供するためには、ショートリストとエントリが必要な場合があります。

 賞は投票の数だけで決まるのではなく、審査員による審査が受賞の決め手だと思われます。なにしろ審査員は全員外国の方ですし、彼らが日本語の番組をキッチリ審査できるとも思っていないので、とりあえず世界規模の「ラジオ祭り」だと思って、軽〜い気持ちでご参加いただければ幸いです。

日本屈指のラジオ馬鹿
ひげフレディー
posted by ひげフレディー at 15:20| Comment(2) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

5K ディスプレイで Pro Tools First はツライ

first01.jpg

5K の iMac を使うようになった昨年の秋以降
初めて「Pro Tools First」を起動してみた
ポッドキャストの編集アプリとして
使ってみたくなったからだ

first02.jpg

しかし、ディスプレイの解像度が上がった事で
アプリ画面の表示が実質縮小されてしまい
老眼の進行著しい僕の目では
操作がままならない
posted by ひげフレディー at 11:33| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

ポッドキャストのポータルサイト「Mi3e(ミミー)」

mi3e.jpg

  10年ぐらい前には幾つかあったポッドキャストのポータルサイトですが、残念なことに日本のポータルは次々に姿を消していき、寂しい思いをしていました。ポッドキャストにまつわる情報や、ポッドキャストの現状を知りたいと思った時「ココへ行けば何となく把握できるよ」という場所がなくなってしまい、漠然と「やっぱポータルは必要だよなぁ」と感じてはいたんですが、先日、ポッドキャスト系マストドンの「podcast.style」というインスタンスで「ミミーというサイトがありますよ」と教えてもらい、見に行ってみると‥‥ニュースや情報というよりは、番組紹介に特化したサーヴィスでしたが、それはまさに「ポッドキャストのポータルサイト」と呼ぶにふさわしい内容でした。

 というワケで僕もさっそく「Fredio」を登録してもらうべく申請を送りまして、この度めでたく掲載されることとなりました。面白そうな番組を探している人や、自身でポッドキャストを配信している人は、1度覗きに行ってみてはいかがでしょうか? 昨年の秋に始まったばかりのサーヴィスなので、まだ登録番組の数は多くありませんが、ぜひ末永く頑張っていただきたいです。陰ながら応援しています。

ポッドキャストのポータルサイト Mi3e[ミミー]
http://mi3e.com/
posted by ひげフレディー at 15:31| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする