2008年10月31日

Stay Hungry, Stay Foolish



未来の点と点を結ぶ事はできない
できるのは
過去の点と点を結ぶ事だけ

失う事を怖れない最良の方法
それは
死を意識して日々を過ごす事

「ハングリーであれ。バカであれ。」

そしてそれは
「Think different」
へと続く
続きを読む
posted by ひげフレディー at 16:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ | 更新情報をチェックする

The Screams of Passion / The Family


 名義はザ・ファミリーだけど、一聴しておわかりの通り作者はプリンス。ドラムマシーンに極端に効かせたゲート・リヴァーブ。艶めかしく絡みつくストリングス。まさに官能のビートだ。
posted by ひげフレディー at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

豚汁

butajiru.jpg

iPod Shuffleで
談志を聴きながら
豚汁を作る

大きな鍋になみなみと

生姜をおろして食べるのだ
posted by ひげフレディー at 19:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

WATER SIGN / Jeff Lorber Fusion

 アレンジャー、プロデューサー、キーボーディストであるジェフ・ローバーの初期の作品。グループ名に「フュージョン」を付けちゃうあたり「どうなの?」な気がしないでもないけど、これは誰が聴いてもフュージョンなんだから「誰にも文句は言わせねぇぜ」的な?(笑)


 とにかく10代のころ聴きまくったのがこの「ウォーター・サイン」というアルバムだった。高校3年の時、学校祭のためだけにバンドを組んだ。ツイン・トランペットでツイン・ギターで、ツイン・キーボードにベースとドラムという「人数だけは他に負けないぜ」的なフュージョン系コピーバンドだったが、そのとき僕はこのアルバムのジェフのプレイをパクってシンセ・ソロを披露した事を覚えている。ジェフさん、その節はどうもお世話になりました(笑)

posted by ひげフレディー at 02:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

そういえば‥‥

oshibori1029.jpg

■電車の指定席券を買った事がない

■何年もネクタイを締めてない

■最後に映画館で観た映画が思い出せない

■キュンとする事が増えた

■たまに鉛筆を削りたくなる

■友達と会う事が減った

■あの人どうしてるかなぁ が増えた

■前より歌がうまくなった

■懸賞で当てたはずの夏目雅子の写真集が どこを探しても見つからない

■高校のころ友人に借りたテープデッキ用ヘッドイレーザーが押し入れに眠っている

■宇宙に行ってみたい と思わなくなった

■平成も既に20年だ

■実家を出て20年だ

■もう午前3時を回ってるじゃないか
posted by ひげフレディー at 03:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

師走の東京ツアー

december2008.gif

 年末恒例となった「東京詣で」。今年はこんな日程に決定。今回はあまりバタバタしたくなかったので、奮発の2泊。‥‥いや、バタバタするのも悪くないか‥‥。バタバタさせてくれる人との都合が合うといいんだけど‥‥。
posted by ひげフレディー at 18:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

無題

red-corn.jpg
posted by ひげフレディー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

どうもすいません

yodarekake.jpg

 いや、ホントに冗談なんです。だから、まったくもって申し訳ないというか、あいすまぬ気分になるのです。しかも、よりによって神聖なる赤ちゃんの胸にひげフレディーの顔が、あの顔が‥‥。グレてしまったりしませんかねぇ‥‥。ちょっと心配です。
posted by ひげフレディー at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

Fの正体

 10日ぐらい前にモッタイつけて臭わせた件について‥‥とうとう、遂に、満を持して、お披露目させていただく日がやってまいりました。えー、この度ひげフレディーは「Fredioブランド」のオーナー兼・専属デザイナーとなりました。オリジナルグッズを製作・販売するブランドです。ま、ぶっちゃけ僕はデザインするだけで、製作も販売も「UPSOLD.com」が行うんですけどね。売り上げの5%が僕の手元に入るので、サイドビジネスと言えなくもないんですが、これで儲けようなんてコレッポッチも考えてないですし、儲かることはあり得ないでしょう(笑)


 さて、グッズのラインナップですが「F」「Are You Fredie ?」「ひげフレディー」という3つのシリーズを軸に展開します。マグカップ、マウスパッド、クッション、Tシャツなど、実用的な物から、冗談以外の何者でもないアイテムまで様々ご用意いたしました。Tシャツなどは色違いで何種類もあるので、全種類をコンプリートしようとすると数万円かかります(笑)誰が買うっちゅうんじゃい! 自分も買わんわ(笑)ちなみに↓が現在のすべてのラインナップでございます。

full-lineup.jpg

 「購入したいっ!」という酔狂な方がいらっしゃいましたら↓のバナーから、お気軽にご来店くださいませ。もちろん冷やかし大歓迎です! っちゅうか、ぶっちゃけ「冷やかされてナンボ な企画」なので、ジャンジャンばりばりエッヴリバディ~ウェルカ~ムよ♪

posted by ひげフレディー at 23:00| Comment(9) | TrackBack(0) | オリジナル・グッズ | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

ブラジルから来た少年

 原題は「THE BOYS FROM BRAZIL」だから、正確には「ブラジルから来た少年たち」である。単数か複数かで、この物語の持つ恐ろしさの意味合いが少し違ってくる。素直に「おもしろかった」とは言えないけど、なんだか尾を引く作品ではあったなぁ。


 それにしても独裁者って不思議だ。とてつもなくクレイジーな考えを持つ者がどうして権力の頂点に登り詰めることができたのか? そして周りの人間はなぜ彼を支持したのか? あるいは「クレイジーではないと思わせる何か」がその時代のその国を包んでいたのだろうか?

 もし運悪く自分がその時代のその国に生まれてしまったら‥‥熱狂の外に居続けられるだろうか‥‥それとも、あっと言う間に飲み込まれて恍惚の表情を浮かべてしまうのだろうか‥‥



posted by ひげフレディー at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

バタフライ/笠井紀美子


 僕がもう少し早く生まれてたら‥‥間違いなくハマったであろう。いま聴き返してみても、というか、今だからこそわかるこの魅力。ジャケットだけでゾゾっと来るじゃないか。アフロだぜ。アフロ。おまけにバックをつとめるのはハービー・ハンコック! ポール・ジャクソンのベースがこれまたたまらん! もろヘッドハンターズだ♪ 当時の僕は子供過ぎて笠井紀美子が宇宙人に見えていた(笑)

posted by ひげフレディー at 14:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

アヒルと鴨のコインロッカー

 てっきり「青春コメディー」だと思って観てたら、途中からアレアレアレアレ?‥‥とんだドンデン返しを喰らい、一気にサスペンス&ミステリー&復讐劇へと‥‥切ないけど妙に後味のいい作品だった。


 しかしなんで女は男のシャツの裾をズボンから出したがるのかねぇ‥‥あ、いや、この映画にそんなシーンがあってさ(笑)ま「答えは吹く風の中」‥‥って事にしときますか。



posted by ひげフレディー at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

Snapshots

nekochin.jpg

ちょっと警戒しとるな

anaire.jpg

穴と見れば入れたくなるのか

pianos.jpg

ベーゼンドルファーとスタインウェイ
は聞いたことある

balbs.jpg

回してみたい
posted by ひげフレディー at 14:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

嫉妬 -jealousy-

 高校の頃、美大を目指して日々デッサンに没頭していた。僕は物の形を正確に描写する事に関しては誰にも負けない自信があった。けど、質感の表現が苦手で、その点だけは当時のライバルに敵わなかった。僕は猛烈に彼の才能に嫉妬した。

 ジョージ・マイケルがワムでデビューした時もそうだった。僕と彼の音楽的土壌が似ていた事もあったし、年齢が同じだったという事もあるが、作詞・作曲だけでなくアレンジまでサラリとこなしてしまう彼の才能に嫉妬した。

 まるでサリエリだ。不幸にもモーツァルトの凄さを誰よりも理解できてしまったのが彼だった。映画「アマデウス」で、モーツァルトの才能に嫉妬する彼の姿は、容易に自分と重ね合わす事ができた。

dongury.jpg

 でも「僕の中の嫉妬深い部分」は年々薄くなっている。他人の才能に対しては「素直」に「凄い」と言えるようになったし、自分がその能力を持っていない事に対してモヤモヤを抱く事もほとんど無くなった。

 もし自分にない能力が必要になったら、それを持っている人に協力を求めればいい。逆に僕はその人の持ってない何かを持っているはずで、それらを合わせればより良い結果が出せるはずだ。

 サリエリも早まってモーツァルトを殺すことなく、彼と組んでれば向かうところ敵なしだったかもしれないのに‥‥。ま、モヤモヤからの解放と引き替えにイライラが募ったかもしれないけど(笑)
posted by ひげフレディー at 19:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

無題

cheez-chiken.jpg

チーズの味しなかったなぁ‥‥
やっぱりチキンラーメンは
カップより袋の方が
旨い
と思う

can-coffee.jpg

ときどき飲みたくなる
いかにも缶コーヒー
な味の
缶コーヒー

buchus.jpg

今シーズン
2箱目の
バッカス
posted by ひげフレディー at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

モノクロ散歩

monosan.jpg
posted by ひげフレディー at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

とにかくウインドがジャマなんですよ

 「mokomokoVoice」で鶴丸さんが「外録」について熱く語ってらっしゃるのを聴いて思い出した。僕もFredioでたまに外録するんだけど、どうしても風の音が「ボーォボーォ」って入っちゃってさ「何言ってるか聞き取れねぇじゃん」な部分をやむなく編集でカットしたりするワケですな。で、そーゆー時に限ってスッゲェオモシレェ事を喋ってたりしてさ、いや、そんな気がするだけなんだけどさ(笑)で‥‥何が言いたいかっつうと‥‥

 風を防いでくれるヤツをマイクに取り付けたいな。とね。いや、実はさ、古くから僕のブログを読んでくださってる方ならご記憶にあるかもしれないけど、以前作ったことがあるのよ。自作の風防をね。イカのアレでね(詳しくは過去ブログを)。でもね、アレぜんぜん役に立たなくてさ。焼け石に水っていうか、気休めにもならない代物でね。「こーなったらプロも使ってるちゃんとした風防を導入しよう」と思いましてな。いろいろリサーチしてみたワケですわ。


 ちなみにこーゆー風防は、正式には「ウインドジャマー」と呼ばれてるらしい(ウインドがジャマだから? 違うでしょうけど)テレビなんかで見たことあるでしょ? これなら見よう見まねで作れなくもなさそうだけど、イカの時みたいにガックリ来るのも嫌だしさ。でもねぇ‥‥2個セットで5千円以上するのよ。高いよ。2個もいらないし。これ一応ピンマイク用だけど、僕のICレコーダーは細いから装着できそうなんだよね。でももし風防買うんならピンマイクも欲しいのよ。ICレコーダーを手に持って歩いてると写真撮る時に不便だし、結構不審な人になっちゃうから(笑)ピンマイクは風防の半分ぐらいのお値段で買えるからお財布に優しいんだけど‥‥あぁ‥‥どーしよー‥‥僕と共同購入してくれる人いない?

 あ、そう言えば‥‥鶴丸さん、肋骨にヒビが入っちゃったんだね。お大事になさってくださいね! って、そーゆー事はここに書かないで「mokomokoVoiceにコメントしろ」って話ですな(笑)しかしまぁなんですなぁ‥‥肋骨にヒビを入れてもそれが笑いにつながる鶴丸さんは偉大だと思う。笑いながらイテテテテとうずくまってる鶴丸さん。おいしいなぁ♪
posted by ひげフレディー at 15:59| Comment(15) | TrackBack(1) | ポッドキャスト/ストリーミング | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

なんやろな

far.jpg

 最近松尾スズキのブログを愛読しよるんじゃけど、時々、酸っぱくて苦いものがこみ上げてきての、たまらず窓の外へと視線を逃がすんじゃ。わしの目はどこにも焦点を合わせんとの、ちょっと遠くをの、ボ~っと見よるんじゃ‥‥

 ってこれどこの言葉?

■松尾スズキのズルズル日記「ドブロクの唄
posted by ひげフレディー at 14:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

水面下で
ゆらゆら動いてます
新しい計画が

F.gif

そのうち
お披露目しますので
しばしお待ちを
posted by ひげフレディー at 14:14| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

GROWING UP

「グローイング・アップ」
というイスラエルの映画があった
バカだけど妙に切実な
少年たちの物語

どの国であろうと
どんな人種であろうと
どんな宗教を信じていようと
あの年頃の男ってやつは
共通のモヤモヤ爆弾を抱えている

rakugaki.jpg

30年経った今
僕はどのくらい どんなふうに
グローイング・アップ
したのか

質的な変化は多少あるだろう
けど中心には
あの頃と同じ何かが
薄笑いを浮かべて居座っている

「まったく男ってやつは‥‥」
などと言いながら そして言われながら
そんな自分が愛おしくもあり
(笑)
posted by ひげフレディー at 14:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする