2008年01月31日(Thu)

Work Work Watching

 最近クルマのCMで話題のあのアニメーションご存知? 僕はあのCMを見るまで知らなかったんだけど、その筋では有名なアニメだったみたい。YouTubeの中に見つけたので、7つの動画を並べてプレイリストを作ってみた。おっもしろい。

 これ絶対、先に声を録って、それに合わせて絵を作ってるはず。きっとある程度アドリブのはず。間違いない。じゃなきゃこんなにいい間と雰囲気出せないもん。と、思い込んでいる。

posted at 20:09 | Comment(11) | TrackBack(0) | ビデオ

2008年01月30日(Wed)

Gの威力

 1週間ほど前のブログに「いいかげんにしてよ!スパムめ」的な事を書いたら、とど吉さんから「Gmailを使ってみたら?」とアドバイスをいただいた。実は以前にもGmailのスパム・フィルターの優秀性について漏れ聞いていたので、トライしようとした事があったんだけど、手続きの仕方がよく判らず断念。でも、もー我慢の限界‥‥「よっしゃ!」と重い腰を上げた。

 まずはGmail(以下G)の威力を試すため、今使っているアドレスに届いたメールを一旦Gに転送して「どの程度ゴミをシャット・アウトしてくれるか」をしばらく観察してみる事にした。オヨヨ‥‥すっげぇ! ズバッとバッサリ弾き飛ばしてくれるじゃないか。しかも「弾くか通すか」の判断も的確だ。こいつぁ使える!

gmail.gif

 となれば、次にすべき事は、今使ってるアドレス宛に届いたメールをGに転送するのではなく「G側から取りに行かせる」ための設定。最大5つのアドレスが登録できるのだが、よく調べたら僕は7つものアドレスを持っていた‥‥持ち過ぎだよ‥‥ごもっとも。仕方ないので使用頻度の高い順に5つを登録。これでアドレスを変える事なく、届いたメールをGのスパム・フィルターに通す事ができるようになったわけだ。

 さて、届いたメールの読み方だが「ブラウザでアクセスしてWeb上で読む」方法(いわゆるウェブメールってやつ)が最もシンプルなやり方だ。しかし、それだと自分の手元にメールが残らない。ま「読む・返事を書く・送る」はすべてWeb上でできるのだから問題ないと言えば問題ないし、パソコンのハードディスクがクラッシュしてメールが消えてなくなる危険を回避する事もできるし、複数のパソコンを使い分けてる人や、外出先でメールのチェックをしなければならない人にとっては、むしろウェブメールの方が都合が良いだろうけどね、でもやっぱり今までメールソフトを使って自分のパソコンにメールをダウンロードして読んできた習慣からか、手元にデータがないと何となく心配っつうか‥‥なーんか気持ち悪いのよ。

 で、次にする事は「Gに届いたメールをメールソフトで受け取る」ための設定。いやぁ、ここでつまずいた。やれPOPだのIMAPだの言われたって「わかんねぇもんはわかんねぇんだっつーの」で、設定をいろいろ変えてみたりして悪戦苦闘したが、どーしてもGにアクセスできない。「設定を変えては試し」を繰り返すこと半日。あっ、なんかわかんないけど繋がった‥‥お〜、Gからメールが落ちてくるぞ。しかもメールソフトでWeb上のメール管理までできちゃうじゃないかっ! これがIMAPというヤツか。すっげぇ。21世紀を実感。

 そんなこんなで、スパム地獄から見事に開放されたのでありました。物凄く気分がいいっす♪♪♪
posted at 18:28 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月29日(Tue)

さよならエルゴ

ergo.gif

なんか寂しい
エルゴが撤退しちゃうらしい
じわ〜っと寂しいぞ

 Mac用の日本語入力システムといえば、Apple純正の「ことえり」なんだけど、これをそのまま使っているMac使いはほとんどいない。少なくともOS9までのユーザーはね。OS Xになって、やっと「ことえり」が「ほぼ問題なく使える」までになったので、OS XからのMacユーザーは「ことえり」の使用率が高いようにも感じるが、僕は「ことえり」に不満を感じたので、エルゴの「EGBRIDGE」を入れている。ライバルの「ATOK」の方が、やや勢いがあるように思うが「Mac使いはやっぱりEGでしょ」‥‥僕のささやかなコダワリである。
posted at 23:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月28日(Mon)

申し訳ございません ただいま糞詰まっております

 ここ数日、このブログのコメント欄の表示に異常が発生しております。もともとSeesaaの記事投稿やコメント、トラックバックなどの反映が遅い事は覚悟していましたが、今回は本格的に糞詰まっております。自分の書き込んだコメントが表示されず、何度も投稿してくださった方も何人かいらっしゃいます。コメントをお寄せくださった方々、本当にゴメりんこ! 一応重複コメントはヒゲの方で削除させていただきましたが、はてさて、いつ表示されるやら‥‥

-.jpg

そして
果たしてこの記事は
ちゃんと表示されるのか


posted at 14:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月27日(Sun)

エクトプラズム(要帽子)
















































10yen-hage.jpg

































posted at 19:29 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月26日(Sat)

物欲2連ちゃん

 最近「欲しいなぁ」と思ってる物が2つあります。1つはサンヨーのビデオ・カメラ「Xacti」。このところハマってるYouTubeの影響でしょう「久々に動画作品を作りたいなぁ」と思い始めてるのです。

DMX-CA65.jpg

 Xactiと言えばハイビジョン撮影が可能な上位モデルも出てますが、僕が目星をつけてるのは「DMX-CA65」という機種。上位機種のような高画質は望めませんが、水深1.5mまでオッケーの「防水仕様」なので海や雪山に連れて行く事もできます。おまけに安い。
 僕が初めて買ったHi-8のビデオ・カメラなんて20万円近くしたんじゃないかなぁ‥‥ま、それと単純に比較しちゃいけませんが、防水で写真まで撮れてボイス・レコーダーとしても使えて、おまけにこのサイズで3万円台ですから驚きです。

  

 もう1つはソニーのヘッドホン「PFR-V1」。いや、でもこれは正確には「ヘッドホン」ではなく「パーソナルフィールドスピーカー」と言うらしいです。簡単に言うと「耳の近くで鳴らす小型スピーカー」です。

PFR-V1.jpg

 実は僕、ヘッドホンがあまり得意じゃありません。耳が蒸れちゃうし、とても疲れるんです。第一、不自然でしょ? 聞こえ方が。「鼓膜を振動させられてる感」があるじゃないですか。僕はできるだけオープン・エアーな状態で音を感じたいんですよ。
 でも、深夜にCDやDVDを楽しみたくなった時、ご近所への迷惑などを考えると、どうしてもヘッドホンを使わざるを得ない場合って多いでしょ? で、そんな時にコレが役立つんじゃないかなぁ‥‥と思いましてね。音洩れはほとんど無いみたいだし、価格もガクッと下がってるので最近スゴク気になってます。

posted at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月25日(Fri)

キューピーくん

 たまーに行く雑貨屋で前からずっと気になってたんだ。頭に「かぶり物」のキューピー人形。買ってフタを開けるまで何をかぶってるかわからない。動物シリーズ、フルーツシリーズなどが出てるんだけど、僕は密かにカエルをかぶったキューピーちゃんを「カワユイな♪」と思っていたので、動物シリーズを1箱買った。で、帰宅後ワクワクしながら開けてみると‥‥

qp-rabbit.jpg

 おやまっ、ピンクのウサギちゃん。お目当てのカエルじゃなかったけど、ま、ウサギ年生まれだから良しとしよう。Mac miniの上に置いて仕事の疲れを癒していただくとしましょうか。キューピーちゃんって、お腹がポコッと出てて、いかにも幼児体形なんだけど、そんなところにシンパシーを感じたりして‥‥(笑)でもウサちゃんかぶってカワイらしく振り向いてるけど、よく考えたらキューピーちゃんホントは「キューピーくん」なんだよね。ちーっちゃいチンコついてるし。いやぁ、シンパシー感じまくるわぁ‥‥
posted at 21:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月24日(Thu)

次はいつ会えるのかな

 若かりし頃、同じ釜の飯を喰った同志が8人集まりました。これは同窓会? 新年会? 名目なんかこの際どーでもよーがす。我らが在籍していた会社もその後、合併やら何やらで何度か社名が変わり、所在地も転々とし‥‥今どーなってんだか‥‥

 中には一年程しか籍を置かなかった人もいますし、在籍の時期もてんでバラバラなので、「今日が初対面」とか「20年ぶり」という方々もいました。僕はその会社に10年弱お世話になったので、どの方とも面識がありましたし、最も久しぶりに会った人でも10年ぶりぐらいでしょうか。あ、僕の記憶力の無さには定評があるので、もしかしたら3年ぶりだったかも知れませんが(笑)

il-bazar.jpg

 不思議なもんです。あの頃みんな20代だったんですよ。いや、20年前が20代なのは何ら不思議じゃありません。でも何でしょうねぇ‥‥まっ、ぶっちゃければ、みんな今じゃ立派にオッサン・オバハンなのに、根っこの部分はあの頃のまんまなんですな。いや、あくまでも僕が勝手にそう感じただけなんですが‥‥。基本的に人って変わらない物なんでしょうか。そりゃ今では子持ち、家庭持ちの人、バツイチの人、人工透析の人と「いやぁ無駄に年輪だけ重ねちゃいましたなぁ。ガッハッハ」な顔ぶれではあるのですが‥‥なぜこんなに不自然じゃないのだろう? と‥‥そこが不思議なのです。

【追記】
この日記はこのページにある
「Contemporary Japanese Pop」
をB.G.M.にお読みいただく事を推奨いたします
posted at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月23日(Wed)

大きな福

 福な知らせを聞いた日は「大福をたべよう」。なんじゃそりゃ。ただ食べたかっただけでしょ? はい。

daifuku.jpg

 僕はもともと豆餅が好き。ちょっと塩の効いたやつね。だから大福も普通のやつより豆大福にそそられる。でも今回はヨモギの大福が食べたくなった。なぜなら‥‥↓の動画を観ちゃったから(笑)

posted at 16:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | ビデオ

2008年01月22日(Tue)

戸 + 月 = 肩

sky-and-trees.jpg

しっかし多いわぁ

スパム・メール

アドレス10個も持ってるもんだから
アッチから コッチから ソッチから
来るわ来るわ

スパム・フィルターをかい潜って来るメールにも苦労するが
フィルターがブロックした中に
大切なメールが混じってる事もあるから気が抜けない

メール・チェックに費やす時間も労力も
馬鹿になりませんわ

も〜っ!

肩凝るっ!
posted at 21:47 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月21日(Mon)

14,000人

Fredioのポッドキャスト登録者が
延べ14,000人を
超え(て)ました。

14071.gif

アースの空耳♪

 連日の空耳ネタですいません。昨日書いたアースの空耳が見つかったので(先日のコメント欄参照)、貼り付けておきます。なんと、アースの空耳だけを集めた動画です。も〜ウレピィ〜♪



posted at 22:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | ビデオ

2008年01月20日(Sun)

誰が言ったか知らないが 言われてみれば確かに聞こえる

 YouTubeの「Hige Fredieチャンネル」にまた1つ、再生リストを作りました。今回は「空耳」。YouTube内に散らばる過去の名作の中から、僕好みの12動画をピックアップ。各作品の音量がマチマチなので、連続再生すると頻繁にボリューム調整しなくてはなりませんが、その辺はどうかご容赦を。


 本当は僕の心に強く残る作品、アース・ウインド&ファイアーの空耳で「お婆ちゃん、飛んだ、ナンマイダー♪」を探したんですが見つからず‥‥「あ、その動画ならここにあるよ」という方がいらっしゃいましたら、是非情報を!

【追記】

あ、アースの空耳で飛んだのは「お婆ちゃん」じゃなくて「お母さん」だったかもしれません。そんな事わざわざ追記する必要もないか‥‥(笑)
posted at 22:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | ビデオ

2008年01月19日(Sat)

レニ

 以前、市川崑監督の「東京オリンピック」のレヴューを書いた時に、コメント欄でレニ・リーフェンシュタール監督がベルリンオリンピックを撮ったドキュメント映画「オリンピア 民族の祭典・美の祭典」の話題が出ました(過去日記参照)で、早速TSUTAYA DISCASで探してみたんだけど「オリンピア‥‥」は見つからず、仕方なく、と言っては何だけど、レニ監督を追ったドキュメンタリー作品「レニ」を借りてみる事にしました。

leni.jpg

 いやぁ、非常に興味深い内容だったよ。3時間という長さにはいささか疲れたけど、彼女が(あ、レニ監督は女性です)辿った数奇な人生をふり返る内容だから3時間でも足りないかもしんない。このドキュメント作品が作られた1993年時点でレニさん91歳。すっごくお元気で、さすが元女優だけあっておキレイな方です。この作品は、彼女へのインタビューを軸に展開します。

 彼女の才能はドイツの最も忌まわしき時代に開花しました。「オリンピア‥‥」を含め、当時彼女が携わった映画はヒトラー率いるナチスのプロパガンダ的要素が強く‥‥っていうかハッキリ言ってプロパガンダに使われた事は明らかなんですが、インタビューで彼女は「政治には興味がなく、ただひたすら己の芸術を求めただけだ」というような発言を繰り返します。本人がどんなつもりであったにせよ、世間の風当たりは当然厳しく、その後彼女は目茶苦茶重い十字架を背負って生きる事になります。

 しかし、彼女の人生はその後がおもしろいのです。60歳でアフリカのヌバ族と交流。40も年下の男性と結婚。71歳でスキューバ・ダイビングのライセンスをとり、水中撮影の作品を撮り始めます。2000年、98歳で再びアフリカ、ヌバ族のもとへ(アフリカへの想い)。彼女はどうやら2003年に亡くなったようですが、その前年には「ワンダー・アンダー・ウォーター 原色の海」という作品を完成させています。


2008年01月18日(Fri)

五兎追うものは一兎も得ず

 うーーーん。あたしゃホントに不器用な男ですたい。いや、誰だってコンガラガルよ。目がチカチカするっちゅーの。えーっと、アッチがあーだから、コッチはこーして、うっかりソッチを忘れて‥‥ボッカーン!

shimamaf.jpg
シママフラー
日記の内容とは一切関係ありません
目はチカチカしますけど
posted at 20:47 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月17日(Thu)

Apple TV の衝撃

 世の中は、あのバカ薄いノートパソコンの方に目が行ってるようだけど、僕が圧倒的に衝撃を受けたのは、今回生まれ変わった「Apple TV」の方だった。いや、正確に言うと、この商品そのものが凄いのではなく、それを取り巻くサービスと、その将来性に心が震えた。


 こいつぁスゲェ事になりそうな予感。この先のシナリオ次第では、もしかするともしかするぞ。勿論ジョブズの事だからシナリオはかなり先まで書かれてるだろうし、その先駆けとなるサービスも年内にスタートするらしい。

 我々ユーザーはただ「おもしろい事になりそうだ」と期待に胸を膨らませてりゃいいんだけど、コンテンツを発信する側にしてみると、ちょっとでも潮の流れを読み違えたら一気に敗者のドッグレース‥‥って事になるかもしれない。

 つくづくAppleって凄いと思う。「ハード」と「ソフト」と「サービス」を引っくるめて「さぁどーですか。楽しくなりますよ」と、誰にもわかりやすい明快なヴィジョンを提示してくる。しかもそのどれもがシンプルで美しい。「デザインする」って、つまりはそういう事なんだよな。

posted at 04:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月15日(Tue)

mixiを辞めるわけですが

 今年1発目のFredio「新春特番2008」の中でも喋りましたが、ミクシィを辞める事にしました。退会は3月31日を予定しています。
 なぜそんな先かと言いますと、僕はミクシィ内で「Fredio」と「昭和荘」という2つのコミュニティーを管理しており、とりあえずポッドキャストとしての「昭和荘」が閉鎖になる3月31日までは、コミュニティーも存続させたいと考えたからです。
 昭和荘は多くの人を巻き込んで作り上げた共有の世界であり、僕1人の物ではありませんからね。コミュニティーもまた然りです。始めた者の義務として、ちゃんと幕を引いてから去りたいな。と。

 前出の番組の中でも言ってますが「身辺をシンプルにしたい」というのがミクシィ退会の最大の理由ですが、実は他にも理由があります。
 簡単に言えば「立ち位置」の問題です。僕は「マイノリティーの集合体」っぽいミクシィが好きでした。少なくとも僕が入会した頃のミクシィにはそんな雰囲気がまだ残っていました。「心地よい閉鎖感」とでも言いましょうか。
 でも、最近はどうでしょう‥‥最初から「ミクシィありき」で物事が進む事が多くないですか? いや、あえてピンポイントな発信をするつもりなら全然構いません。けど、そうでない場合もミクシィの中だけで完結してしまう傾向が強くなってる気がするのです。
 おいおい自分はどうなのよ?‥‥あ、そう言えば‥‥つい「詳しくはミクシィをご覧ください」って言ってるわ。危ない危ない‥‥っつうことで自分の立ち位置を一旦リセットしたくなったのです。

 さて、4月以降のヒゲは、このブログ「Are You Fredie?」を中心に、もちろん「Fredio」も今まで通り続け‥‥ると思います。あ、すいません。根っからの気まぐれ人間なもんで、いつ何時どんな事を言い出すかわかりません(笑)その証拠に「身辺をシンプルにしたい」と言っておきながら、最近いろんな場所に支店を出し始めております。行き当たりバッタリ&自己矛盾なこの感じが実に「ヒゲらしい」と言いますか‥‥見苦しくカッチョ悪いところですが(笑)これからも何卒よろしくお願いします!

【4月以降のヒゲ】

■Are You Fredie?
ヒゲの中心はやっぱりこのブログ。今までミクシィから来てくれる人がたくさんいらっしゃったので、ミクシィ辞めたらきっとアクセスがガクッと落ちるでしょう。

■Fredio
http://fredio.seesaa.net/
音声配信サイトです。あと4ヶ月で3周年を迎えます。配信頻度は落ちましたが、これは「肩の力が抜けた証拠」だと思っていただければ幸いです。

▽ オプション的な活動 ▽

□finetune「Hige」
http://www.finetune.com/user/Hige
大好きな曲を集めた選曲集。現在9つのプレイリストを公開中。サイト上で聴いていただけるので、家事や仕事のB.G.M.にどうぞ♪

□ひげVOX(仮)
http://hige-fredie.vox.com/
ここは今後どうなるかわかりません。とりあえず今のところは「今日の質問(QotD)」というお題に沿って、ほぼ毎日更新中。半年に1度ぐらいのペースで見ていただけると嬉しいかも‥‥って程度のページです。

□YouTube「Hige Fredie」
http://jp.youtube.com/higefredie
主に音楽系のプレイリストを作って楽しむ場になりそうです。あ、あと「懐かしの○○」みたいなのを発掘・収集するのもオモシロイかも‥‥
posted at 18:14 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月14日(Mon)

漂白剤 → 洗剤 → スキ…ん?

skin.jpg

コインランドリーにて
posted at 18:14 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月13日(Sun)

YouTubeにハマる

 今頃になってYouTubeにハマっている。ちょっと前まではそれほど興味など無く、何か探し物がある時だけアクセスしていたんだけど、よくよく探検してみると、YouTubeって自分の動画をアップしたり、他人がアップした動画を観るだけのサイトじゃないのね。お気に入りの作品を登録する事ができたり、いくつかの動画を組み合わせて自分だけのプレイ・リストを作ったりできるのね。オモシロイじゃん♪

 おまけにメンバー同士がメッセージを送り合ったり、友達登録することができたり‥‥まるでSNS的なコミュニケイション・サイトじゃありませんか。で、僕もさっそく自分のチャンネルを作ってみたのです。

 で、で、で‥‥嬉しい事にこのたび初めてYouTubeの中に友達ができましたっ! しかもオランダ人よ。女性よ。ベーシストよ。くくくくく‥‥勘のいい読者の皆さんならもうお気づきでしょう。そう! あの「姐さん」こと、Lydiaさんが僕の初めての友達〜♪

 ここでLydia姐さんの最新作をご紹介しましょう。ちょっと時期外れになっちゃったけど、クリスマス・ソングです。なんと今回彼女はベースではなくギターを弾きながら歌っておられます。


 いやぁ、相変わらず素敵ね♪ 実は姐さんのファンはYouTube内に数多くいらっしゃいまして、そのファン層は非常に幅広いんです。では次にそれを物語る1本ご紹介。


 素晴らしいっ! このアーノルド坊やとエマニエル坊やを足して2で割ったようなかわいい男の子にとって、きっとLydia姐さんはアイドルなのでしょう。ここで彼は姐さんの動画に合わせて、プリミティヴで自由奔放なプレイを披露していますが、時々Lydiaさんの音にピタっと音程が重なるんです。まったく「末恐ろしい」というか、う〜ん、こんな風に楽器を演奏できている事が、なんだか羨ましくもあります。ま、僕が彼のプレイにトヤカク言うのはオコガマシイんですがね。だって僕より確実に上手いですから。
posted at 23:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | ビデオ

2008年01月12日(Sat)

「日本沈没」と「日本以外全部沈没」

 こりゃまたすごい2本立てだな。もちろん狙って選んだ2本なんだけどね。僕の世代は子供の頃に必ず通ってきてるんだよ。「日本沈没」を。映画では藤岡 弘、テレビシリーズでは村野武範が主演でさ。

chinbotsu.jpg

 で、そのリメイク、というか21世紀版が今回観た草g 剛主演の「日本沈没」。「ツッコミどころ」的な話を始めると、この手の作品には、まぁ多かれ少なかれ「ある種の無理」は付き物だから、この際何も言いますまい。ただ、こうした「非常事態・異常事態」を題材に作品を作る場合、描くべき事は「何が起きているのか」と「それに直面した人々が何を思い、どう動いたか」の2点に絞られるのではないか‥‥と、でもそのどちらもが「ちょっと弱い」気がしたんだよねぇ。

 しかし、やっぱりこの題材自体が物凄く魅力的であり「恐ろしい」と思いながらも、反面ワクワクしてしまう設定である事には間違いないんですな。自分の生まれ育った国が、この世から姿を消す‥‥って、いったいどんな事なのか‥‥故郷と運命を共にする決意をした人達は、どんな気持ちで死んでいき、命からがら海外に逃げ出した人達はその後、何を心の拠り所として生きていくのか‥‥

zenbu-chinbotsu.jpg

 さて、2本目は「日本以外全部沈没」。タイトルを見ただけで「日本沈没」のパロディーである事はすぐにわかるし、原作が筒井康隆と来れば、内容はおおかた察しがつくんだけど‥‥いやぁ、よくぞこれを映画化したもんだ。諸外国の方々が髪の毛を逆立てて噛み付いてくること必至の内容だよ。でもね‥‥ハッキリ言うと「日本沈没」以上にリアリティーがあるんですな。とりあえずナンセンスの皮を被ってはいるけれど「あぁ、もしこういう状況に陥ったら、きっとこうなるんだろうな」‥‥と、妙に身につまされるシリアスな内容なのね。ただね、映画としての作りは粗いよ。そこだけは覚悟してね。

 あ、そうそう。この作品には藤岡弘、と村野武範が出てるんだよね。白状しちゃうと、僕なんかもうその時点で「まいりました」だったんだ(笑)