2008年02月29日

ならば 書きましょう

 正直言うと「特に書く事ないなぁ‥‥今日はサボろうかな」と思っていた。が、よく考えたら絶好のチャンスではないか。今日を逃すと4年待たなきゃならんのだよ。

 思い返せば、僕がブログを書き始めたのが2004年。まさに前回の「うるう年」。けれど「Are You Fredie ?」のスタートは6月。つまり‥‥今日は僕のブログが初めて経験する「2月29日」なのである。「おっと、じゃあ何か書いとかなきゃ」と、やや不純な動機で筆をとったヒゲであります。

white-wall.jpg

 今までの人生で何度の2月29日を経験し、この先何度経験するのか、そんなこたぁどうでもいい。とにかく今日は初めての日なんだ。この4年。いろいろあった。楽しい事。嬉しい事。おバカな事。ショボリンコな事。書かなかった事。書けなかった事。それらがテンコ盛りの4年。

もう4年

まだ4年
posted by ひげフレディー at 19:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

小豆珈琲

azuki_coffee.jpg

小豆珈琲なるものを飲んだ

コーヒーカップの底に小豆が沈んでいた

見た目は「ぜんざい」っぽいが
味は「玄米茶」っぽかった

ヘルシー気分な午後3時
posted by ひげフレディー at 18:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

雨上がり バッテリーも上がり


 購入半年にして上がりましたわ。プレ夫くんのバッテリー。こーゆー時のためのJAF。呼びましたわ。そして颯爽と現れました。やけにでっかいトレーラーで。阿部サダヲ似のオニーチャンが。

 クルマに限らず、バッテリーは寒さに弱い。そして消耗品である。肝に銘じておきましょう。今回のトラブルが自宅の駐車場でラッキーだった。もしこれが深夜で「ここどこ?」な山道、しかも携帯電話の電波も届かない‥‥なーんてシチュエイションだったら‥‥きっと泣いちゃうな。

 サダヲさんにエンジンかけてもらって、その足でオートバックスへ。お店にあった1番安いバッテリーに交換してもらった。プラス工賃で6千円ちょっと。オートバックス・ブランドの商品だけど、どうやらボッシュのOEMらしい。これであと2年ぐらいは大丈夫だろう‥‥。
posted by ひげフレディー at 17:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

1万5千人にありがとう

15009.gif

本日
FredioのPodcast登録者が
1万5千人を超えました

ありがとうございます

でも

あんまりマジに聴いちゃイヤよ
意識しちゃうから
posted by ひげフレディー at 22:15| Comment(7) | TrackBack(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

podsafe SHUFFLE!

 約半年ぶりの「podsafe SHUFFLE!」を準備中です。あ、Fredioの話です。Fredioというのは僕がやってるポッドキャスト対応の音声配信サイトの事です。きっと最近このブログをご覧になり始めた方もいらっしゃると思いまして、念のために説明してみました。

podsafeshuffle200.jpg

 で「podsafe SHUFFLE!」というのは、Fredioで配信中の「音楽番組」なんですが、その選曲と曲順を決める作業がさきほど終わりまして、あとは各曲のボリュームや曲間などを調整しながら、配信用のファイルを作るだけなので、今週後半には1本目を配信できるかと思います。今回は6曲ずつ3本配信する予定です。どうかお楽しみに♪
posted by ひげフレディー at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

めクルめくクルクル体験

360yokohama.jpg

 クルクルクルクル 右へ左へ回す回す 綺麗やねぇ♪ このサイト 目眩(めくるめ)く横浜の夜景だよ 画面をドラッグすると回り始めるよ Macの場合は「shift」でズームイン 「control」でズームアウトできるよ Winの場合は‥‥わかんない(笑)

 クルクル好きのアナタにオススメのこんなサイトもありますぜ 世界中の年明けを体験できますぜ も~圧巻よ 病みつきよ 左右だけでなく 上下に動いたり 音も出たりするよ QuickTime VRってこんなにワクワクするものだったんだなぁ‥‥
posted by ひげフレディー at 23:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

うぷぷ~ と うぴぴ~

 前々から「アバンティ AVANTI 聴き耳を~」と「取手豪州」コミュニティーには入っていたものの、さきほど番組の中で取手さんが「mixiにコミュを2つ作ったぜ」と発言‥‥トルモノモトリアエズ駆けつけると‥‥あっホントだっ! あるっ!「うぷぷ~」と「うぴぴ~」コミュ。管理人は取手豪州♪

avanti.jpg
Suntory Saturday Waiting Bar "AVANTI"
(ポッドキャスト版はコチラ
posted by ひげフレディー at 19:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

幸せの黄色い食べもの

旨いね
ホッとするね

tamago-gohan.jpg

はい
もう1杯♪
posted by ひげフレディー at 18:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

さよなら ニヤさん

拒む事はできない
生まれた事 出会えた事と引き換えに
行かねばならない場所だから

今朝ニヤさんが死んだ

a-cat-nemed_niyaniya.jpg
(最後のショット)

キミはホントによく生きた
生き切った
最後の1滴まで命を燃やした

キミの生涯は幸せだったはず
絶対そう思う

さよなら ニヤさん
ニャンちゃん
ニャンコ
にゃにゃ
ニャーご
ニャンころげ
猫ちゃん
猫さん
にやにや

シロちゃんによろしく
posted by ひげフレディー at 18:07| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

また深刻な時期が

h20kakutei-shinkoku.jpg

今年もまた
深刻が確定する時期が来た
posted by ひげフレディー at 18:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

SMOKE

smoke.jpg
SMOKE

何とも言えずいい映画でした
ちょっとしょっぱくて渋味があります
でも
決してしょっぱ過ぎたり渋過ぎたりはしません
絶妙の塩梅(あんばい)です

どんなにシリアスなエピソードも
すべては煙草の煙の中を漂う
お伽話です

あれこれ説明するのは野暮かもしれません



posted by ひげフレディー at 00:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

ひげさんって どんな人?

the_voice_of_machikado.gif

ココの結果より抜粋】

皆さん 忌憚(きたん)の無いご意見ありがとうございます
今後の人生に活かして行きたいと思います
posted by ひげフレディー at 20:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

HOTEL RWANDA(ホテル・ルワンダ)

 この映画は実話に基づいている。14年前、アフリカでの出来事。ルワンダにあった外資系四つ星ホテルの支配人が主人公。彼はフツ族。妻はツチ族。

 僕の記憶には「ルワンダ」「フツ族/ツチ族」「虐殺」というキーワードだけが辛うじて残っているだけで、情けない話だが「どういう経緯で、何が起き、どうなったか」について「何も知らない」に等しいし、この映画を観たからといってわかったつもりになるつもりもない。

 「オーシャンズ…」シリーズでお馴染のドン・チードル、日本でも特に女性に人気のジャン・レノ、僕の大好きな「48時間」でいい味出してたニック・ノルティなど、そうそうたる俳優が出演しているが、観てるうちにそんな事はどーでもよくなる。

hotel_rwanda.jpg

 あらかじめ言っておくと、この映画は「実際に起きた事」のほんの一部しか描いていない。なぜなら、殺された人達の体験を本人目線でトレースする事が不可能だから。生き残った者の体験談を元に描くしかないのだ。そういう意味では一応ハッピーエンドの映画ではある。本当はとんでもなく惨(むご)い状況だったに違いない。が、その辺は比較的ソフトに表現している。とは言っても充分残酷ではあるが。

 政府、軍隊、フツ族の民兵、市民(フツ族とツチ族)。そこにニュース映像などで見覚えのある、白地に黒で「UN」と書かれたクルマに乗り込み、水色のヘルメットを被った国連軍(という表現が正しいかどうかはわからないが)、そして赤十字のスタッフ、海外メディアの特派員‥‥と、様々な人達が入り乱れ、怒り、脅え、守り、救い、殺し、殺される。

 嘘やハッタリを巧みに絡ませつつ交渉を繰り返し、東奔西走し、あくまで「ホテルマンとして」人々を守ろうとする主人公。辛さを自分の中だけにグッと抑え込み、決して人前では出さない。人知れずロッカールームで泣き崩れる彼の姿には心が潰されそうになった。

 しかし、1番印象的だったのは、彼らを守るために派遣されていながら、発砲すら許されない国連軍と、命がけで悲惨な現状を伝えようとするマスコミ人の「現場にいながら何もできない」という無力感の方だった。ニック・ノルティ演ずる国連軍兵士は主人公に「無力な俺にツバを吐きかけてくれ」と言い、メディアのカメラマンは「この悲惨な現状をテレビで観た人達は“怖いね”と言ってディナーを続けるだけだ」と言った。

 ラジオをつければ「ツチ族のゴキブリどもを殺せ」「ツチ族をかくまうフツ族もゴキブリだ」と繰り返し繰り返し流れてくる。つまりは、こーなると、そーなるんだな。果たしてこれが狂気のなせる技なのか、それとも人間が元々持っている本性なのかはわからないが、人間ってヤツは「こーなるとそーなり、そーなるとこーなるものだ」と言う事だけは知っておくべきだと思った。時代や国が違っても、昔から人間は同じ事を繰り返しているのだから。



posted by ひげフレディー at 17:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

Macの豆知識を週1で

 あの「日常英会話」でおなじみのstation81.comが、面白くて為になる動画ポッドキャストを始めました‥‥っちゅうか、始まってました(笑)「マック・チップ・ウィークリー」と言います。読んで字の如し。Macの豆知識を週1で届けてくれる番組です。「日常英会話」にも登場するあの方がナヴィゲイターです(素敵な声の女性の方じゃなく、トボケたキャラが何とも言えない男性の方です)。

mac-tip.jpg

 今日現在4本の動画が配信中ですが、どれも10分以内なので気軽に楽しめますよ。ポップな映像と画面キャプチャをふんだんに使って、Macintoshに関する最新情報や、便利な使い方などを紹介してくれます。いやぁ、Mac歴10年以上の僕でも知らなかったTipsがあるんですよねぇ‥‥ホント勉強になります。

 この動画ポッドキャスト、Macユーザーには勿論お薦めなんですが「Macに興味有り」なMac予備軍の方にとっても参考になる内容だと思います。わざわざポッドキャスト登録しなくても、このサイト上で観る事ができるので、試しにどうぞ。ただしダウンロードした物の方が高画質なので、お気に召したらポッドキャスト登録してパソコン上でご覧になられる事をお勧めします。
posted by ひげフレディー at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

パット・メセニーの「Are you going with me?」

 今にして思うと、二十歳前後の数年間はよく行ってたなぁ。ジャズ喫茶。当時住んでた僕の故郷には結構あったんだよ。ジャズ喫茶。そーねー、クルマで15分圏内に4軒はあったね。ジャズ喫茶。
 当時、ジャズ喫茶といえば、青くてデッカイJBLのスピーカーが定番で、普段は小さな音でしか鳴ってないんだけど、お客さんが常連さんだけになるとボリュームを上げてくれてね、もーねー、特にトリオやカルテットで聞かれるシンバルの音が物凄くイキイキしててね「僕もいつかはJBL」ってずーっと思ってた。


 あ、余談はここまで(余談だったのかよ)。あるジャズ喫茶でたまたま聴いて、物凄く感動して「ただいまプレイ中のレコード」のとこに置いてあったレコード・ジャケットを目に焼き付けて、その足でレコード屋に走って、買ったのがこのレコード。パット・メセニーというフュージョン系ギタリストの「オフランプ」というアルバム。
 でもさ‥‥レコードに針を落としてみたらね、違うの。音が。ぜんっぜん。あれ? こんな曲だっけ? 僕はこの曲に感動したの? うちのステレオで鳴らした時のションボリ感はきっと一生忘れないね。

 そのパットの曲が、再び僕の心に染み込み始めた。先日も書いたjangoからちょくちょく流れてくるのね。このアルバムに収められてる「Are you going with me?」って曲が。もー、これが今の自分にフィットしまくっちゃってね。あぁ‥‥やっぱりいい曲だわぁ‥‥と

 で、さっそくレコードを引っ張り出して来ようかとも思ったけど、その労力をオシム監督 すいません ダジャレです。いや、労力はさて置き、とにかく早く聴きたい。と思いYouTubeを探してみると‥‥お~あるわあるわ。いろんなヴァージョンが。オーケストラと一緒に演ったのとか、おっ、よみうりランドEASTで行なわれたライブ・アンダー・ザ・スカイの動画まであるじゃないか! ってワケでモロ自分用に「Are you going with me?」だけを集めた再生リストを作ってみた。それにしてもパットさん、ボーダーの服が好きだね。アメリカの楳図かずおだね(笑)

posted by ひげフレディー at 16:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

崖っぷちで やけっぱち

 こんにちはひげフレディーです。「崖っぷちで やけっぱち」今日はこのタイトルが急に思い浮かんだので、これに沿った内容の日記を書こう。と、思ったんですがごめんなさい。なんにも浮かびません。

 よく考えたら、わたくし常に崖っぷちなんですのよ。おほほほほ。老後の蓄えも計画も一切なし。10年後、いや、1年後の自分さえ想像できない、明日をも知れぬ我が身ゆえ、今さら特に書く事もないかな。と。ただ、それが僕の長所であり、短所でもあるのかも知れませんが、やけっぱちになる事はありません。

umi-no-teppen.jpg

 実は先日、ミクシィでもブログでも仲良くしていただいているかわさんから「ひげさんに読んでもらいたい」と、本を頂きました。くらもちふさこの「海の天辺」という漫画です。その時はちょっとアレしてる最中だったので読めなかったんですが、やっと読ませていただきましたよ。

 ビックリするほど「王道」のストーリーで、中年男性が読むのが憚(はばか)られる内容でした(笑)が、さすがくらもちさん、登場する1人1人の描写が半端じゃないです。「描かない事で伝える」ができる数少ない作家じゃないでしょうか。小説や映画やテレビドラマでは難しいだろうなぁ。漫画だからこその表現法だと思います。ホントに久々ですわ。こーゆー気分になったの。かわさんありがとうございます!
posted by ひげフレディー at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

焼きそば ≠ 焼きそば

 金ちゃんのカップ焼きそばを食べた、カップ焼きそばと言えば、背の低い容器と相場が決っているが、このノッポなカップはいかがなもんだろう‥‥。お湯の捨て安さではノッポの勝ちかな。でも問題はソース。

kinchan_yakisoba.jpg

 一般的なカップ焼きそばは液体ソースなので、平らな容器と相まって、麺とソースが絡み安い。が、この焼きそばは粉末ソース。うまく混ざらずダマダマになっちゃうぞ。ブーブー言ってても仕方ないので、黙って食べましょ。う~ん、お味の方は特にどーっちゅう事のない普通のカップ焼きそばでした。

 しっかし、胃にもたれるなぁ‥‥。体調との関係もあるんだろうが、何時間たってもゲップが出る。やっぱり僕は自作の焼きそばが好き。ちょっとカリッとするまで焼いたそばに、目玉焼きをのせて、ちょっと贅沢にイカなんかも入れちゃったりして、青のりと紅ショウガを多めにのせて、あとはそれにご飯とワカメの味噌汁があれば最高♪

yakisoba.jpg
posted by ひげフレディー at 19:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

万華鏡

 僕は万華鏡好きだ。好みの物に出会うと、まるで魂が抜かれてしまいそうなほどいつまでも覗き続ける。万華鏡といえば、カラフルなチップの入った筒をクルクル回して楽しむのが最もポピュラーなスタイルだが、僕はこれにはほとんど反応しない。

 10年ほど前かなぁ‥‥生まれて初めて「オイル式」の万華鏡と出会った。いや、この「オイル式」というのは僕が勝手にそう呼んでいるだけで、正式な名前は知らないんだけど、オイルらしき液体の中に、比重の違う色付きの液体や、カラーチップなどが入れてあり、それらがゆーっくり泳ぐ様を楽しむ事ができる。

 オイル式の魅力は、こちらが動きを加えて景色を変えるのではなく、景色自らが自然の法則に従って変化してくれる所。一般的な万華鏡より「受動的」「客観的」に楽しむ事ができるし、動きが妙に艶めかしく官能的だったりする。形も筒型だけでなく、様々あって、オブジェとしての美しさを感じさせてくれる物も多い。

kaleidoscope.jpg

 これは先日衝動買いした万華鏡。極々シンプルな構造なので、オイル式ほど神秘的な映像を観る事はできないが、色と形に惹かれて買ってしまった。ヒモがついてるので首から下げて気軽に持ち歩く事ができる。これを目に当てて、右から左、左から右、上から下、下から上へと周りの景色を眺めていると、時々目茶苦茶ユニークな造形に出くわす事がある。↓のようにカメラのレンズの前に置いて写真を撮ってもいいが、ホントは「時間とともに変化する万華鏡ならではの映像」を、動画として記録したい。と思っている。

hige_in_kaleido.jpg
posted by ひげフレディー at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

jango

 きっと「finetune以上にハマる物はもう出てこないだろう」と思ってたら、こんなの発見! その名は「jango」。これは久々のヒットです。最近ズポっとハマってます。

 この手の「音楽聴き放題&聴かせまくり」のサービスとしては、PandoraLast.fm、そして僕が愛用しているfinetuneなど、群雄割拠の様相を呈している昨今ですが、無料で楽しめて、しかも日本からのアクセスもオッケーとなると、やや寂しい状況だったので、jango登場のインパクトは大きいです。

jango.jpg

 下に参考サイトを挙げておくので、jangoの概要についてはそちらを見ていただくとして、どこが魅力かを僕なりに書いてみます。えーっと「簡単・楽しい・友達できそう」はい終わり。ん? 簡単過ぎる? でも本気で書くと長文になりますよ。いいんですか? え? いいの? いや、でも書くの面倒だなぁ(笑)

 じゃあ書くけど、例えばfinetuneは「選曲する楽しさ」で、jangoは「選曲させる楽しさ」って感じかな? 1曲1曲を丹念に選んで行ってプレイリストを作るfinetuneに対し、好きなミュージシャンを選ぶだけで後は自動で選曲してくれるjango。どうですか? これはかなりの違いでしょ?

 でもね、実はfinetuneにもjangoと同じ機能があるんです。じゃあjangoのアドヴァンテイジはどこにあるの? って話になりますよね。当然ね。うんうん。えー、ちょっと待ってね。疲れてきた(笑)ゴクゴクゴク(コーヒー飲んでます)‥‥要するに‥‥「遊び」として楽しいのはどっちか? って問題なんです。どちらかというとfinetuneは「ややストイック」な所があって、jangoは「ゲーム感覚」に近い気がするんです。ま、これは実際に試していただかないとわからないです(あ、サジ投げた)(笑)

 あっ、あとこれだけは言っておかなきゃ。jangoはSNS的です。他のユーザーの気配を感じる事ができるようにデザインされています。ログイン中のユーザーや、音楽の趣味が自分と似てるユーザーが表示されるし、もちろんメッセージを送り合ったりもできますし、僕はこれ以上ブログを増やすつもりはないので試していませんが、jango内でブログを書く事までできちゃうようです。

 まっ、とりあえずこの手のサービスをお探しの方にはお薦めしときます。ただ、英語版なので多少マゴつく事があるかも知れませんが、それも含めて楽しめる人なら試してみる価値はあると思いますよ。あ、そうそう。jangoは「招待制」で、基本的には誰かに招待を受けないと入れないようですが「TechCrunch」のこのページの本文最後にある「お申し込みはここで。」からアクセスすれば、招待なしでもサインインできるはずです。

参考サイト
自分好みの手軽なラジオ局+SNS=『Jango』
ソーシャルミュージックサイト、Jangoのベータにご招待
歌手の写真がワラワラ流れクリックすると曲が流れるJango Jukebox登場
ソーシャルインターネットラジオ Jango (Beta)

 最後に、jangoが提供している「Jukeboxウィジェット」を貼り付けておきます(↓)ここには僕が選んだミュージシャン達が表示されてます。動いてる画像にマウスを持って行くと再生ボタンが現れ、クリックすると音楽を聴く事ができます。
 ジュークボックス下部に表示されている2つの四角いボタン、左の「Get Your Own!」をクリックすると、自分用のウィジェットを作る事ができます(jangoのアカウントが必要)。右の「Popout Jukebox」をクリックすると、ジュークボックスが別ウインドウで開きます。

posted by ひげフレディー at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

15cmってとこかな

snowy0209.jpg

大晦日から元日にかけてチョロッと降ったものの
こんだけの降雪は今シーズン初

タイヤを空転させながら進むクルマ
さぞやドライヴァーもヒヤヒヤもんだろう
この辺りは上り下りが多いからさ
アクセル緩めて
エンブレ効かせて

ってオイっ!
無茶だよ
ノーマル・タイヤじゃ
posted by ひげフレディー at 18:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする