2017年05月22日

この記事へのコメント
清水さん、ポートフォリオ拝見しました。売り上げが徐々に来ているようで何よりです。一つ気が付いて勿体無いなあと思ったのは、一つの被写体についてサイズや角度のバリエーションがほとんどないという事です。例えばこの藁草履。
https://jp.fotolia.com/id/123408813
もっとクローズアップのものや真上からとかサイズと角度を変えれば一つの被写体で幾つものバリエーションが作れてポートフォリオの写真数も増えて買う人の選択肢が増えます。あと、これはもうご存知だと思いますが、コピーやフレーズを書くスペースを考えたものも撮るって事ですかね。あと、AdobeStockやiStockは日本だけじゃなく全世界でのマーケットの方が大きいので世界でポピュラーな寿司とかハンバーガーとかステーキとか世界レベルで考えて出して行った方がいいと思います。キーワードを入れて「ダウンロード数」で整理すればどういう写真が人気なのかわかるんで参考になります。前にも出したかも知れませんが、この人のブログは参考になるかも知れません。
http://nakastockphoto.blog.fc2.com
Posted by ほんだ at 2017年05月22日 22:49
この辺も参考になると思います。
https://pixta.jp/channel/
Posted by ほんだ at 2017年05月22日 22:58
【ほんださんへ】
コメントありがとうございます!
まだまだストックフォト初心者なので、今までのところは過去に撮った写真を闇雲に登録しまくって様子を見ていた感じだったんですが、今後は需要を見ながら戦略を練っていかないとな‥‥と思っていたところだったんです。
いやぁ〜 参考になります♪
Posted by ひげフレディー at 2017年05月23日 10:23
そうですね。戦略練って、市場を調査して数打ちゃ当たるの理論も重要だと思いますよ。すでに多くの作品が出てるジャンルでも他の作品より良ければ売れるわけだし、まあ人それぞれ得意分野とかもあるので、モデル雇ったり友達に頼んだりもやってみて様子みると面白いと思います。売れてる路線でも他の人に無い味を出すとかすれば人気出るかも知れません。
Posted by ほんだ at 2017年05月23日 11:14
【ほんださんへ】
そうですね。多分すぐに結果は出ないんでしょうけど、いろんなアプローチをして行こうと思います。
で、ガッポリ稼いだらニューヨークに遊びに行きますんでヨロシク(笑)
Posted by ひげフレディー at 2017年05月23日 13:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください