2008年04月30日

脇道

panf-1996.jpg

 部屋の掃除や模様替えをしていて、思わず古い本やアルバムに見入って作業の手が止まる事って多いでしょ? はい。今日がまさにそうでした。10年ほど前のAppleのパンフレットが犯人です。

power-mac1996.jpg

 今にして思うと、これはAppleが最も低迷し迷走していた時期のパンフレットですな。なるほど。OSはまだ7.6でしたか‥‥

line-up1996.jpg

 あの頃(1996年)はスキャナーやプリンターなど、周辺機器もいっぱい作ってましたなぁ。他にはPippin@(ピピンアットマーク)というゲーム機をバンダイと一緒に作ったり、NewtonっていうPDAもあったね。明らかにNewtonの遺伝子はiPod touchやiPhoneに引き継がれてる感じ。

quick-take1996.jpg

 もちろんデジカメも作ってた。このQuickTakeは気になる存在だったなぁ。でも当時はデジカメなんか買っても、どんな用途に使えばいいのかわかんなかった。印刷に耐えられるほど高解像度の写真は撮れないし、今みたいにWebにひょいひょい写真をアップロードするような時代でもなかったもんなぁ。

g3-1999.jpg

 1999年のパンフレットには、Blue & WhiteのG3が登場。初代iMacがセンセイショナルなデビューを飾った直後に発表された機種だ。これはうちでも印刷物の仕事をする時にはいまだに現役で頑張ってくれている。

 おっと! 超弩級の珍品見っけ(↓)そう。あの頃「MacOS」の走るパソコンが各社から発売されてたんだよね。いわゆる「Mac互換機」ってやつ。日本では「パイオニア」がオーディオメーカーらしいユニークで意欲的なモデルを出してたし、僕もUmax製の互換機でMacOSを走らせていた。そんな時期にakiaから出ていたのがこれ。

akia.jpg

 もちろん現在はMacの互換機など(正式には)売られていない。MacOSが走るのはアップル製品の中だけ。という状態に戻ったのだ。それどころか逆にMacでWindowsOSまで走っちゃう時代だ。こうしてふり返ってみると、互換機ってつくづく「徒花」だったのねぇ‥‥

 って‥‥いつまでも脇道でくっちゃべってる場合じゃあないっつうの。
posted by ひげフレディー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

昭和の日

new-desk.jpg

今日もバタバタやってました
やっと少し形になってきたかな
posted by ひげフレディー at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

ちかりた

jitensya.jpg

模様替えちゅーにつき
激しく筋肉ちゅー
posted by ひげフレディー at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

黄色いミラージュで聴きたい曲

 ゴールデン・ウィーク初日の今日、皆さんいかがお過ごしでしょうか? ヒゲはこの連休中に仕事部屋の模様替えを行なうべくテーブルを購入し「さぁやるぞ!」と手ぐすねをひいておりましたが、なぜか今日も明日も仕事、というとても有り難い状況にあります。

 さて、先日フレディー・ジャクソンさんの「ロック・ミー・トゥナイト」をネタに日記を書きましたら、コメント欄にマンハッタンズの話が出ました。僕にとってマンハッタンズと言えば何たってコレです。「夢のシャイニングスター」すげぇ好きなんです♪続きを読む
posted by ひげフレディー at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

DISCASの8ヶ月

 僕がDVDの宅配レンタル・サービス「TSUTAYA DISCAS」を使うようになって8ヶ月あまり。ここらへんで1度利用状況でもまとめておこうかと思いましてな。半年とか1年じゃなく「8ヶ月」って所がちょっと中途半端で僕らしい(笑)

 この8ヶ月間に借りたDVDの総数は60枚(7.5枚/月)いや~結構いっぱい観てますなぁ。60枚という数字は、それまでの人生で僕が借りたビデオの総数を超えてるかも知れない。実は「ビデオレンタル屋」ってあんまり得意じゃなかったのよね。観たい作品が多過ぎて「どれから観る?」を考え出すとすぐに煮詰まっちゃって「誰でもいいからタオルを投げ込んでくれ!」って気持ちになっちゃうのね。で、苦悩の末「えいやっ!」と借りてきても「期限までに返しなさいよ」って脅迫されるでしょ?(いや、誰も脅したりしません。ただの強迫観念です)で、延滞料を取られるのは悔しいから切羽詰まった感じで観ると、全然期待外れの内容だったりしてさ「私の青春を返して~」な気分になったりするわけ。

 DISCASはそんな僕にうってつけのサービスだった。月々2千円弱という定額料金、そして返却期限なし、期限がないという事はもちろん延滞料も存在しない。観たい作品を片っ端に検索して予約リストに放り込み、検索の途中でたまたま見つけた面白そうな作品や、話題作、ヒット作などもとりあえず放り込む。そして届いたDVDは「観たい」と思った時に観ればいい。

 コスト的な意味での「割安感」があるのかないのかはよくわかんないけど、以前より余裕を持って楽しむ事ができるようになったのは嬉しい。あ、そうそう。最初に危惧していた「ディスクに傷がついててプレイできない事もたまにはあるんじゃない?」に関しては現時点では特に問題は起きていない。
posted by ひげフレディー at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

「劣化すること」

 先日、seikiさんのブログ「元ニューヨーク・ホームレスの眼」に「ステップ」というタイトルの日記が上がっていた。「何百、何千万の足に踏まれてすり減った階段」の事が書かれていた。

 僕は子供の頃から「すり減った分はいったいどこに消えるの?」という疑問を抱いていて、今でもその答えを知らない。ブログのコメント欄にその事を書き込むと、それに対するレスの中に「一枚のレコードを、擦り切れるまで聴く。やってみたかったけど、できなかったなー。」とあった。

record-player.jpg

 「擦り切れるまで聴く」という表現。今でこそ滅多に聞かれなくなったが、ちょっと前まではそこここで耳にした。レコードに記録された信号は、針で引っ掻く事で抽出され、抽出された信号はアンプで増幅され、スピーカーによって音へと変換される。そしてレコードは引っ掻かれるたびにすり減る運命にある。

 お気に入りのレコードほど劣化は進み、音は悪くなって行く。考えてみれば切ない事だね。でも、僕はそれを「切ない」と感じた事がない。受け取る事のできる情報量がどんどん少なくなり、ディテイルが丸みを帯びてきても、音楽の輝きが色褪せることはない。それどころか、何百回聴いたか知れないレコードですら「あ、後ろでこんな楽器が鳴ってたんだぁ」なーんて驚きを僕に与えてくれる事がある。

 「聴く」という体験の積み重ねが、失われた分を補完する役割を果たしているのかも知れないし、劣化のおかげで、逆に「楽しみ方の幅」が広がる事だってあるだろうし、減った分だけ「何かに気づく余地」が増えている。という考え方もできそうだ。

 「劣化」って、マンザラ悪いもんじゃないかも知れないね。
posted by ひげフレディー at 19:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

マウイ

島シリーズ第2弾
「マウイ」を
issuuにアップいたしました

posted by ひげフレディー at 00:34| Comment(6) | TrackBack(0) | オンライン・マガジン | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

Let's Burn It !

 デジカメの写真やら、リッピングした音楽やら、ダウンロードしたポッドキャストやらで増える一方のデータ。それに反してパソコンのハードディスク残量は減る一方。こりゃマジでまじぃなぁ‥‥そろそろ外付けハードディスクに移しといた方がいいかも。

 ってワケで、ハードディスク内を総点検。「えーい、こんなの捨てちゃえ!」ポイッ「これもいらねぇや!」ポイッ おお~気分爽快♪ そして「これは捨てるわけにはいかねぇぜ」なデータを外付けにお引っ越し。うんうん。ハードディスクが余裕の笑みを浮かべ始めましたぞ。

 でもここで心配事が‥‥「外付けが突然ぶっ飛んだらどーする?」せっせと撮ってきた写真や、仕事で作った作品データは「お金を出せば手に入る」というシロモノではない。そんな時のためのバックアップじゃないか。おおっ、そうだな、じゃあDVDに焼いておくか。でも、なんだか億劫‥‥。そう。実は今までずっと「バックアップしなきゃ」と思ってはいたんけど‥‥なんとなく面倒でね。なーんて言ってたらいつか泣きを見るぞ。「思い立ったが吉日」である。

back-up.jpg

 いざ焼き始めると、何ギガもあるデータが「うっそー」ってほどアッと言う間に焼き上がる‥‥。これ、意外と楽しいじゃん♪ こんな事ならもっと早くにやっておくんだった。あまりにあっけなく終わっちゃったので「他に焼く物ないかしら?」と、焼く必要のない物まで焼こうとする始末。
posted by ひげフレディー at 19:02| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ちんさや

 今日は、3月31日に書いた「ちんさんがFMで番組を持つ」の続報を書こうと思います。

 長いネットラジオ歴を持ち、ポッドキャスト登場後はその黎明期より配信を開始。ネットラジオとポッドキャストの二足のわらじを履きこなす「ラジオ馬鹿」であり、時にその特異なキャラクターと人気の高さから、ポッドキャスト界の「大御所」「カリスマ」とまで称され、Fredioにも何度かゲスト出演してくださった事のある「ちん」さんと、テレビ・ラジオを中心に活躍なさっているタレント「林 さやか」さんのお2人がパーソナリティーを務める番組「ちんさや」が4月からFM福岡で始まったのであります。

ちんさや

tin-saya.jpg
「ちんさや ~電脳系FMラジオ」

FM FUKUOKA内にある「ちんさや」ページ
まずはココをチェック!

ura-radio.jpg
「ちんさや ウラジオストック」

なんと!「ちんさや」の裏サイトかっ?
収録ウラ話だけでなく、裏ビデオまで観れちゃう♪

 前置きが長くなりましたが、まずは聴いてみての感想を率直に申し上げます。ズバリっ!「ビックリするぐらいオモシロい」です。さすがに1回目の放送では「お互いの役割や間合いを探り合ってる」印象を受けましたが、2週目にして早くも2人は「ここ以外にない位置」に陣取る事ができたようです。基本的にちんさんの立ち位置はそのまんまなんですが、林さやかさんの「順応の速さ」には驚きました。さすがです。ものすごく頭と勘のいい女性です。そして目茶苦茶面白い人でもあります。さきほど、先週放送分の第3回をポッドキャストで聴きましたが、まだ知り合って間がないお2人とは思えない内容でした。きっとちんさんも今、このコンビを「物凄く面白がってる」んじゃないかと思います。

 これをお読みになっている方で、まだ聴いてない人がいらっしゃったら、是非1度聴いてみてください。放送を受信できるエリアにお住まいの方には、眠い目をこすりながらでも是非リアル・タイムで聴いていただきたいし、受信エリア外にお住まいの方にはポッドキャスト版をお聴きいただきたいです。

ちんさん と さやかさん

bonchicast.jpg
「ボンチキャスト」

ご存知ちんさんの本家ポッドキャスト・サイト

blog-sayaka.jpg
「林さやかのblog★★漆黒夜会★★」

林 さやかさんのブログ
ただいま絶賛愛読中!
posted by ひげフレディー at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

ボラボラ

また「issuu」に新作を公開いたしました

ちなみに「ボラボラ」は
タヒチにある島の名前です



次は「島シリーズ」第2弾
「マウイ」を予定しております
posted by ひげフレディー at 03:19| Comment(4) | TrackBack(0) | オンライン・マガジン | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

UFO少年アブドラジャン

 これは以前テレビで観た事があって(たしかNHKだったと思う)、どーしてももう1回観たかった作品である。素晴らしい映画だ。でも「ぜんっぜんつまんねぇ」と感じる人も多いだろう。「UFO少年アブドラジャン」という邦題、果たしてこれでいいのか? DVDのジャケットも、こんなに美しくていいのか? 誤解を招き兼ねないので最初に言っておきます「期待抱くべからず」たぶん膝カックン喰らうよ。

ufo-shonen.jpg

 ソ連時代、ウズベキスタンのとあるコルホーズ(あれ? ソフホーズだっけ? ま、どっちでもいいや)にUFOが墜落。UFOには宇宙人が乗っていた。このジャケットに写っている少年が宇宙人なんだけど、彼がウズベキスタン人の一家に、まるでその一家の息子のような形でホームステイする。そこで宇宙人ならではの超能力を発揮。村はソ連政府も巻き込んでテンヤワンヤの事態に。

 あのね、ストーリーはこの際どーでもいいの。要はその描き方というか、語り口というか、映像手法も含めてすべてが実にアッケラカンとしたユーモアに満ちているのね。なんちゅーのかなぁ‥‥決して「SF」ではないの。どっちかというと「人情ファンタジー」って感じ。で、この映画は「語り」とともに進行するんだけど、その語りはスティーヴンさんに向けられているのよ。「私の村で起きた不思議な出来事についてお知らせします。E.T.をお創りになったあなたなら信じていただけると思いますが‥‥」ってね。

 ハッキリ言って作りはチャチだし、映像も8ミリで撮ったんじゃない? ってほど荒いんだけど、最後にホロリが待ってるのです。チャチで荒いからこその生暖かいホロリが。(ポロリじゃないよ)(笑)

UFO少年アブドラジャン


posted by ひげフレディー at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | 更新情報をチェックする

Rock Me Tonight / Freddie Jackson

 ブログに書きたい事を数えてみたら6つもあった。一気に全部書いてもいいが「それじゃ読む人が大変だろう」「1つに絞らなきゃ」努力した。ダメだ。どうしても絞れない。そんなこんなしてたらテンションが急降下した。全部ほっぽり出してjangoでも聴こう‥‥1曲目がストンとツボにハマった。


 フレディー・ジャクソンのデビュー曲にして最大のヒット曲「ロック・ミー・トゥナイト」。聴きまくったなぁ‥‥。当時せっせと作ってた「クルマでデートする時用のテープ」に必ず入れてたなぁ‥‥。あの頃より好きだ。この曲。
posted by ひげフレディー at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

手放しで嬉しい

 issuuに「EXPLORE」という「カテゴリー別オススメ作品」を紹介するページがありまして、実はわたくし密かに自分の作品がそこに並ぶのを夢見ていたのです。そしてこのたび「Picture perfect」というカテゴリーに「日本の意匠」を選んでいただきました。嬉しい♪ 素朴に嬉しい!

picture-perfect.jpg

 しかるべき時間をかけて物凄くちゃんと作られた作品がひしめく中、コンセプトだけでねじ伏せるタイプの僕の作品がそこにくい込んじゃって良いのかしら? と思わなくもないですが、小手先の技術をいっさい使わないストレートなおもしろさを評価していただけたのかな? と久々に手放しで喜んでおります。
posted by ひげフレディー at 01:18| Comment(4) | TrackBack(0) | オンライン・マガジン | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

お風呂に入るか シャワーで済ますか

 最近「肩がこった」を口にする事が多いヒゲです。実は昨日もあまりに肩がこり、首も痛み、それが頭にまで登ってきたので、ブログも書かず、風呂にも入らず床につきました。ホントはお風呂に入って体を暖めてから寝たかったんですが、お風呂に入る事で疲れてしまいそうだったのと、湯が溜まるのを待つだけの余裕がなかった事もあって、布団に直行しました。

close.jpg

 以前はお風呂に入らずに寝る事など皆無に近かった僕ですが、気づけば湯に浸からずシャワーで済ます事が増え、今では「入らず浴びず」で寝てしまう事もあります。期せずして、いつも拝見している猫さんのブログにも、糸井さんの「ほぼ日」にも書かれていたので、僕もこれについて書き始めたわけです。

 お風呂に入るか、シャワーで済ますか、これには「忙しさ」が関係していて「今日は忙しいからシャワーでいいや」って事になりがちだと。つまりシャワーを浴びるようになったら危険信号‥‥という考え方です。確かにそうかもしれません。

 でも、これには「物理的な忙しさ」だけでなく、少なくとも僕の場合「精神的な忙しさ」が大いに影響しているように思われます。これをお読みになっている皆さんはどうでしょうか? え~、では今からお風呂にお湯を溜めてきます。
posted by ひげフレディー at 15:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

「食」は国境を越える‥‥か?

 「日本の色と形」「日本の意匠」「麺(noodles)」に次いで4つ目となる写真集「旨(delicious)」をissuuに追加。


 issuuのアカウントを取って3週間ほどになるが、ボチボチと僕の写真を気に入ってくれる人が現れ始めた。嬉しい限りだ。issuuには世界中から人が集っている事もあって、意識して「日本的」なテーマを選んできたんだけど、実は前作「麺」は、あまりにピン・ポイント過ぎて「もしかしたら受け入れられないかも知れない」と思っていた。しかし、いざフタを開けてみると意外に好評。「食」というテーマは国境を越えやすいのだろうか‥‥

 さて、話はガラッと変わって、いや、変わってないか。麺つながりだもんな。今日のお昼は「白クマ塩ラーメン」を食べた。以前、東急ハンズの「北海道フェア」で買ったインスタントラーメンだ。たしかお値段がちょっぴり高めだったと思うが、パッケージに惹かれて手が伸びた商品だった。

shirokuma-shio-rarmen.jpg

 これ結構イケますぜ。特に麺がイケてます。普通の袋麺と生麺の中間のような、とにかく初めて見るタイプの麺で、茹で時間が4分半と、ちょっと長めだけど、何て言うのかなぁ‥‥コシがあり過ぎず、なさ過ぎず、調度いい塩梅なんですな。実に「艶っぽくて色っぽい腰つき」でございました。
posted by ひげフレディー at 17:27| Comment(7) | TrackBack(0) | オンライン・マガジン | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

大型連休の背中

 気づけば桜の時期も終わり、景色も日を追う毎に鮮やかさを増している気がします。命の息吹っちゅうんですか? うん。実に素敵な季節です。そして、よく考えたら2週間後にはゴールデン・ウィーク(NHK的な言い方をするならば「大型連休」)が始まるんですな。あらまっ、もーそんな時期ですか?

hana.jpg

 いきなり「黄金週間」って言われても(いや、決して「いきなり」ではないのだけど)何も計画のないあたしにゃ全然ピンと来んのですがね。ま、せっかくの連休ですから、普段「見ないふり」「気づかないふり」をしてる案件に手を付けますかね。そう「物置部屋と化している仕事部屋をなんとかする」‥‥これだ。しかし道は険しいぞ。とにかくデッカイ机を手に入れる。物を最小限まで減らす。資料やら何やらを上手にファイリングして「探し物がパッと見つかる環境」を作る。そして、余った時間で何冊もある読みかけの本を全部読み切る!

‥‥有言不実行の予感‥‥
posted by ひげフレディー at 18:42| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

連続出版

いやぁ~楽しいです…写真集作り♪

調子に乗って2冊同時出版
(今回は三角ボタンをクリックしてページをめくってね)

まずは
「日本の意匠(The Anonymous Design of Japan)」



そしてお次は
世界中のヌードリスト達に捧げます
「麺(noodles)」



あ、そうそう
ブログのカテゴリーに
「Publishing」を追加しました
posted by ひげフレディー at 02:24| Comment(5) | TrackBack(0) | オンライン・マガジン | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

インディアン・スパ

今日のお昼は
インディアン・スパ

卵焼きを敷きました

indian-spa.jpg
posted by ひげフレディー at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

わたしの憧れ

 相変わらず肩がこってる。頻繁にストレッチをし、ウォーキングもやってみたけど、筋肉痛が背中にまで降りてきた。どーせーっちゅうんや。

no-steps.jpg

 話変わって‥‥世の中には、努力してる人、頑張ってる人がたくさんいる。けど僕はどうも、そういう人を素直に尊敬しない節がある。「きっと彼らはそーするのが好きでそーしてるんだろう」と思うタイプだ。‥‥なぜか

 自分が努力と無縁の人生を送ってきたから。かも知れない。「努力せず、ホドホドでソコソコの人生を送る事ができれば、それが1番じゃん」と考える人間だから。かも知れない。今まで苦労らしい苦労を味わってこなかったから。かも知れない。‥‥けど

 やっぱり、努力してる人、頑張ってる人に対しては、尊敬の念を抱き、応援するのが自然で正常な事のような気がする。だから、そういう人を素直に尊敬し、応援できる人に対しては、憧れとコンプレックスを抱いている。

 そう。僕は、努力してる人、頑張ってる人に対しての憧れではなく、そういう人を素直に評価し、尊敬できる人に憧れているのだ。何だか、とことんヒネクレてるっていうか、一筋縄では行かん男だなぁ‥‥と、我ながら思う。
posted by ひげフレディー at 21:44| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

凍結完了

 あまりに肩が凝り、ちょっと気分が悪くなったので、昨夜は熱い風呂に入って早々に床についた。「早寝」などという慣れない事をすると、自分でもビックリする事が起きるわけで、目覚ましもかけてないのに朝6時前にスコーンと目が覚めた。もう1度寝ようかとも思ったが、頭が冴えちゃって、考えるともなしに昭和荘最後の配信の事を考え始めた。じゃあ‥‥せっかくだから‥‥とMP3レコーダーを持って収録に出かけた。

6am.jpg

 朝6時、小さな銀色の棒を手に公園内をウロウロするヒゲ面男。絵に描いたような不審者である。犬の散歩がやたら多い。人気がなくなるのを待ち、収録開始。
 そんなつもりはなかったが、なんだかセンチメンタルな内容の話を30分も喋ってしまった。「え~い 今回はノーカットで行っちゃえ!」ま、最後だし、多少長くても誰も文句は言わないだろう。

suzume.jpg

 帰宅後、GarageBandで必要最小限の編集をし、iTunesでMP3にエンコード。昭和荘最後の音声ファイルをアップした。これですべてが終った。昭和荘は凍結保存モードに入った。しかしこれはやっぱりセンチメンタルな気分にさせられる作業だったよ‥‥

昭 和 荘
posted by ひげフレディー at 16:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする