2017年03月04日(Sat)

Tim Akers & The Smoking Section というスゴいオッサンたち

 Spotify の「プレミアム・プラン60日間無料体験キャンペーン」に乗っかって、音楽を聴きまくりながら仕事してたら、とてつもないグループに出くわしてしまった。Tim Akers & The Smoking Section という聞き慣れない名前と、ヤル気のないレコードジャケットだったけど、これも同じく以前 Spotify で掘り出した The Pb Underground というミュージシャンの「関連アーティスト」としてピックアップされていたので、期待ゼロで一応聴いてみたら、これがアナタ! なんですかこのカッチョよさは! それ以降、たった2曲しか登録されてない彼らの曲を、熱病にでも冒されたような勢いで聴きっぱですわよ。

 で、その事を Facebook に書いたら、thin-p さんが YouTube で動画を探してきてくれて、それ観て再びブッ飛んだ! みんなオッサンじゃないか。それどころか「そろそろオジイチャン」って年頃の人も混じってる。そんな人らがこんなキレッキレの音を叩き出していたのかっ! もーね、彼らが演奏する姿を見てたらね、涙が出てきちゃったんですよ。いやこれ大袈裟な比喩とかではなく。なんかね、こんなにスゴくてカッチョいいオッサンたちが、まだこの世界にいたんだな。あー音楽ってまだまだ捨てたもんじゃないな。と、曇りかけの眼やら鼓膜やらにワイパー掛けられたような気分になったワケです。というワケでその動画を貼っておきます。僕は基本的に音楽は音だけで楽しみたい派だけど、彼らの場合は演奏している姿込みで観ると100倍グッと来ます。



posted at 12:33 | Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。