2017年03月17日(Fri)

2017年01月26日(Thu)

あの子猫たちがまた売れました

今回のコミッションは 30円
100回売れても3000円
(苦笑)


Adobe Stockfotolia

2017年01月11日(Wed)

フォトストック開始から3ヶ月

 撮りためてきた写真を「ストック・フォト・サーヴィス」に登録し始めて3ヶ月が経ちました。最初は「Adobe Stock」からのスタートでした。「Adobe Stock」は「fotolia」と連動しているので「Adobe Stock」に登録した写真は 自動的に「fotolia」のカタログにも掲載されます。「fotolia」の方の反応はサッパリですが「Adobe Stock」の方は登録直後からそこそこ反応があり 現時点での販売総数は12点 合計報酬額は1188円 という結果が出ています。

 12月の後半からは販路を拡大して「iStock」「photolibrary」「PIXA」「shutterstock」でも販売を始めようと思ったのですが 以前このブログにも書いた通り「shutterstock」は 身分証明にパスポートが必要だったため利用を諦め 残りの3つへの登録を始めました。実際に使ってみると それぞれのサーヴィスには特有の作法や使用感がある という事がわかりました。

photostock.jpg

 ビギナーの場合「PIXTA」は1ヶ月に10個「photolibrary」は25個までしか登録できず 「iStock」は制限こそないものの Webサイトの挙動が重い上に 一時的な障害なのかバグなのか 僕の使い方が悪いのか仕様なのかわかりませんが 作品登録時に入力したキーワードや作品タイトルなどが上手く反映してくれません。

 ものすごくザックリではありますが それぞれのサーヴィスを使ってみた結果 登録のしやすさ(複数のファイルをドラッグ&ドロップで一気にアップロード可)や レスポンスの良さ(閲覧回数や販売実績)などの点から 今後は「Adobe Stockfotolia」を中心に展開して行こうかな と考えています。

2016年12月21日(Wed)

私は私の身分を証明する事に失敗しました

again.jpg

 アカウントを作り 例の「W-8BEN」という財務関係の書類も提出。たしかに「パスポートを強くお薦めします」と書かれてはいたものの「運転免許証のコピーでも可」との事だったので 免許証の画像を送ったら「パスポートの写しを送れ」と言われてしまった。あたしゃパスポートなんぞ持っておらんわ。Zazzle も Adobe Stock も免許証でオッケーだったが Shutterstock はガードが固い上に 2度手間を強いるサーヴィスなのね。

2016年12月13日(Tue)

2016年12月09日(Fri)

2016年11月22日(Tue)

ボツ写真たち

photo-no.jpg

アーチファクトの問題
フォーカスがあっていない
画像の美しさ/商業的アピールの欠如
技術的な問題
準拠していない
知的財産権の侵害
類似の画像が提出済み
露出の問題

などの理由から
不採用とされた写真たちをお焚き上げ
ちなみに
採用された写真はコチラ

Adobe Stockfotolia

【追記】
と言ってるそばから
またあの子猫たちが売れたようです

cats.jpg

そしてハンコも

hanco.jpg

2016年11月11日(Fri)

稼ぎ頭

今回のコミッションは 240円でした

AdobeStock_123409576_WM.jpeg
Adobe Stockfotolia

2016年11月09日(Wed)

まったくもって地質に疎い

昨日のエントリーの続きみたいなもんですが
むかし海岸で撮った石の写真に
地学的な用語をタグ付けしようと思い頓挫
これって
海底に堆積した砂が固まってできた地層
なのでしょうか?

01.jpg02.jpg
04.jpg03.jpg

2016年11月08日(Tue)

まったくもって植物に疎い

植物の写真をストック・フォト・サーヴィスに登録するにあたり
その植物の名前をタグ付けしたいと思ったんだけど
わたくし名前が全くわかりません

00.jpg
01.jpg02.jpg
03.jpg04.jpg

2016年11月07日(Mon)

2016年11月03日(Thu)

また子猫が売れました

 今まで撮りためてきた写真をストック・フォト・サーヴィスに登録する作業を 相変わらず地道に続けているんですが 今日またあの子猫たちの写真が売れました。前回のコミッションは「89円」でしたが 今回は「63円」でした。購入した人の加入しているサーヴィスやコース ダウンロードされた写真のサイズなどによって 同じ写真でも金額が違ってきます。


 写真は「fotolia」からも「Adobe Stock」からもご購入いただけますが 商用目的での使用を前提としているデザイナーなどの場合は 気に入った写真が見つかってもすぐには購入せず まずサムネールをダウンロードし それを使ってデザインを検討し クライアントからオッケーが出た後で購入‥‥というパターンが多いと思われます。そこで「fotolia」と「Adobe Stock」からダウンロードできるサムネールを比較したところ 「fotolia」は横幅500ピクセル「Adobe Stock」は1000ピクセルと サイズにかなり大きな違いがある事がわかりました。ストック・フォトを利用するデザイナーにとっては たとえサムネールと言えども 拡大配置した時にジャギーが出ると見栄えが悪くなるので やはりなるべく大きな画像を手に入れたいところでしょう。サムネールのサイズ面で見れば「fotolia」より「Adobe Stock」の方が都合がいいかも知れませんね。

2016年10月18日(Tue)

今度は子猫が売れました

as2.jpg

ありがとうございます
m(_ _)m

2016年10月17日(Mon)

ストックフォト初売上30円

as.jpg

 実は1週間ぐらい前からストックフォトのサーヴィス「Adobe Stock(フォトリア)」に写真を登録し始め 現時点では「44点が販売中/17点が不採用/1点が審査中」という状態なんですが どうやら本日1点売れたようで めでたく30円の収入を得る事ができました。買ってくださった方ありがとうございます!