2008年03月31日

3月31日

 今日はバタバタです。「昭和荘の閉鎖」も、僕の「ミクシィ退会」も今日3月31日なんですの。そしてこれはどこにも発表していませんが、事実上放置の状態にあった「生チューbeta」もドサクサに紛れて閉じる事にしました。
 えー、そーゆーわけで関係各位のみなさん、今までどうもありがとうございました。そしてこれからもどうか仲良くしてやってくださいね。

radio.jpg

 さて、そんな折りも折り、飛び込んできたのが「Bonchicast(ボンチキャスト)のちんさんが4月からFM福岡でDJをやる事になった」というニュースです(詳しくはBonchicastのこのエントリーで)。僕の知る限り、インターネットラジオの人気者が「電波ラジオ」で番組を持つ。というケースは初めてです。ちんさんのもとには「スゴイですね」「おめでとうございます」などのメッセージが寄せられていますが、ここで僕は敢えて生意気を言います。これはスゴクもメデタくもなく、極々自然な流れとして受け止めるべき出来事です。能力のある人に場所が与えられただけの事なんですから。

 もしこれがちょっと前だったら‥‥僕も間違いなく「おめでとうございます!スゴイですね♪」と、興奮気味にメッセージを送ったでしょう。しかし「インターネットラジオと電波ラジオの違い」について、幾分俯瞰で眺められるようになった今、電波ラジオは決してインターネットラジオの延長線上にある桃源郷ではなく、ましてや上のステージに存在する世界でもないのだという事が見えてきました。たしかに「音声を使ったメディアである」という点では似てますが、逆に言えば共通点はそれだけで、まったくの別物と考えるべきでしょう。恐らくちんさんの事ですから、そんな事は百も承知でお引き受けになったはずです。だからこそ僕は「感嘆」でも「賛辞」でもなく「エール」を送りたいのです。
posted by ひげフレディー at 23:10| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

トークボックス

 最近ハマっているものに「トークボックス」(またの名を「トーキング・モジュレーター」)があります。↓のチューブをくわえて演奏してるのがそれ。


 見た目は滑稽ですが、この「エグさ」がたまんないでしょ? 僕が初めてこのサウンドを耳にしたのは、たしか1970年代の終わりの頃だったと思います。それ以降、現在に至るまで様々なミュージシャンがこの楽器(?)を使った曲を発表していますが、最も有名なのは何と言っても↑の「ZAPP」でしょう。

 えー、これ、仕組みは実に単純です。シンセサイザーやエレクトリック・ギターの音をチューブに送り込んでやります。で、チューブの一方を口にくわえて、喋るように口を動かすとあら不思議。ロボットが歌ってるみたい♪ 要するにシンセやギターの音を口の中で鳴らすわけですな。

 実は僕、昔トークボックスを自作した事があります。と言ってもインチキ・トークボックスですが。用意するものはシンセサイザーまたはエレクトリック・ギターとイヤホン。テレビやラジオを買った時に付いてたモノラルタイプのイヤホンがあればそれを使いましょう。間違っても高級なやつは使わないでね。押し入れを探せば使い古しのイヤホンが必ず1個や2個出てきますので、それを使ってください。では、楽器の音をイヤホンから大音量で流してください。次にイヤホンを口の中に‥‥。
 自分の耳ではその効果がわかりにくいので、できれば口の前にマイクを置いて録音してみましょう。ちょっとだけトークボックス気分を味わう事ができますよ。耳の味も味わえますが(笑)

 最近YouTubeでトークボックス動画を探し回ってるんですが、その中でも最高にゴキゲンなのがコチラ↓続きを読む
posted by ひげフレディー at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

おいしい牛乳

 スーパーの牛乳売り場に行くと、2種類の「おいしい牛乳」が並んでいる。1つはおなじみ「明治おいしい牛乳」。もう1つは初めて見る「森永のおいしい牛乳」。メーカーが違うのに商品名が同じとはどうした事か‥‥あ、なるほど。これは‥‥あれだな。

oishii-gyunyu.jpg

 「一般名詞もしくは一般名詞を組み合わせただけの名称は商標登録できない」という話を以前聞いた事がある。ヒット商品となったサントリーの「はちみつレモン」も「はちみつ」と「レモン」という一般名詞を組み合わせただけの名前だったため、商標登録を拒否されたそうだ。(ウィキペディア参照
 3匹目のドジョウを狙う名古屋のメーカーさん、おそらくこれなら登録できると思います。「うみゃあ牛乳」
posted by ひげフレディー at 18:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

雑記

 本日は徒然なるまま、筆の赴くまま、っちゅうか日ごろ漠然と頭の中に漂っている事を並べてみようかなと‥‥

2rings-light.jpg

 Webブラウザ上で機能する画像編集ソフト「Photoshop Express」のβ版が公開になった。もちろん無料で使える。他にも昨今いろんなソフトがWeb上で使えるようになって来ている。なにしろタダなんだから、僕らにしてみりゃこんなにありがたい事はないのだが‥‥皆が「どーやってお金を稼いでいるのか(または稼ごうとしているのか)」がとっても気になる今日この頃。

concrete.jpg

 ニュースを見ると、どうやらWikipediaに多額の寄付が集まってるらしい。例えば、よく街頭で見かける「歳末助け合い」とか、そーゆー市民レベルの寄付じゃなく、企業や団体が、他の企業や団体に寄付する事がよくあるでしょ? 今回のWikipediaもそんな感じなんだけど、そこにはいったいどんな思惑(おもわく)が渦巻いてるの? どうやって誰から集められた金を、誰がどんな理由で寄付を決めて、そうする事でどんなメリットがあって、その先に何を期待しているの?‥‥寄付っていったい何だろう‥‥

gas-fire.jpg

 あるポッドキャスターは「やりすぎくらいがちょうどイイ。」と語り、あるレコーディング・エンジニアは「ちょっと足りないくらいの方が魅力的」と語った。勘のいいヒゲ・ウォッチャーのあなたなら「あ、あの人とあの人だな」と、すぐにピンと来ると思うのだが、この一見相反する言葉が、最近僕の頭の中でキャッチボールをしている。彼らはまったく逆の事を言っているように見えるが、決して矛盾してないし、ぶつかり合う事もない。少なくとも僕の中では。
posted by ひげフレディー at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

カテゴリー

 このブログのカテゴリーを見直しました。今まで「finetune」だったものを「Music」に、「YouTube」を「Video」に変更しました。僕の音楽系のプレイリストがfinetuneだけじゃなくなった事、動画系の話題もYouTubeだけに収まらなくなってきた事が理由です。

catego.gif

 あ、そうそう。「issuu」というサービスに入ってみました。ちょっとワクワクしています。簡単に言えば‥‥あ、ちょっと簡単に言えませんけど‥‥ユーザーがアップしたPDFファイルをフラッシュに変換してくれるサービスです。こんな説明では「ふ~ん」でしょ?「それで?」でしょ?(笑)

issuu.jpg

 実は「issuu」についてのアレやコレやを説明するために、いっぱい文を書いたんですが、全部消しました。このサービスを使えば「こんな事もできそう、あんな事もできそう」というアイディアはいくつか浮かんでるんですが、まだサービスの全貌を把握し切ってないので今は黙っときます(笑)ただ、漠然と目指しているのは‥‥雑誌「Fredio」の創刊。
 もしかしたら、このブログのカテゴリーに「Magazine」という項目が加わる日が来るやも知れません。

Fredio in issuu

【追記】サンプル↓
posted by ひげフレディー at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

1×1

 新しいツールを手に入れた時ってのは何とも嬉しいもので、さっそくGX100をチョーク・バッグに放り込んで出かけました。このカメラはちょっと変わってて、正方形の写真を撮る事ができます。ま、ぶっちゃけ普通に撮った後で正方形にトリミングしても同じ事なんですが、カメラを構えた時点で既に正方形ってのは、どんな気分なんだろう‥‥それを確認しようと思いましてね。

1x1.jpg

 確かに違いますね。でも、気分が‥‥というより、今までの作戦が通用しない、と表現すればいいのか、まったく別のゲームを楽しんでる感じです。正方形と言えばポラロイド写真を思い出しますが、僕はポラロイドにはあまり夢中にならなかったので、あえて言うならレコード・ジャケットを撮ってる気分に近いかも知れません。
 やっぱり普段は横長か縦長で撮る事になると思いますが、たまには正方形もいいかも知れません。頭の中が軽くシャッフルされる感じです。

 さて、今日はATMへ出かけたんですが‥‥う~ん、なんでなの? なんでこんなに間を開けて並んでるの? このATMは地下鉄の駅前にありますし、すぐ隣りはバスターミナルです。人の行き来が多い場所です。

narabu-hito.jpg

 確かに人間には「そこより中には入って来ないでね」という、心理的な縄張りがありますから、間をとりたくなる気持ちもわからなくは無いですが、少しは辺りの状況を考慮しましょうよ。これは僕の偏見かも知れませんが、こういう場合ほとんど女性なんですよね。どちらかというと女性より男性の方が縄張り意識が強い生き物だと思うんですが‥‥これはいったいどういう事なんですかねぇ‥‥
posted by ひげフレディー at 18:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

「GX100」がやって来た

gx00.jpg

 3日前の日記にも書きましたが、コンパクト・デジカメ(以下コンデジ)が壊れまして、新しいヤツを物色していたんですが、遂に我が家に新顔がやって来ました。結局リコーのCaplio GX100にしました。コストパフォーマンス的にはR8の方が勝っていたと思うんですが「より強力な広角」が欲しかったもんですから。おまけにGX100なら別売りのコンバージョン・レンズで19mmまで行けちゃいますし。

gx01.jpg

 まずは第一印象。今まで使っていたCanon IXY DIGITAL200が、どちらかと言うと重めだったので、なおさらかもしれませんが「軽い」です。逆に言えばちょっと華奢な印象もあるんですが、ただ、気軽に持ち歩くためのカメラですから軽いに越した事はありません。サイズを比較すると、GX100の方が大きいんですが、こっちの方が「薄い」という印象を持ちました。

gx02.jpg

 握りやすさに配慮してるコンデジは少ないんですが、これにはちゃんとグリップが付いています。手ぶれ補正もイイですが、基本はグリップでしょうからね。ただ、僕の個人的な意見としては、サイズを犠牲にしてもイイから「もっと大きなグリップにしちゃっても良かったかな?」と感じました。ま「それを望むんならデジタル1眼レフ(以下デジイチ)を使えよ!」って話なんですが(笑)
 背面の液晶はずいぶん大きくなりました。でも僕は後でイジる事を前提で撮るので、コンデジの液晶にはあまり拘りません。「あ、撮れてるな」程度の確認ができれば充分だったりします。

gx03.jpg

 まだマニュアルも読んでない段階ですが、とりあえず撮ってみました。↑は最も広角にした場合(24mm)で、トリミングも画像補正も行なっていない状態です。ま、リサイズはしましたけどね。いやぁ‥‥「広角!」って感じですね♪ 次に、これまたリコーの得意分野「マクロ」です↓

gx04.jpg

 履いてたジーパンを超アップで撮ってみました(広角マクロ)。周辺部分が湾曲してますが、被写体自体がもともと湾曲してるので、どこからがレンズの特性なのかがわかりません(苦笑)

 今のところデフォルトのままで撮ってるんですが、挙動が少しモタついて感じますね。ピントが合うまでの間、撮った写真がプレビューされるまでの間に少し「待たされてる感」があります。ま、コンデジですからね。デジイチ級のキビキビ感を求めるのは、ちょっと欲深過ぎるかも知れませんね。このカメラを触ってると、つい、他のコンデジではなく、デジイチと比較しちゃいそうになります。

 これからこのブログに掲載される写真は、きっとこのカメラで撮られたものがメインになると思います。どうぞヨロシク♪
posted by ひげフレディー at 19:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

Magic Hour

夕暮れ時
心が騒(ざわ)めく瞬間がある
言葉で説明するのは難しいけど
僕の中で
太陽の光と照明の光が均衡する瞬間
なんだと思う

僕はその瞬間を
「マジック・アワー」

呼んでいる

magic-hour.jpg

調べてみると
この言葉は実在するようで
日没から真っ暗になるまで
を指すようだ
posted by ひげフレディー at 22:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

VAN

 お正月ぶりに実家に行ってきた。久々に妻木屋のラーメンを食べる。おまけにカツ丼も食べる。最近また胃袋が伸びて来てるようだ。個人的には嬉しいが、健康的視点から見ると、手放しで喜んでる場合じゃないかも知れない(笑)

 実家からの帰り道、国道の脇にVANの看板を発見。あまりの懐かしさにちょっと不意をつかれた感じでワクワク。急きょそのお店に進路変更。お店に着いてみると、あららら服やらノヴェルティーやらが所狭しと並んでいる。値札の付いている物と付いていない物が渾然一体。新品やらユーズドやらデッドストックやら‥‥僕よりちょっと上の世代の人が悶絶しそうなラインナップだ。


 60年代のダッフルコート、めっちゃカッコ良い~♪ 欲しいっ! あ、昔のスタジアム・ジャンパーもたまんねぇ~っす♪ たまたま他にお客さんがいなかったので、店長さんからいろんな話を聞かせていただきながら、2時間も長居してしまった。

laundry-bag.jpg

 10代の頃、ちょっとオシャレにうるさい友人が持っていたVANのランドリー・バッグ。あの頃は気にも留めなかったのだが、今こうして見ると、なんだか目茶苦茶カッチョイイ♪‥‥で、衝動的にゲット!(これは復刻版だが、作りはオリジナルよりシッカリしているらしい)さーて、これをどう使うかな‥‥
posted by ひげフレディー at 23:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

来る物あれば去る物あり

 昨夜は冷え込んだ。やっぱストーブ要る。今度はちょっと遠くの電気屋さんへ。あったあった。1機種だけ(笑)メーカー品じゃないし、デザインにちと難有りだったが、他に選択肢がないと迷う必要がなくていいね。

stove-ixy.jpg

 スイッチ入れると速攻でパァーっと明るくなる。よかったよかった。これで一安心。と思ったのもつかの間。デジカメ(Canon IXY DIGITAL200)が絶命。昨日の日記じゃないが「来る物あれば去る物あり」だな。ずいぶん長い間頑張ってくれました。ホントにありがとう。

 さてと、使用頻度の高いコンパクト・デジカメだけに無いと困るぞ。次はどれにするかな? 僕のコンデジの使用スタイルから行くと、画素数はホントは200万画素もあれば御の字(おんのじ)だけど、今どきそんなスペックの物はかえって探すのが難しい。ズームも3倍ぐらいあれば事足りるし、手ぶれ補正も必要ないし、顔センサーもいらない。コダワリがあるとすれば、起動の速さ、広角とマクロに強く、コンパクトでカッコいい事。

 

 やっぱりこのあたりか。見事にリコー対決だな。う~ん、悩ましい‥‥広角はGXが24mm、R8が28mm。ズームはGXが3倍、R8が7.1倍。マクロは双方とも1cm。デザイン的にはクラシカルなGXに軍配が上がるが、R8も決して悪くはない。あとはお財布との相談。ってとこだな。
posted by ひげフレディー at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

Baby Green

11年半前
フリーで仕事を始めた時
記念に買ったパキラ
水々しく
鮮やかで
無垢な息吹

baby-green.jpg

にやさんが死んで
ちょうど1ヶ月
posted by ひげフレディー at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

黒い十人の女

 先日亡くなった市川 崑監督の1961年の作品「黒い十人の女」を観た。何と言えばいいのだろう‥‥思いつくままキーワードを挙げるならば、クール、スタイリッシュ、シュール、コミカル‥‥あたりか。

 市川 崑ならではの映像美に、芥川也寸志の音楽の素敵さと、監督の奥さんでもある和田夏十のシナリオの素晴らしさが合わさり、この表現が妥当かどうかは怪しいが、フランスのヌーヴェルヴァーグの影響をモロに受けているかのような「淡々とした不思議さ」に溢れる映画だった。敗戦後16年しか経っていない当時の日本に、ここまでぶっ飛んだ作品を作るだけの力があったとは驚きだ。若い才能がほとばしっている。特にシナリオが凄い。

 山本富士子、岸 恵子、岸田今日子、中村玉緒‥‥当たり前だがみんな若い。モノクロの映像美のおかげもあってだろうが、最近の役者さんには感じられない「野獣的な美しさ」が匂ってくる。

10black-women.jpg

 10人の女が1人の男の殺人を企てる。男はちょっと抜けてて飄々としてるが優しいからモテる。とにかくモテる。しかしその男は「自分がモテている」と言う自覚がまるでない。だから、次々に新しい恋人ができるし、彼女たちを恋人とも思っていない。彼の奥さんは言う。「誰にでも優しい男は、誰にも優しくない」と‥‥うん。わかるわかる。「優しさ」って実に多面的な物だし、おそらくきっと「勘違い」と「思い込み」の産物なんじゃなかろうかと、僕は思う。

 唐突に「完」の文字が映し出された時には「えーっ?」と思ったが、それもまた潔(いさぎよ)さだし、美学なのかも知れない。僕はこの作品を「シニカルなコメディー」として楽しませていただいた。


posted by ひげフレディー at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

三善英二などを口ずさみつつ

rainyday.jpg

♪あめに~ぬれなが~ら~ たたず~むひとがいる~♪

 などと古い歌を口ずさみながら買い物に出かける。雨もたまにはいいもんだ。それはそうと、気づけば花粉症的症状が消えている。目のヒリヒリ感は少し残っているが、先日の「ちんこ祭り」の直前あたりからクシャミも出ないし、鼻づまりもない。結局あれは何だったんだろう‥‥

ryutandan.jpg

 買い物から帰ってくると、郵便受けにkobouzuさんから「個展のお知らせ」葉書が届いていた。ほほ~、今度は東京で個展ですか。相変わらず頑張ってらっしゃるご様子。そして相変わらずいい仕事をなさってますなぁ。素晴らしい! 僕はちょっと伺えそうにありませんが、関東の人は是非行って観てください。素敵なイラストレイションですから。

■中川学*繪草子展
時/2008年4月14日(月)~19日(土)
所/GALLERY HOUSE maya 東京都港区北青山

 あ、久々にkobouzuさんのサイトを見たら、ブログをお始めになったようです。これも忘れずチェキラですな。

■kobouzuさんのブログ「坊主な日々
posted by ひげフレディー at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

老婆心

 僕はYouTubeの中にも「Hige Fredie」という名前で地味に生息してて、現在のところYouTube内には4人の「友だち」がいるのです。そしてその中の1人がMagibon(以下マギ)ちゃん。今回はマギちゃんのお話をします。

 彼女はアメリカに住む21歳(見た目は小学生だけど)の女性で、日本に興味があるらしく、毎回独学の日本語でおしゃべりを披露してくれます。僕がYouTubeに出入りするようになってすぐの頃、偶然彼女の存在を知り、健気(けなげ)なマギちゃんの姿に感心して、すぐさま「友だち申請」を送ったんですが、どうやらその筋では超人気者だったようで、YouTubeだけでなく彼女の書くブログにも毎回数多くの日本人からコメントが寄せられてるんですわ。


 まぁ、そんな存在だからして、世の中はほっとかないわね。当然マギちゃんの魅力と人気に目をつけるわね。主に日本でネット系ビジネスを展開している人達にとっては又と無い「金の卵」ですわね。ま、もしかしたらマギちゃんにとってもそれは「願ったり叶ったり」な事なのかも知れないので、その事を「良い」とか「悪い」とか言うつもりはないんだけど、ファンにしてみれば一抹の寂しさを感じちゃうんだよね。「僕らのマギちゃんが商売道具にされようとしている」みたいな印象を持つ人も多いと思うんだね。実は僕もちょっと寂しい気分なのよ‥‥変に色をつけられて祭り上げられたあげく使い捨てにされるんじゃないか‥‥な~んてね‥‥はいはい、わかってますとも。余計なお世話ですわね(笑)
posted by ひげフレディー at 19:43| Comment(8) | TrackBack(0) | ビデオ | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

春よ来い

 我が家のガス・ファン・ヒーターが壊れた。直してもいいが修理に出してる間に春になりそうだ。おまけにかなりのご老体なので修理はあきらめて来シーズン新しいのを買おう。ずいぶん暖かくなって来てはいるが、さすがに暖房なしではちとキツイ。と思い、安い電気ストーブを1台追加して急場をしのぐ事に‥‥

 ところがだ。電気屋さんに行くと電気ストーブの姿がない。店員に聞くと「在庫がはけちゃったのでもうないんですよ」との事。えーっ? まだ寒いのにストーブ売ってないの? って事で別の電気屋さんへ。おいおいおいおい、さっきの店と同じだよ。「んもーぉ」こーなったらホームセンターだ。それぇレッツ・ゴー‥‥

 ガクッ‥‥オマエもか。う~ん。ネットで買うしかないのか‥‥悔しいからオイル・ヒーターを引っ張り出して来て火を入れた。でもこれ「電気喰いムシ」なのよねぇ。暖まるまでに時間かかるし‥‥

スプリング・カモ~ン!
ス~ン! ス~ン!
クイックリ~!

soon-soon-spring.jpg

春は今頃どのあたり?
posted by ひげフレディー at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

クロスオーバーな時間帯

今日と明日が出会う頃
聞こえてくる音楽がある

posted by ひげフレディー at 23:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

「天下の奇祭」に行ってきた

 あらかじめお断わりしておきますが、今日の日記はボリューム満点よ。そして「シモ方面」の写真が多数登場しますので、2部構成になっております。シモ画像がお好きでない方は第1部だけご覧ください。と言いつつ第1部も充分シモですが(笑)

 先日midunoさんからいただいたコメントに、田縣神社(たがたじんじゃ)の「豊年祭」の事が書いてありました。非常にユニークな祭りで、海外のメディアで取り上げられて以来、外国からのお客さんが激増したという実にインターナショナルなお祭りらしい。通称「ちんこ祭り」。


 以前テレビのニュースで見た覚えはあったんだけど、恥ずかしながら僕は1度も行った事がなかった。家から「電車で1時間」という、決して遠くない場所で行なわれていたにも関わらずだ。

 ネットで調べてみると、この祭りは毎年3月15日に行なわれていると言う。今年の15日は‥‥土曜。おいおい、行けるやんか! でもなぁ‥‥気がかりなのは体調だ。このところ花粉症的症状でダウナーな毎日を送っていたからさ。しかーし、日頃の心がけのおかげか、乳酸菌が効いたのか「ちんこ見たいパワー」のおかげなのかはわからないが、奇跡的な回復を見せたヒゲ。

01tenka-no-kisai.jpg

 いやぁ、いい天気です。絶好のちんこ日和です。祭りのクライマックスは何と言っても神輿(みこし)です。巨大なちんこ付きのね(笑)神輿は午後2時にスタートです。その前に2時間ほど神社内をブラブラ。確かに人は多いですが、身動きがとれないほどではありません。ちょうどいい感じです。

02sourvinir-hip.jpg

 しっかしホントに外人さんが多い。国内でこれほど多くの外人さんをいっぺんに見たのは初めてです。あ、あと、ゲイの人もチラホラ来てます。なるほどねぇ~ やっぱりね~ そ~だよね~ と妙に納得(笑)

x-emas.jpg

 境内には勿論「ちんこ系」の絵馬やら石像やらがあるんですが、おもしろいのは露店で売られている土産物や食べ物ですな。アッケラカンとしてて嬉しくなっちゃいます。

x-choco-banana.jpg

 チョコバナナも一手間かけてます。いいなぁ、この遊び心と、したたかな商魂。でもねぇ‥‥どうせなら女性がこれを食べてるところを見たかったよ。男が食べてる姿はちょっとねぇ‥‥なんか‥‥ねぇ‥‥

04syateki-kataguruma.jpg

 さてさて、スタート地点を出発した神輿は1時間半かけて町を練り歩き、いよいよ田縣神社に入ってきます。今まで分散していた人々が異様な熱気と共に集まってきます。

05info-emotion-tengu.jpg

 いやぁ‥‥おもしろかった! 老いも若きも男も女も(ゲイも)日本人も外国人も、あらゆるボーダーを超えて皆が盛り上がりました。どの人も実にいい笑顔なんですな。なんだろう‥‥このフラットでオープンな気分。なんだろう‥‥「ちんこ」って。とにかく僕は、こんなに開放的な祭りを生み、それが今なお続いている日本という国の「懐の深さ」を強く強く感じたのでありました。

 えー、では「ちんこ写真館」は第2部でお楽しみください。続きを読む
posted by ひげフレディー at 23:33| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

チンクエチェント

 以前フィアットの車に乗っていた事があるので、今でもニュー・モデルの発表やら試乗会などがあると、フィアットからダイレクト・メールが届きます。さぁ、ついに「FIAT 500(チンクエチェント)」が復活。明日から日本でも販売が始まりますぞ。既に本国イタリアでは去年の夏に発売になってるし、ネットには情報が溢れてるので、わたくしちゃんとチェック済みですが、今日フィアットからダイレクト・メールが届きました。

new500.jpg

 いやぁしかし、実物が走ってる所を早く見てみたいですなぁ。きっとデッカくなっちゃったんだろうね。英国ローバーのミニがBMWによってリニューアルされた時も「デッケーなぁおい!」とツッコミ入れられまくりで、ハッキリ言って全くの別物になってしまいましたが、安全性やら経済性が厳しく要求される中でのリニューアルですからね。それも致し方ないかな? と、少しだけ思います。

 ただ、だったら「リニューアルじゃなくて新車として出してくれれば落胆しなくて済むのに」が正直な所だったりもします。フィアットで言えば数年前にパンダがリニューアルして「これのどこがパンダなの?」なクルマになっちゃいましたが、チンクエチェントの場合はパンダ以上に「フィアットの顔」的なクルマです。それをあえて復活させるんですから、いい加減な仕事は許しませんぞ。


 ↑は、映画「グラン・ブルー」の1シーンですが、やっぱりね、こんな風に乗ってこそのチンクエチェントなんですよ。あと有名なのは「ルパン三世 カリオストロの城」での雄姿ですな。そーっと大切に乗るんじゃなくって、アクセルべた踏みで「走らねぇなぁ、このポンコツめ」とか言いながら乗るのが楽しいクルマだと思うんですが‥‥新しいチンクはちょっと優等生な雰囲気ね(苦笑)
posted by ひげフレディー at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

届きました! たらチャン・スピーカー♪

 この前の日曜夜「たらチャンネル」の「3周年(+3ヶ月-3日)記念 生放送だよTaraChannel」お聴きになられました? あたしゃ聴きましたわよ! なんたって「たらチャンネル」の3周年ですもん、おまけに生ですもん、も1つおまけに「とってもめでたいニュース」の予感ヒシヒシでしたもん♪ ま、そんなワケで、この場をお借りしましてmidunoさんコーヌさん「おめでとうございます!」末長くお幸せに♪

 あ、そんな事より(そんな事ってオイっ!)その生放送でお2人は数多くのプレゼントを用意なさってまして、放送中に賞品を発表→応募者を募集→その数十分後に当選者発表→次の賞品を発表‥‥てな具合でリスナーを熱狂の渦に巻き込む放送だっんですが、その賞品の中に「midunoさんお手製スピーカー」などというヨダレじゅるじゅるもんの目玉が混じってまして、あたしゃ祈りを込めて応募したわけですよ。この世には神も仏もあったもんじゃない事件・事故が頻発してますが、とりあえずその時だけは僕のもとに幸運の女神が舞い降りたのであります。

そして今日‥‥
例のブツが届きました

speaker01.jpg

最後の「よ」がいいね

speaker02.jpg

梱包に使われてるテープには‥‥
いやぁ、芸が細かいです♪

speaker03.jpg

おおっ! うっすら透けて見えますぞ

speaker04.jpg

ジャーん♪
さて‥‥何を植えようかしら?

speaker05.jpg

じゃなくって テラコッタ・スピーカー!
パンナコッタじゃないわよ(笑)
カッコいい~

speaker06.jpg

さっそくそれらしい場所に置いてみる

speaker07.jpg

絵になりますなぁ

 スピーカーには電源ケーブルと、スピーカー同士を繋ぐケーブルが同梱されておりました。さっそくセッティング。ステレオのAUXアウトをスピーカーに、電源ケーブルをコンセントに繋いでと‥‥出たっ! 音が出ました(当たり前です)ちゃんと鳴ってます。置き場所を変えてみたりしていろいろ聴き比べてみたんですが、横にゴロリと寝かすより、スピーカーを上に向けて鳴らした方がいい感じです。そりゃやっぱりその方が本人も落ち着くでしょう。植木鉢なんですから。

 いやぁ、midunoさんコーヌさん、ありがとうございます! 大切に使わせていただきますね。あ、そうそう。添えていただいたメッセージにも温かい気持ちにさせていただきました♪ これからもどうかよろしくお願いします。
posted by ひげフレディー at 17:42| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

L-92株

 このブログ、本格的に「花粉症日記」みたいになってまいりました(笑)いやぁ、実は昨日あたりから目がヒリヒリしてまいりまして、これはも~花粉症の疑いが、より一層濃厚になったと言わざるを得ないのでして‥‥

 コメント欄にもいろんな方から様々な対処法をお寄せいただき感謝感激雨霰なんですが、できる事なら「薬で症状を抑える」事よりも、その手前で何とかしたい‥‥体質を改善する手立てはないものか‥‥と思い、ネットでチョロッと調べてみました。すると「L-92株」という名前に目が留まりました。カルピスが開発した独自の乳酸菌らしく、通称「L-92乳酸菌」、正式名「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」と言い、アトピーや花粉症などに効果がありそうな物らしい。そしてその「L-92株」を商品化したのが「アレルケア」。まさにズバリなネイミングではござらんか。ふむふむ、ストレート・タイプ、希釈タイプ、錠剤タイプとあるようだ。

l-92.jpg

 さっそく買ってまいりましたぞ。今回はとりあえず様子をみるためにミニ・ペット・ボトルに入ったストレートタイプを3個。味はおいしいに越した事はないけど、この際ゼイタクは言っておられません。期待せず飲んでみると‥‥あ、結構いけます。カルピスと言うより、薄めたヤクルトみたいな味。これなら苦になりません。3本飲み終わる頃には少し症状が治まっててくれるといいなぁ‥‥


 いや、そんな事より、これを買うために外出した際、鼻にも目にも特に症状が出なかったんですよ。で、家に帰って来たらハックショーン‥‥どーゆー事? もしかして‥‥原因は花粉じゃなくてハウス・ダスト? なんだかワケがわからなくなってきました。
posted by ひげフレディー at 16:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする