2009年10月31日(Sat)

グライダー トリミタイダー

 今日はFredioの収録がてら、愛知池に行ってきた。この季節、あの場所には楽しみがある。おっ、やってるやってる♪ 今年もいっぱい飛んでるぞ。なぜだろう秋以外の季節にはとんとお目にかからない。風のコンディションの問題だろうか。


 ラジコンのグライダー。飛ばしてるのは数人のオッサン&オジイチャン。音もなく、滑るように飛ぶその姿は実に美しく、ウットリしてしまう。あんなふうに自由に飛ばす事ができたら、さぞや楽しかろう。気付くと口をぽか〜んと開け、アホ面で見入るヒゲ男。

glider.jpg

 この時の模様は、今夜配信予定の「外留守フレディー」の中でお聴きいただけます。あと、Fredioの方には、ここに貼り付けたのと別の動画も貼っておきますんで、よかったら観てみてください。

 今回はデジカメ(GX100)で動画を撮ったんだけど、動画だとレンズ(もしくはイメージセンサー)についたゴミがバッチリ確認できるなぁ‥‥うーむ、これはやっぱりオーバーホールに出すべきか。
posted at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月30日(Fri)

OFF-LIMITS

DSC_0457.jpg
posted at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月29日(Thu)

food passing

R0015102.jpg
posted at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Magic Mouse

 今まで使ってたMighty Mouseは2週間ほど前、問題児のスクロールボールが完全にお逝きになり「困ったなぁ」と思っていた矢先、まさに渡りに舟のタイミングで新しいマウスが発表になった。そりゃ新調する他あるまいて。で、注文しておいた「魔法のネズミ」がさっき届いた。さっそく開封。ふむふむ‥‥

wirelessmouse.jpg

 まずはマウスをBluetooth認識させたが、まだこのマウス用のドライバーがMacに入ってないので設定ができない。で、ソフトウェアアップデートをかけると「マウスドライバーをダウンロードせよ」とのメッセージが出た。ダウンロードして再起動。さてさて、新マウスの設定を始めますか。

mouse-settei.jpg

 おっ、ちょっとビックリ。設定ウインドウに動画が表示された。マウスの使い方を説明しているようだ。とりあえず副ボタンのクリック「右」を有効に設定し、Webブラウザーを開いて操作してみた。クリック感は今までのより少し固めかな? 右クリックの際、どこを押せばいいのかで少しギクシャク。マウス表面を指でなぞるだけのスクロールの感触は良好だ。上下・左右・斜めと自由自在に動く動く。おっ「2本指のスワイプ」ってやつはSafariでなくても有効だぞ。Firefoxでもちゃんと閲覧ページの前後移動ができる。これはありがたい。でもちょっと操作しづらい。乾燥した指なら問題ないかもしれないが、指先が湿ってるとスクロールした時マウスごと持って行かれちゃう。ま、この辺は慣れの問題だな。と思う事にしよう。おそらく日本より乾燥しているであろうクパチーノで開発された製品を、極東のこの国で使うためには、ある程度人間が機械に合わせる必要がある。

 さて、問題はだねぇ、今まで使ってきたMightyちゃんには両サイドにボタンがあったし、スクロールボタンごとクリックできたりして、僕はそれらの操作にExposeを割り当てて重宝してたんだけど、Magicさんにはないのよね。つまりこの先Expose機能を使う時は右手をキーボードに置き換えてファンクションキーを押さなきゃなんないわけか‥‥。ちょっと効率が落ちるなぁ。ま、これも慣れの問題。と思うしかない。

 と、いうワケで、届いたばかりの新しいマウスの第一印象をサラッと書いてみました。とりあえず動きの精度は今までのより高くなってる気がするし、おおむね良好と言ったところでしょうか。
posted at 13:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

伊達だけど仕事用

R0015112.jpg

眼鏡を買いました
HYDEレンズってヤツのおかげで
目が随分楽です
posted at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月28日(Wed)

親がまだ若くカッコよく そしてバカだった頃


 このサイトを見てると「親って、最初から親だったわけじゃないんだ。最初から大人だったわけじゃなかったんだ」などと、至極当たり前の事をあらためて感じさせられる。

 ところで、最近よく目にするようになった(あるいは単に僕が気になりだしただけかもしれないが)「awesome」という単語。辞書を引けば意味はわかるけど、この単語が表現しようとしている空気感というか、どんなニュアンスで使われているのか。というあたりがイマイチわかんない。
posted at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月27日(Tue)

SIP と lovin'

R0015024.jpg

初めて目にした単語
「SIP」
調べてみると

sip
動詞(〜ped, 〜ping)他動詞…をちびちび飲む

ほほぉ〜
でも炭酸飲料の場合は
ちびちび飲んでると気が抜けるぜ

そんな事より
「i'm lovin' it」って
商標登録されていたのか
まったく抜かりがないなぁ

でもアチコチ見てみると
「lovin'」は「loving」の変形であるからして
「love + ing」はおかしいのではないか
という意見をチラホラ見かけた

現在進行形で「愛してる」と言った場合
「さっき」および「この先」は
愛してるとは限らず
「私は今この瞬間それを愛してる」
という解釈のもと
「おっ、美味いじゃん!これ♪」
みたいな場面を表現しているらしいが
たとえば
家に帰れば妻(夫)がいるけど
あなたといるこの瞬間はあなたを愛してるよ

不倫中のピロートーク的な感じもする
そっか
本当はモスが好きだけど
時々マックに浮気する
って人もいるもんな
posted at 17:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

かわせみ

 今は亡きEGBRIDGEの遺伝子を引き継ぐ日本語入力プログラムが登場した。ちょっと嬉しい。いや、かなり嬉しい。ATOKを使うようになって1年以上になるけど、どうもまだ馴染めないでいるから。

kawasemi.jpg

 ちなみに今、この文章はその新しい日本語入力プログラム「かわせみ」で入力しているが、さすがにまだ僕の文章のクセを理解していないので、ところどころギクシャクして面白い。とりあえず無料トライアル期間が30日あるので、その間にどこまでこのプログラムをヒゲ色に染められるか。その結果いかんで購入するかどうかを決めようと思う。
「かわせみ」のダウンロードは↓から
■物書堂(ものかきどう)■
posted at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月26日(Mon)

ギリギリセーフでした


 この記事を読んで「実は10日前、今あなたがお住まいの地域もしくは国が消滅していたかもしれない」という事実を知った。昨日観たDVDとか「アルマゲドン」とか、過去に作られたその手の作品で散々描かれてきた「人間の英知と不屈の精神と奇跡的な好都合のおかげで地球が助かる」という筋書きより、数万倍ワクワクする事実。そして今、僕がワクワクできてるのもギリギリセーフだったおかげ。という事実。
posted at 14:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

フィッシュストーリー(2009年/日本)

 去年のちょうど今ごろ観た「アヒルと鴨のコインロッカー」と同じ監督・スタッフで作られた「フィッシュストーリー」という作品を観た。原作も同じ伊坂幸太郎。「アヒルと‥‥」が面白かったので期待値は高かった。

r088485768L.jpg

 「日本のとあるパンクバンドが1975年に発表したある曲が、2012年、地球を滅亡から救う」という宣伝文句だけを聞くと「はぁ?」でしょ? たしかにね。「はぁ?」ですわ。僕なんかティム・バートンの「マーズ・アタック!」を連想しちゃったもん。「マーズ・アタック!」では老人ホームに入ってた認知症のお婆ちゃんの歌声が、地球を火星人侵略の危機から救ったんだよね。えーっと、言っておきますが「フィッシュストーリー」はちょっと「アルマゲドン」的な部分があったりしますが、まったくSFではありませんのであしからず。

 前回の「アヒルと‥‥」にしても今回の「フィッシュストーリー」にしても、出来事を時系列に並べていけば「ふーん、ふむふむ」なストーリーなのかもしれないが、そのエピソードの数々を絶妙な包丁さばきで切り分け、それを独創的な組み合わせで皿に盛り付け、意表を突く順序で客に提示する。そして最後の最後にすべての料理が揃った瞬間「ほーっ、なるほどぉ。そーゆー事だったのか!」となるのね。僕は彼の作品を1冊も読んだ事がないので実際はどうなのかわからないけど、きっと伊坂幸太郎という作家はそういうスタイルを持ち味としているんだろう。好みで言えば前作「アヒルと鴨のコインロッカー」の方が好きだったけど、いやぁ、楽しめました。映画化されてる作品が他にも何本かあるので、いずれ観てみようと思います。


2009年10月25日(Sun)

植物みたいな腕時計

 今まで10個ぐらいの時計を所有してきたけど、どちらかと言うと僕はSEIKO派で、今まで使ってきたダイバーズ・ウォッチもSEIKOだったし、それ以前にも2つほど持ってたな。ホントの事を言うとデザイン的には、ダイバーズならROLEX、クロノグラフならOMEGAが好みなんだけど、お値段がちょっとね‥‥アレなのでね(笑)でもまぁ、何だかんだ言って総合的に見れば国産メーカーのコスト・パフォーマンスは依然として高いと思うね。と、いうワケでアレやコレやと検討した結果、初めてのCITIZENと相成った。

R0015101.jpg

 今回腕時計を選ぶにあたり、いくつか条件があった。デジタルではなくアナログで、カジュアル過ぎずフォーマル過ぎず、高過ぎず安過ぎず、針の視認性が高く、日付と曜日の表示があり、文字盤は黒で、キャタピラ・ベルトでメンテナンス・フリー。最後の「メンテナンス・フリー」というのは僕の場合「光発電&電波時計」を指す。つまり「電池交換の手間も時刻合わせの手間も要らない」という事だ。

 ここまで条件を列挙すると、さすがに選択肢は相当絞られる。と思いきや、これがなかなかどうして、意外と多くの候補者が予選を通過する。「世の中にはこんなに多くの時計が必要なんだろうか」とゲンナリするほどに。ここから先は直感勝負。予算の範囲内にビビっと来る物があればオッケー。なければ「一旦保留してまたの機会に」と思っていた。そこで僕の目に留まったのがCITIZEN PROMASTERだった。黒い文字盤に黄色の秒針がイカしてた。

 僕にとって初めての「光発電&電波時計」だが、説明書を読むと「使わない時は窓際などに置いて光を当ててください」とある。ま、光で発電するんだから当たり前っちゃあ当たり前なんだけど、機械なのに植物みたいじゃない? そんな所がちょっと可愛らしくて微笑ましい。あ、そうそう。電波時計ってのは時刻合わせの時に秒針が自力で逆回転する事があるんだね。これには思わず声を上げたよ。ビックリした。で、さっそくiPod nanoで動画を撮ってみた。いやぁ、なんとも健気な動きじゃないか。

posted at 03:06 | Comment(6) | TrackBack(2) | 日記

2009年10月24日(Sat)

WALL・E(2008年/アメリカ)

walle.jpg

 反省‥‥なめてました。公開当初あまりに評判がよかったので、ややムキになってナメてたんだけど、いざ観てみると、なるほどたしかに実によくできてる。そして無条件におもしろかった! しかもとても。でもねぇ‥‥「どうおもしろかったか」を語るのがヤボに感じられる作品なんだよねぇ‥‥と、いうワケで、まだ観てない人は騙されたと思ってとにかく1度観てみてちょーだい。特に「2001年宇宙の旅」や「Macintosh」が好きな方なら、何割増しかで楽しめると思うよ(音や音楽の面でね)♪ お涙ちょーだい的ハートウォーミング物語や、ラヴリー&キュートなキャラクター物が苦手な人でも楽しめると思います。僕が楽しめたぐらいだから(笑)


細腕調整記

 7月に大阪へ行った際、15年ほど愛用してきた腕時計のゴム製のベルトが切れた。その後「交換しなきゃ」と思いつつも、なんとなく億劫でついつい後回しにしてしまい、3ヶ月ほど腕時計なしの生活を送ってきたが、出先で時間を見る時、ケータイを取り出して「パカッ」と開くその所作がどうにもブサイクに感じられ「いい加減なんとかせねば」と思い、時計ごと新調する事に。

 新しく買った腕時計は‥‥あれ何ていうの? ベルトがさ、えーっと、金属製のキャタピラみたいな形状で、三つ折りの板部分を折り曲げて「パッチン」と留めるタイプなので、まずは使い始める前に腕の太さに合わせてベルトの長さを調節しなきゃなんないわけ。普通なら買ったお店でやってもらえるんだろうけど、今回は通販で買ったもんだからさ。もちろん時計屋さんに持ち込めば調整してもらえるんだろうけど、当然工賃をとられるので「だったらこの際自分でやろうじゃないの」と思い、ネットで調べてみると、そんなに難しい作業ではなさそうだ。しかし、家にある道具ではどうにも上手く行かず、思い切って「時計工具4点セット」ってやつをAmazonで購入してしまった。こんな作業この先2度とやんないかもしれないので「ちょっと勿体ないかな?」とも思ったが、結構リーズナブルなお値段だったし、こういう作業って、もともと嫌いじゃないので1度やってみたかったのよね。

R0015100.jpg

 さすがに専用の工具があると楽だね。15分ほどで作業完了。結局キャタピラ4個も外したよ。この外したキャタピラだって値段の内だから、なんか損したような気もするけど、何たって細腕なんだから仕方ない。

 しかしあれだな。考えてみたらキャタピラ式の腕時計なんて、高校入学の時に親に買ってもらったやつ以来だ。その時計も使い始めてすぐに皮のベルトに付け替えちゃったから‥‥うわぁ、30年ぶりか。鈍く輝くチタンの光沢。付け外しの時のカチャカチャっという音。なんだか妙にワクワクする♪ ちょっと大人になった気分だ(笑)
posted at 03:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月23日(Fri)

4枚届いた。CDが。

R0015097.jpg

レヴューは追々
posted at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月22日(Thu)

秋の素

R0015083.jpg
posted at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

dawn

徹夜して
朝焼け眩しい
木曜日

R0015080.jpg

この写真
ホントは夕焼け
だったりしてね
posted at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月21日(Wed)

わたし出すわ予告編に‥‥

個人的には
久々のイカールで
嬉しいけど



この共演
というか
コラボ?

これは
どうなの?
イカしてるの?
posted at 13:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ