2011年08月31日(Wed)

9月11日(日)は「Accovio レコ発ライヴ」

 惜しまれつつも4月に閉店となった大阪の「カフェ + バー ilha(イリア)」で彼らのライヴを体験したのが今年4月。その時はヴァイオリン キーボード サックス&ウクレレという構成だったが正式には何人編成なんだろう? 実は彼らの事を詳しく知らないのだが イリアでの演奏は圧巻だった。彼らの音楽を言葉で説明するのは難しいが 一般的には「ワールド・ミュージック」というカテゴリーに入るのかもしれない。少なくとも僕は ジプシー音楽やジャズ的な要素に加え プログレに通じる何かを少し感じ取り 大いに血が騒いだ。


 その「Accovio(アコーヴィオ)」の初めてのアルバム「cine acustica(シネ・アクースティカと発音すればいいのだろうか?)」が9月14日にリリースされる事が決定し それに先立って発売記念ライヴが行なわれると言うので馳せ参じる事にした。当日はAccovioの他に2組のミュージシャンがライヴを披露するようなので そちらも大いに楽しみだ。お近くの人は是非!

accovio.jpg

Accovio レコ発ライヴ
会場 ■ [大阪・梅田]シャングリラ
日時 ■ 2011年9月11日(日) Open 18:00 / Start 19:00
料金 ■ 前売り ¥2500 / 当日 ¥3000
posted at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

海鳥/Seawind(1980年)

 最初にこのアルバムを聴いたのは確か高校生の頃。当時は日本もアメリカも空前のフュージョン・ブームで もともとブラック・コンテンポラリー系ばっかし聴いていた僕もこのブームには片尻乗っけていた。

 同じく当時流行っていたA.O.R.やブラック・コンテンポラリーの流れをくんだ 爽やか系やダンサブル系。ジャズやロックの流れをくんだ 難解系や技巧系など 一口に「フュージョン」と言っても実に多様なスタイルがひしめき合っていた。

R0014032.jpg

 このSeawindというバンド 名前からも判るように「爽やか系」である。特徴は何たって紅一点ポーリン・ウィルソンの歯切れの良いヴォーカルと切れの良いホーン。そしてそのホーン・セクションの要は泣く子も黙るジェリー・ヘイ先生。このアルバムが出た頃には既に正式メンバーではなくなっていたようだが 彼は元々このバンドのメンバーであった。そしてこの「海鳥」というアルバムは 僕の大好きなキーボーディスト ジョージ・デュークがプロデュースを担当している。

 実はこのアルバム 今もうちのレコード棚にアナログ盤が眠っているのだが「iTunes Storeで買えるものなら買い直したい。それが叶わなければCDで」とずっと思っていた。しかし待てど暮らせどなかなかデジタル化もCD化もされず 諦めかけていたのだが‥‥先日Amazonから「CDになっとるよ。買わんの?」というメールが届き「おいおい CDなっとるんか そーゆー事は早う言ってくれなあかんやんか」と慌てて注文。長年の願いが叶って手元に届いたCD 以来2日間こればっか聴いとります。

posted at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

明日は長月

R0013811.jpg

あれあれ?
もしかしてそろそろ秋の声?

R0013804.jpg

ちょっと寂しいような
そうでもないような
posted at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

無題

R0013566.jpg
posted at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月30日(Tue)

みそ

R0013313.jpg
posted at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

∨∧

R0017301.jpg

R0013892.jpg




R0013891.jpg

R0010841.jpg
posted at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月29日(Mon)

築城中

R0013936.jpg
posted at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月28日(Sun)

橋の女

R0013690.jpg
posted at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

北陸一人旅(番外編)

R0013962.jpg

サービスエリアで念入りに地図を確認していた
緑シャツと緑パンツの外人ヒッチハイカー
あのあとどんなクルマに拾われたんだろう‥‥

続きを読む
posted at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月27日(Sat)

泉鏡花記念館とその周辺

R0013678.jpg

 僕は本を読まない。いや「読まない」は言い過ぎだが 小説に限れば自信を持って「読まない」と言い切れる。僕の記憶にある小説体験は国語の教科書だけ。当然「泉鏡花」の作品を読んだ事もなければ 鏡花の生誕の地が金沢である事など知っていようはずもない。そんな僕が泉鏡花記念館へ行った。「kobouzuさんこと中川 学さんの作品が泉鏡花記念館に展示されている」と知ったから。

続きを読む
posted at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記