2006年02月28日

誰とでも仲良くやって行けるよ

 何年ぶりだろう‥‥ナタデココ食べたの‥‥ナタデココって、僕の中ではナゼか「もつ鍋」とリンクしてるんだね。いや、ナタデココ入りのもつ鍋を食べたとか、そーゆー事じゃないよ。ちょうど「日本のバブル景気がはじけた頃に流行った物」という印象なのかな? 記憶があやふやなので、もしかしたら時代はズレてるのかもしれないけど、一気に流行って一気に姿を消した。という点では共通してるよね。

middle_1141121586.jpg

 長いあいだ姿をくらませていたナタデココだけど、最近チョロチョロと見かけるようになってきた。久々に食べてみると「あ~そうそう。こんなんだった。こんなんだった」このイカの刺し身のような食感。とりたてて味らしい味はないのでヨーグルトと程よく絡み「ほら、僕は誰とでも仲良くやって行けるよ」と胸を張っているかのようだ。ところでコレって何から作られてるの? 原材料は何? まさか‥‥イカ‥‥じゃないよね?
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

K点超えの大ジャンプ

 オリンピックが終わった。嗚呼‥‥終わっちゃったよ。僕なんか能天気な事に閉会式の始まる数時間前にテレビのアナウンスによって「今日終わる」事を知った。オリンピック!オリンピック!と大騒ぎしていたくせに、いつが閉会式なのかを知らなかった。それどころか、日本の獲得したメダルが1個だけだった事も閉会式ギリギリまで知らなかった。そして今回のメダルに穴が空いている事を知ったのは、閉会式の中で行なわれた表彰式でだった。つくづく僕の観戦スタイルは独特だったのだなぁ。と今更のように思い知った。

middle_1141053261.jpg

 さて、数日前の日記に「鶴丸さんがしばらくの間ブログやボイス・ブログをお休みされる」という事を書きましたが、実は今日、mixi内の鶴丸さんの日記に「そろそろ活動再開‥‥」という記事がアップされたのです。でもビックリ! お休みに入られる前に「バタバタ状態」&「生活を変える」みたいな事をお書きになっていたので、てっきり最近購入なさったiMacにシステム移行をされてるのかな?‥‥ぐらいにしか思っていなかったんですが、実は、物凄い「人生の転機」を経験なさっていらしたのです。奥様と5人の娘さん、そして鶴丸さんにとってまさに「K点超えの大ジャンプ」です。

 詳しくは、おそらくそのうちブログもしくはボイス・ブログの中で鶴丸さん自身が語られると思いますので、僕の口からは何も言いませんが、ひげフレディーは今回の鶴丸一家の大英断に陰ながらエールをお送りいたします。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

IN THE RAIN

 昨夜、スキー中止を決めた直後から名古屋でも雨が降り始めた。山の気温が低ければ雪なんだろうが、ネットで調べてみると岐阜県も長野県も、とにかく名古屋から日帰りで出撃できるスキー場は軒並み気温高め。こりゃスキー場も雨だな。

middle_1140948298.jpg

 しかし雨の日ってなんでこんなに安眠できるんできちゃうんでしょう。今日なんか目覚めたらお昼過ぎてました。とりあえずコーヒーを入れて食パン2枚を食し、さーて、何しよっかな‥‥

 久しぶりにジックリ音楽でも聴いてみっか。えーっと、こんな日にピッタリのレコードは‥‥あ、あれにしよ♪ 2秒で決まった。キース・スウェットの1987年の大ヒットアルバム「Make It Last Forever」。これを選んだ理由?「IN THE RAIN」が入ってるから。はははは、単純だね(笑)もともとは70年代の前半に「ドラマティックス」がヒットさせた曲だけど、いろんな人がカバーしてるからご存知の方も多いだろう。この曲大好きなんだ。イントロは雨音。遠くで雷が鳴っている。曲が流れ出す。

middle_1140948534.jpg

I don't wanna cry
I don't wanna cry
I'm goin' out in the rain

I wanna go outside in the rain
It may sound crazy
But I wanna go outside in the rain

Now I think I'm gonna cry
Now I don't want you to see me cry

 考えようによっては「上を向いて歩こう」っぽい? けどかなり女々しいね。女々しさ100倍だね。でもそこがソウル・バラードなんだね。

middle_1140948669.jpg

 次にレコード棚から取り出したのがコレ。1974年のスティーヴィー・ワンダーのアルバム「Fulfillingness' First Finale」。スティーヴィーは晴れ渡った快晴の日より、曇ってたり、今日のように雨の日の方がシックリ来る。今回あらためてパーソネルを見ながら聴いてみた。ギターはマイケル・センベロだし、ジェイムス・ジェマーソンはアコースティック・ベース弾いてるし、コーラスにはデニース・ウィリアムスとミニー・リパートン、えっ? ポール・アンカやジャクソン5の名前まで並んでるじゃないか!‥‥特に「Creepin'」でのミニー・リパートンの絡み方にはゾクゾクする♪ でもねぇ、やっぱりスティーヴィーの才能の前にあっては彼らも所詮パーツの1つに過ぎないんだな。スティーヴィーよ、なんでこんなにカッコ良くクラヴィネットを弾く事ができるんだ。シンセ・ベースの音色とフレーズは後のミュージシャンに大きな影響を与えたけど、スティーヴィーのベースには何か特殊なパワーを感じる。そしてドラム。巧いわけではないがスティーヴィーの曲に最もピッタリ来るのはやはりスティーヴィー自身が叩くドラムなんだよなぁ。メロディーとリズム・アレンジ、そして「どうやったらこんな音が頭の中で響くの?」と驚いてしまう和音のつけ方。音数は決して多くないんだけど、密度の濃さが圧倒的だ。ただひとつ残念なのは僕の英語力の至らなさ‥‥詞を充分に味わう事ができない‥‥。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

ゴーくん♪

 今日の日記は早い時間に書いております。なんと「アヴァンティ」を聴きながらね。今日のアヴァンティのテーマは「お風呂」。最近「岩盤浴」やら「○○浴」やら「○○浴」やらが話題になってるもんね。はははは、実はあんまり詳しくない(笑)おっ、今日はトリデさんとミナミしゃんが出てる。ミナミしゃんとの混浴妄想を膨らませるトリデさん。あ、トリデさんまた殴られてる‥‥「豪くん」え?「剛くん?」 ごめんなさい。これを読んでる人には何の事だかサッパリだね(笑)

middle_1140858499.jpg

 さて、今日はナゼこんな早い時間に書いてるかと言うと‥‥明日スキーだから♪ 今夜はできるだけ早寝して睡眠時間を充分とってレッツ・ゴーなのだ。さっき道具を並べてチェックもした。準備オッケー! 問題は天候だな。ちょっと気温が高いんだよね。ゲレンデの雪はシャビシャビかなぁ‥‥いや、それより問題は今夜眠れるか‥‥だな(笑)就寝予定時刻は22時。慌てて日記を書くほどの事でもなかったような気もする‥‥

※明日のスキーは「雨の確率高し」のため中止※
(午後10時追記)
orz
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

ジョンソン兄弟

middle_1140783657.jpg

 いささか唐突ではありますが、今日はこの2人について書かせていただきます。彼らは「ブラザーズ・ジョンソン」というミュージシャンであります。1970年代から80年代にかけて、アメリカの西海岸を拠点に大活躍した兄弟であります。左の兄ジョージはギターとヴォーカル、右の弟ルイスはベースとコーラスを担当しておりました。それにしてもなんと素敵な御髪(おぐし)でしょう♪ 惚れ惚れいたします。僕は中学生の頃「大きくなったら絶対アフロにする」と決めておりました。大きくなったら‥‥の「大きく」が何歳頃なのかは特に決めておりませんでしたので、40を過ぎた今でも、もしかしたら「今から美容院に行ってアフロにしてくる」と言い出すやも知れません。

middle_1140783704.jpg

 しかし、なんというカッチョ良さでしょう♪ 70年代のアメリカの黒人達の体臭が漂ってきそうじゃございませんか? はだけた胸。大胆な柄の衣裳。思っきしのベル・ボトム。そしてアフロ・ヘアーでございます。「ファンキー」としか言い様がございません。彼らが繰り出す音楽もまさに「ファンク」そのものでございました。ただ、他のファンク系ミュージシャン達より少し洗練された雰囲気を漂わせていたのは、彼らがクインシー・ジョーンズと言う大プロデューサーの秘蔵っ子としてデビューした事によります。彼らの特徴は1も2もなく弟ルイスの正確かつ破壊力抜群のベース。それもチョッパー奏法にあります。お兄さんには悪いんですが、もし兄ジョージが一人っ子だったらデビューはなかったでしょう。

 彼らが最も光っていたのはデビューからの数作だけで、その後クインシーの元から離れセルフ・プロデュースをし出してからは迷走を始めてしまいます。噂によると兄弟仲が悪く「ブラザーズ・ジョンソン」という名前でありながら、弟抜きのライヴをやったりしていた時期もあったようです。さらに噂によると弟ルイスは日本人女性と結婚し、数年前まで大阪に住んでいたらしく、数々の目撃証言も目にいたしました。さらに噂によるとかなり恰幅(かっぷく)の良い体形になられ、かつての「野性味たっぷり」の印象は微塵もなかったと‥‥ちょっとおセンチになっちゃいます。

middle_1140783743.jpg

 さて、そんな彼らの代表作と言えばこの辺りのアルバム。という事になりますかね。1番左は彼らの記念すべきデビュー作「Look out for #1」。どこか怪しげでクールなファンクでございます。まさにクインシーの世界です。兄はレスポール、弟はプレジョンを構えて写っております。
 真ん中のアルバムは「Right on Time」。デビュー作よりファンク的要素が強いようにも感じますが、これもたまんないです。腰が黙っちゃいません。この時には兄がテレキャスター、弟はメーカーはわかりませんがスルーネックのカッコいいベースを持って写っております。
 右のアルバムは「Blam!!」。実は僕ピクチャー・レコードで持ってます。ちょっと自慢です。ピクチャー・レコードと言うのは文字通りジャケットの図柄がプリントしてあるレコードの事です。ジャケットのイラストもめっちゃカックいいです! サウンドの方も期待を裏切らないファンクっぷりです。

 この3枚はどれも超絶に良いですっ! ドロッドロのが好きな人や、エロさやエグさをお求めの貴兄にはちょっと物足りないかもしれませんが、ファンク入門者や、クインシーや昔のマイケル・ジャクソンが好きな方には自信を持ってお薦めできます。是非ッ!

 あぁ~、ブラジョンの全盛期に1度も彼らをナマで観てない事が悔やまれます。噂によるとルイスはベース・ソロの途中で弦は切るし、おまけに失神までするサービスっぷりなんですよ! 観たかったなぁ~ ルイスの失神!!!!! そんなの観れたら失禁しちゃいそうです。いやむしろ失禁上等です!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

イメージ・トレーニングだけは充分です

 しまった! こんな事ならいつものように「筋トレ」と「ストレッチ」をやっとくんだった。今シーズンもゲレンデとは無縁の冬を過ごす事になると思ってたので、完全にサボっていた。筋肉は落ちてるわ、関節は硬いわで、こりゃマズいぞっ!

 実はへるまんさんが「次の日曜日スキー行かない?」と誘ってくださった。「行く行く! 行かせてください! お供しますっ!」と即座に答えて、細く痩せてしまった太ももを見た。あぁ‥‥2、3本滑ったらガクガクかも‥‥さっそくストレッチとスクワットを開始するヒゲ。今からやっても日曜に間に合うわけない(苦笑)むむむ‥‥筋力不足は否めないが、まっ仕方ないね。ケガにだけは気をつけます。

middle_1140694846.jpg

 そして今度は押し入れから「教則ビデオ」を取り出し、デッキにガチャン。ふむふむ、板はこうやって付けるのね。そして板を「ハの字」にして止まる‥‥なるほどねぇ。おいおい、そんな基本から勉強するの? はい。何事も基本が大切。なにしろ2年のブランクがあるのですから。

middle_1140694886.jpg

 でも、連日トリノの白い斜面を眺めているので、イメージ・トレーニングだけは充分です。けどオリンピック種目には、僕がやっている「スキーボード(ファンスキー)」がないんだよねぇ。それどころかスキーボード人口自体かなり減ってきてるんじゃないかなぁ‥‥去年の暮れにスポーツ用品店に行った時に、売り場を見てみたら一時に比べて品数が少なくなってるような気がしたんだよね。以前は「スキーボード用」のブーツ売り場があったんだけど、それも無くなってたし‥‥あ、でもその反面、以前は手に入れるのが難しかった「開放ビンディング」を標準装備した板が並んでたなぁ‥‥う~ん、どうなんだろう? 皆さんはスキー派? スノーボード派? スキーボード派? ソリ派? そんなのやんない派?
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

鶴丸マッチ

 僕のお気に入りのポッドキャスターさんでもあり、いつもこのブログにコメントをくださっているmokomokoVoiceの鶴丸さんが「バタバタ状態」のため、しばらくの間ブログやボイス・ブログの活動をお休みされる事になったようです。寂しくなりますが1日も早い復帰を願って、この写真をアップいたします。

middle_1140601781.jpg

 炎が灯っている間だけ笑い声が聞こえてくると言う不思議なマッチです。このマッチを全部使い切るまでに帰ってきてくださいね!

 それはそうと‥‥気付いたらFredioの「リスナー数」が4桁になってました。も~アカンて。よ~けぇ過ぎて実感が持て~へんやん(つい僕の出身地、岐阜県東濃地方の「東濃弁」が出ちゃったやん)しかしっ、ここまで来ればもう充分に合格点達成です。これからは「新規リスナーの獲得」なんか気にしないようにします。時々はガツガツするかもしれないけど(笑)‥‥おいおい
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

土壇場の大騒ぎ

 最近ネット上で「PSE」とやらに関する記述を多く見かける(狂牛病の事ではないよ)。掲示板やコミュニティー、個人のブログなどに非常に長ったらしい文面がコピー&ペーストされ、場合によっては事実とは異なる「尾ヒレ」がつけられ、ヒステリックな内容であることも多い。「チェーン・メール化してしまうので迂闊に引用しないように」という書き込みも見かけるが、あまり効果があるようには感じられない。

middle_1140521813.gif

 では、今回騒ぎになっている「PSE問題」とはいかなるものか、僕もつい最近知ったので正確に把握しているわけではないんだけど「電気用品安全法」という法律に反対する人たちが抗議運動を始めた。という事らしい。じゃあ「電気用品安全法」がどんな法律かと言うと「安全性が保証されていない電気製品を売らないようにしましょう」と言う感じの物で、実は1999年に改正され、2001年から施行されているんだそうだ。ただ、いきなり「売るな!」というのでは市場が混乱するから5年の猶予期間を置いて今年の4月から本格的に取り締まりますよ。という事だったらしい。

 全然知らなかったんだけど実は2001年以降、安全性を確認できた電気製品には「PSEマーク」が付けられているんだそうだ。で、今年の4月以降はその「PSEマークの付いてない製品を売るべからず」と‥‥「な~んだ、何も問題ないじゃないか」そう思ってしまいそうだけど、問題は2001年以前の製品は、たとえ安全性に問題がなくても売る事ができない。という点なんだね。市場で売り買いされているのが新品の製品だけならそれほどたいした問題ではないんだろうけど、世の中には「中古」あるいは「ヴィンテージ」と呼ばれプレミアがつくほど貴重で高価な製品をやり取りしている市場があるのです。こりゃ中古品を扱っている業者にとってみれば死活問題。

 特にオーディオや楽器関連は中古品の需要が多い。古いアンプやエフェクター、ギター、ベース、キーボードなど、もう作られていない「幻の名器」を手に入れるには中古品を買うしかない。その中古市場が「売っちゃダメよ」と言われちゃったワケだね。どうやら「買い取り」は合法だけど「販売」はダメらしい。あと、業者はダメだけど個人間の売買ならオッケーなんだって。どうやらこの法律が作られた背景には「安全基準を満たさない粗悪な商品」を中古品として販売する連中の存在があったらしい。

 う~ん。困ったもんだね。坂本龍一や高中正義らが音頭を取って「署名活動」まで始まっているみたいなんだけど、でもさあ、不思議なのは7年も前にできた法律なのにナゼこの本格施行ギリギリの時期になってこんな騒ぎになったんだろう‥‥? その辺りの事がこのページに書いてあるので、興味を持った人は読んでみてね。いやしかし、物事は「いろんな角度から眺めなきゃいけない」という事を実感しますなぁ。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

草を食べています

 最近マウスの調子が悪い。時々気を失う。USBケーブルを抜いて差すとしばらくの間は働いてくれるのだが、すぐまた気を失う。他のUSB端子につないでも同じ症状が出る。つまり端子に問題があるのではなく、マウスもしくはOSにトラブルが起きていると言う事だ。あぁ、またお金が飛んで行きそうな予感‥‥。

middle_1140448537.jpg

 さて、マウスの次は「羊」のお話。一昨日の日記にも書いたポップルさんの最新動画作品が遂にアップされた。以前、おザわ君と大桃君がFredio(Wired Planet 04)に出てくれた時に話していた「子守歌的ポッドキャスト」を更に発展させた‥‥というか、暴走させたような作品だ。あいかわらずオモシロい! タイトルは「羊と鳥」

「羊が 草を食べています」

で始まる
「童話のような世界」
‥‥かと思いきや‥‥

 タイトルからもわかるように羊と鳥が登場します。ナレーションも入りますが、配役がコロコロ変わります。あれっ? おザわ君さっきまで鳥役だったのに羊としてしゃべり始めた。あれっ? 大桃君さっきは鳥役だったのにナレーションもやるの? その前にこれってセリフなの? ナレーションなの?‥‥はたして計算なのか、それともアドリブか‥‥「いかにもポップルさん」な作品だ。まだ観てない人は今すぐポップル・ピープ・プロダクションズさんのサイトへGO!!!

 さて、その作品の次にアップされたのが、一連の「謝罪シリーズ」への感謝コメント(画像つき音声)だった。ま、僕と鶴丸さんへの感謝の言葉が述べられていたのは想定の範囲内だったんだけど、なんと「マダムさん」への犯行予告メッセージが‥‥マダムさーん! たいへーん! 今すぐ荷物をまとめて逃げないと、次はマダムさんのところに白羽の矢が飛んで行きますよっ!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

76本/10時間

 どうやら昨日の23時台後半に、このブログの総アクセス数が3万に達したようです。残念ながら「キリ番」を踏んだのがどなただったのかは闇の中ですが、いやいや「めでたいめでたい」皆さんどうもありがとうございます♪

middle_1140349771.jpg

 今日はネットラジオFredioにまつわる「数字」について書きます。まずは現在のランキングが124位。リスナー数は964人。なんと17日間で255人増えました。1日あたりに換算すると‥‥えーっと、電卓電卓‥‥毎日15人ずつ増えた事になります。ちょっとビビります。でも問題はリスナーの数よりコンテンツの内容ですよね。うんうん。

 で、2005年5月の発足以来Fredioが配信してきた番組を数えてみると、全部で76本。目がパチクリしそうな数です。でもさすがにmp3ファイルだけあってデータの総量は221MBに過ぎません。その上、番組1本あたりの時間が短いので、すべての番組を合計しても10時間にしかなりません。仮に1日1時間ずつ聴くと、10日間で過去のすべての番組をチェックできると言う事です。

 新しくFredioのリスナーになってくださった方には、できる事なら「過去の番組も聴いていただきたいなぁ」と思っていたので、過去の番組を全部足すとどのくらいになるのかがずーっと気になっていたんですが、あらためて調べてみたら思ったほどのボリュームではなかったのでひとまず安心しました。「何言ってんだっ! ネットラジオごときに何時間も使えるかっ!」という声が聞こえてきそうですが、耳をふさいでるので一切聞こえません(笑)
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

謝罪してください

 この度、わたくし「ひげフレディー」の念願が叶い、他のポッドキャスターさんの番組に出させていただきました。ただし「謝罪」をするために‥‥いえ、僕は何も悪い事はしていませんよ。ホントですよ。ホントですってば。頼まれただけなんですってば‥‥!

 このブログでも何度かご紹介させていただき、またFredioの「Wired Planet 04」にもゲストとしてご出演いただいた事もある、人気のビデオキャスト「POPPLE PEAPE PRODUCTIONS」さん。

middle_1140257820.jpg

 皆さん既にポッドキャスト登録をして楽しんでいらっしゃる事と思いますが、実はそのポップルさん、パソコンのトラブルのため「配信予定だった作品がアップロードできない」という窮地に立っておられました。で、ポップルさんのメンバーが1人ずつ日替わりでそのことに対する「謝罪番組」を連日配信なさっていたのですが、遂に‥‥と言うか、なぜか‥‥と言うべきか、僕の所に白羽の矢が飛んで来たのです。昨日のポップルさんの番組の中で「ひげさんも謝罪してください」と呼び掛けられてしまったのです。「謝罪の音声データを送ってちょーだい。明日配信します。」‥‥ん?‥‥何ですか? この急展開は‥‥いったい‥‥何ですか?

まさに「とばっちり」です。

 しかしっ! ひげフレディーも男でございます。普段からリスペクト申し上げているポップルさんから「頭を下げてくれ」と言われたんです。こんな頭で良ければいくらでも下げましょう。と、早速メッセージを録音し、送りましたとも。そしてその数時間後‥‥本日未明の事です。その「謝罪メッセージ」は配信されました。やっぱりポップルさんは只者ではありませんでした。実に見事な編集です「恐るべしポップルさん」です。僕も謝った甲斐があったというものです。

 そして明日はmokomokoVoiceの鶴丸さんの「謝罪メッセージ」が配信される事になりそうです。「これは聞き逃せませんぞぉ」

●ここからはホントの「謝罪メッセージ」です。ここ数日、僕がFredioで使っている「seesaa blog」のサーバーの調子が悪いようで、何度も何度もメンテナンスが入っています。明日(2月19日)のAM3:00~9:00にもメンテナンスの予定が入っていますので、その時間帯にはアクセスできなくなります。ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんが、何卒ご了承ください。

●昨日も書きましたが、このブログのアクセス・カウンターがもうすぐ3万に達します。コメントをお寄せくださる方は、どうか「ご自分のお踏みになられたカウンター数」をお書き添えくださいませ。運が良ければ何か良い事があるかもしれません♪(この分で行くと「3万達成」は明日の午前中あたりかな‥‥)
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

ハッキリしてる!

 今回からオリンピックの競技種目に加わった「スノーボード・クロス」を昨夜から今日にかけて観てたんだけど‥‥これはおもしろいっ! まるで「Xゲーム」を観てるみたいだ。いや、この競技は前に「Xゲーム」で観た事があるぞ。

middle_1140179503.jpg

 しっかし「スノーボード・クロス」って、僕が小学生の頃大ブームになった「ローラーゲーム」を思い起こさせてくれるなぁ。ローラーゲームはプロレスのようなショーアップされた競技だったけど、さすがにオリンピック競技のスノーボード・クロスではエルボー・アタックもムーン・サルトも飛び出さない。前にXゲームで観た時は、コースが途中で二股に分かれていたりして、もっと娯楽性がたっぷりだったけど、今回のオリンピックのコースはストイックというかシンプルというか、単純にスピードを競うスタイルだった。ま、オリンピックなんだから当たり前なんだけど(笑)

 僕は今回のオリンピックで気付いたよ。フィギュア・スケートとかスキー・ジャンプとかモーグルとかハーフ・パイプ、夏の競技で言えばシンクロナイズド・スイミングとか体操競技などにイマイチのめり込めないのは、それらが「採点競技」だからなんだな。僕は勝ち負けがハッキリしている競技が好きなんだ。ある意味「うらやましい」んだと思う。僕のデザイナーという職業は「勝ちか負けか」の結果が出ないのが当たり前。フラストレイションのたまった僕にとって「スノーボード・クロス」は胸の空く競技だった。

 あ、そうそう。ブログのアクセス・カウンターがもうすぐ3万になろうとしています。ありがたい事です。今まではキリ番ゲットの方々にオリジナルTシャツや、オリジナル・グラスをプレゼントしてきましたが、今回は‥‥実は何にも考えてません(笑)
 けど、30000前後の数字をお踏みになられた方は是非コメント欄に「ご自分の踏まれた数字」を書き入れていただきたいと思います。カウンターはサイド・バー(→)の中ほどにあります。よろしくお願いします。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

ジャンプ&演歌

 どうしてオリンピックには「女子スキージャンプ」がないんだろう? 選手人口が少ないから? ま、そのうち競技種目に加わるだろうから、それはいいとして‥‥ずっと腑に落ちなかったのはジャンプ競技の勝敗が飛距離だけでは決まらない事だ。「より遠くに飛んだ者が勝ち」じゃダメなの? 姿勢が崩れたとか着地が奇麗に決まらなかったとか、そんなのどうでもいいじゃないか。たとえば大リーグにはメチャクチャなフォームでヒットをバンバン飛ばす選手がいくらでもいるじゃないか。「今のホームランはフォームが悪かったからノー・カウントね」って、そんな競技おもしろくないよ。

 もしフォームを云々(うんぬん)したいのならいっそ「スキージャンプ・フィギュア」という種目を作って、そこで競えばいいのだ。それこそ例の「スキージャンプ・ペア」というCG作品みたいに、2人で飛んでも良いし、やれ「体重が足りない」とか「身長が足りない」とか「服が大き過ぎる」とか言ってないで、いっそジュディ・オングみたいに羽を広げてグライダーみたいに飛んでも良いではないか。いやっ! もうこの際オリンピックの場で「鳥人間コンテスト」をやっても良いんじゃないか。と‥‥。

middle_1140085550.jpg

 話はガラッと変わります。iTunes Music Storeの「ミュージックビデオ」を散策していたら「演歌」というジャンルに1本だけエントリーがありました。歌川二三子の「Yumejinsei」という曲です。

 さっそく「PREVIEW」ボタンを押して観てみました。「まさに演歌!」という内容で、映像もどこかのローカルテレビ局が深夜枠に放送してる演歌番組の1コマのようです。目新しさは一切ございません‥‥がっ! それがiTMSのミュージックビデオ・カテゴリーの中にある。という事がおもしろいのです。しかも演歌部門ではこの1曲だけなんです。独占状態です。独走中です。今もっともトレンディーなインターネットの大海を演歌シンガーとしては彼女ただ1人が飛び魚のごとく泳いでいるのです。辛い事もあったでしょう。悲しみに泣き暮れ、お酒に沈んだ夜もあったでしょう。しかしその彼女が今、時代の最先端を突っ走っているのです。愉快じゃございませんか。いかがですか? このビデオは1曲300円でダウンロード可能となっておりますよ♪
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

東ティモール・コーヒー

 2005年の8月から9月にわたってFredioの「徹子の部室/音楽交流部」と「ボクらの音楽室/01 ~sadam生演奏 & ライブ告知~」に出演してくれたsadamくんの、去年7月25日のblogに「ティモールコーヒー」の話が書かれていて、それを読んで以来ず~っと「飲んでみたいなぁ」と思い続けていた僕。

middle_1139998237.jpg

 そんな折りも折り、最も古くからのマイミクさんが、ナントなんと東ティモール産のコーヒーを送ってくださった。「おおおおおっ! こ、これが噂のアレかぁ‥‥」sadamくんは豆から挽いて飲んでるみたいなんだけど、今回いただいたのは既に粉になってるやつ。僕は決して「コーヒー通」ではないので、豆にこだわったり道具にこだわったりはしないんだけど、作法にはコダワリがある。たとえ安い豆でも作法を守ると美味しくなる‥‥ような気がする(笑)

middle_1139998276.jpg

 まず、粉を入れる前に紙フィルターにまんべんなく熱湯をかけてやる。漂白紙を使ったフィルターの場合、お湯がかかると「シュワ~」っと細かい泡を出す。そしてその泡はちょっと刺激臭がする。つまり、フィルターにお湯をかけずにコーヒーを入れると、この刺激臭がコーヒーに混入してしまうわけね。うんうん。これじゃ美味しくならないね。実は僕、最近は「無漂白」のフィルターを使っているのでホントはその必要はないのだけど、漂白フィルターを使っていた頃のクセで今でもやっている。これは絶対やった方が美味しくなるよ。

 あとは「蒸らし」だね。まず粉にお湯をチョロチョロっと注いで20秒ぐらいそのままにしておく。すると粉全体に蒸気が行き渡る。「気持ちえぇわぁ~ えぇ湯加減やわぁ♪」と粉が油断している所にジョロジョロジョロっとお湯を注ぎ込んでやる。一気にドバっと入れてはいけない。粉の表面に生まれた細か~い泡を壊さぬよう優しく注いでやる。

middle_1139998316.jpg

 最後に「水」について。これはコーヒーに限った事ではないが、僕は飲み物や料理に使う水はできるだけダイレクトな水道水を使わないようにしている。どうしているかと言うと「磁化杯」というポットを使っているのだ。どんなポットかと言うと‥‥それは‥‥よくわかんない(笑)どうやら「美容と健康に良い」との評判で中国で大ブームになった物らしい。仕組みや効能についてはよくわかんないんだけど、このポットに数時間入れておいた水と、蛇口から出したばかりの水道水を飲み比べてみると違いがハッキリわかる。一口で言えば「角が取れている」のだ。もしかしたら磁化杯を使わず、普通のポットに入れておいても同じような変化があるのかもしれないけど、とりあえず僕はこれを愛用している。

 さてさて、前置きが長くなってしまったけど「東ティモール・コーヒー」美味しかった~♪ なんかねぇ、野性的なんだけど暴力的ではなく、僕好みの味だった。僕は酸味の強いコーヒーが苦手で、どちらかと言うと「焦げた風味があって甘味もある」そんなコーヒーが好みなんだけど「東ティモール・コーヒー」は甘味は薄いけど、その分「木と風と太陽」な風味が漂っていて、そーだなぁ‥‥「ボーイッシュでスポーティーな40代の女性」「好きなブランドは“パタゴニア”」って感じかな? わかりにくい? ま、とにかくそんな感じですよ(笑)美味しいコーヒーをありがとうございました! 今からもう1杯入れて飲みま~す♪
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

目の色が変わる話

 ナイキとボシュロムが「アスリート向け」に使い捨てタイプの「カラー・コンタクトレンズ」を開発し、販売しているらしい。色は「アンバー」と「グレーグリーン」の2色。

middle_1139917393.jpg

 ま、簡単に言えば「目に入れるサングラス」って事なのだろう。紫外線などをカットするという意味ではサングラスよりは確実に機能するだろう。レンズの色によって特性が違うらしく、オレンジ色っぽい「アンバー」は野球やテニスなどに向いていて、緑色っぽい「グレーグリーン」はゴルフなどに向いているそうだ。あ、もしかしたら今回のトリノオリンピックでもこのコンタクトレンズを使っている選手がいるかもね。考えてみたらサングラスやゴーグルを着けてやるスポーツって多いよね。マラソン、スキー、スノーボード、スピードスケート、水泳などなど‥‥あと何年かすると野球選手やテニスの選手は全員赤い目になってしまうのかもしれないね。恐ろしい‥‥悪魔にとりつかれた人みたい。まさに「目の色を変えて頑張る選手達」ってやつだ。いや~うまい事を言うねぇ。

 僕は考えた。マバタキをしなくてもいいコンタクトレンズとか目薬を開発したらアスリートの皆さんが飛びつくんじゃない? 0.001秒で勝敗が決まる種目では、たった1度のマバタキが運命を分ける事だってあり得るし、強風の中、目を開けたままでいられるのなら、スキーやスノーボードもゴーグル無しでオッケーだ。視界が一気に広がるしゴーグルの日焼け跡を気にしなくても良くなるよ。どーよ?

 もう一つ考えた。水中でもクッキリ見えるコンタクトレンズってどう? 水泳選手やシンクロナイズド・スイミングの選手が泣いて喜びそうじゃない? あ、それから海女さんも(笑)

 調子に乗ってもう一つ提案するなら、望遠ズーム機能付きコンタクトレンズってどうだろう‥‥ライフル射撃の選手にお薦めよ。

 ‥‥って、そこまでやるとさすがに「やり過ぎだよ」と言われそうだけど、ドーピングのリスクを背負ってまで勝とうとする選手が後を絶たないんだから、誰か1人が導入すればきっと一気に広まるだろう。もしかしたら何年か後、ドーピング検査に「目薬の成分チェック」や「コンタクトレンズのチェック」という項目が加わるかもしれないね。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

寺子屋(2)

 本日は2月1日に続き、Q&Aシリーズの第2弾です。今回はちるにーさんから寄せられたご質問にお答えします。

【質問】

 ネットショップに載せる画像にウォーターマーク(透かし)を入れたいのですが、作り方がわかりません。AssistOnの商品画像についてるような、あれです。
 Photoshopのコミュで調べたら『作ったlogoにレイヤースタイルを好きに使ってから、塗りを0%にそれから写真に乗せて不透明度の調整。試してみてね 』と書いてあったのですが、なにぶんシロウトでこれではわからず・・・(^-^;

【回答】

middle_1139837527.jpg

AssistOnの商品写真はこんなふうに商品写真の上にうすく透かしでロゴマークが入っています。きっと写真を無断転用されないようにこうしてるんでしょう。「透かし」はロゴを乗っけるだけでなく、何枚もの写真を重ねた時にも使えます。メッチャ簡単なのに「お、カッコいい!」と思わせる事ができるので覚えておくと便利です。

 では作業に入ります。まず写真とロゴをご用意ください。ロゴはスキャンした画像データでもIllustratorのデータでもオッケーです(イラレのデータをコピーしてフォトショップにペーストするだけで画像データに変換されます)。

 ではPhotoshopを立ち上げて写真を開きましょう。次はそこにロゴをコピー&ペーストします。すると自動的に「新規レイヤー」が作られ、ロゴは新規レイヤーに配置されます。ここまではオッケー? あとはロゴのレイヤーの「不透明度」を好みの数字に下げてやれば作業完了です。(↓参照)

middle_1139837610.jpg

「不透明度」を変えるには数字を直接打ち込んでも良いですし、数字の横の▲をクリックするとバーが出てくるので、それを左右に動かしてもオッケーです。

 以上! ほら簡単でしょ?

 あ、そうそう。上のAssistOnのロゴは立体的になってますが、もしこんな感じにしたいのであれば、あらかじめ影をつけた立体的なロゴを作っておく必要があります。それからこれは補足のTipsなんですが「不透明度」の左隣りの「通常」と書いてあるプルダウン・メニューにはいろんな選択肢が隠されているので、ここをいろいろ変えてみると面白い効果が出る場合があります。お試しあれ!

 もしかしたら上に挙げた以外のもっと良い方法があるかもしれませんし、この作業をクリック1発でやってのける便利なプラグイン等が出ているかもしれませんが、とりあえず僕はこの方法でやってます。お役に立ったでしょうか? 素敵なショッピング・サイトができるようお祈りしております。ではまたっ!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

僕のアンテナ

 観てます。オリンピック。ジャンプの原田、体重が足りず失格。モーグルの日本女性陣メダルならず。今、フィギュアスケートを観てますが、最近は女性選手のコスチュームもパンツ・ルックが増えてるんですね。個人的には大歓迎です!

middle_1139736906.jpg

 ミニスカひらひら~ パンツもろ見え~ みたいなの僕嫌いです。いや、ホントは好きです。大好きです。どっちやねん! いえ、春一番の強風でスカートがめくれ上がって「あ、パンティー見えちゃった♪」みたいなのは大好きです。けど、僕はいつも女子のフィギュアを見ていると消化不良ぎみなイライラを感じてしまいます。滑ってる本人は決してそんなつもりじゃないんでしょうが、僕のエロ・アンテナは勝手にエロ・ビームをキャッチしてしまいます。あの光景を曇りのない目で100%「健全なスポーツ」として観戦できる男になりたいものです。もしかして僕のアンテナって「男子中学生並み」なのでしょうか? いっそ全裸で滑っていただいた方が純粋な目で観れそうです。いやっ、それはないな(笑)
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

トリノ!

 ついに開幕したねぇ。冬季オリンピック。僕なんかまるで「パブロフの犬」みたいに「白い斜面」が映るだけでウキウキしちゃうもんなぁ。やっぱり冬季オリンピックはヨーロッパがいいね。雰囲気がさ。いい感じだもん。おまけに今回はイタリアだよ。憧れの国イッターリア。デザインの国イッターリア。そりゃも~開会式ファンの僕としては手ぐすね引いて準備万端で、深夜4時からの中継に備えましたとも。放送前にはちゃんと3時間の仮眠までとったもんね。

middle_1139655052.jpg

 僕が冬季オリンピックに興味を持ったのも、開会式ファンになったのも、1992年にフランスで行なわれた「アルベールビル冬季オリンピック」がきっかけだった。独自の美学に彩られたオトナな開会式だった。そして今回の開会式にもアルベールビルの影響を随所に発見できた。ただ、そこはイタリア。なんかねぇ、フランス以上にラテンな感じなんだね。フランスは耽美な美しさがあったんだけど、イタリアはねぇ‥‥言葉にするのが難しいなぁ‥‥まぁ↓の写真がすべてを物語ってるかな。

middle_1139655085.jpg

 今回の開会式で最もインパクトのあったシーンはやっぱコレだよ! 式全体に「炎」のイメージが強かったんだけど、これはそれを強烈に象徴している。決して理屈っぽくなく、力強く、カラフルで、カッコ良くて、熱くて、クール! あぁイタリア人に生まれたかったなぁ‥‥。ま、僕的にはやっぱりアルベールビルの開会式の方が好きだけどさ(笑)

 しかし、ステージ上をフェラーリのF1カーが独特の金属的な爆音を響かせてギュインギュイン走り回ったのには驚いた。今回は工業の街トリノという事で随所に工業的なモチーフがちりばめられていたけど‥‥けどさぁ、トリノなのにフェラーリって‥‥う~ん。トリノはやっぱりフィアットでしょ! まるでホンダのお膝元の鈴鹿で行なわれた「鈴鹿オリンピック」にトヨタのクルマが登場したようなもんだもんなぁ‥‥まっ、しょーがないか。バルケッタが走るよりフォーミュラ・ワンの方がインパクトあるもんね。

 さぁ、競技の方も楽しみだ。ヨーロッパの、イタリアの、トリノの白い斜面を堪能させていただくとしよう♪
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

雑記

 え~、昨日は日記サボらせていただきました。体はいたって健康ですし、仕事は悲しいほど暇なんですが、なーんとなく書きたくなかったんですよ。いや、決してネタが切れたわけじゃないんですよ。書こうと思えばいくらでも書く事はあるんですよ。でもなーんかねぇ‥‥筆をとる気にならなかったんですよ。昨日テレビをつけたら衛星で「アラビアのロレンス」やってて、食い入るように観始めたんですけど、なーんか途中で疲れちゃってね。で、ギヴアップしちゃいました(笑)そーゆー時ってあるでしょ?

middle_1139564245.gif

 今日、このブログのアクセス数を見てみたら、最近は1日100前後あったアクセスが昨日は44人。お~ぉ、僕のバイオリズムとシンクロしてるじゃん! そーなんだよね~。きっとみんなもそーだったんだよ「そーゆー時ってあるよね」みたいなシンパシーをビンビンに、かつ勝手に感じて、実はちょっと嬉しかったりしたのはここだけの話です(笑)

 3日前の日記にも書いたので「も~その話はい~よ」と言われそうだけど、Fredioのリスナー数がいまだに勢いよく増え続けています。その推移を見てみると

2月2日(木)709人

2月4日(土)733人
(2日間で+24人)

2月7日(火)779人
(3日間で+46人)

2月10日(金)831人
(3日間で+42人)

 8日間で122人ものリスナーが増えちゃいました。これはちょっと怖いぞ。だってこの数字はアクセス数ではなく、ポッドキャストの「購読登録」をしてくれた人の数だもん。たまたま検索で引っ掛かってサイトを見に来た人の数ではなく、Fredioを気に入ってくれたか、もしくは興味を持ってくれた人の数って事でしょ? しかもニフティーのPodfeedを使って登録してくれた人だけでこの数だもん。実際にはこれにiTunes Music StoreのPodcastカテゴリーから登録してくれた人と、FredioのRSSをダイレクトに登録してくれた人の数が(どれだけいらっしゃるかはわかりませんが)プラスされるわけでしょ? ひえ~っ! いったいFredioの「どこ」が面白いんだろう‥‥?
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | ポッドキャスト/ネットラジオ | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

回し者

 iPod nanoに1GBモデルが追加され、iPod shuffleが値下げされたようです。

●iPod nano
・1GB ¥17800 ・2GB ¥21800 ・4GB ¥27800
●iPod shuffle
・512MB ¥7900 ・1GB ¥11900

 さぁ、どれを選ぶ? どれが買い? まぁ、それは人それぞれだぁね。「そんなんいらねぇ」って人もいっぱいいらっしゃるでしょう。じゃあ、質問を変えて「今度のヴァレンタインデーに彼にプレゼントするならどれ?」

 もしも彼が既にiPodまたは他のMP3プレーヤーのユーザーなら別の物をプレゼントしましょう。もしも彼がパソコンを持っていないのなら別の物をプレゼントしましょう。もしも彼に「これが欲しいなぁ」というお目当ての品があったら、それをプレゼントしましょう。もしもアナタが既にプレゼントを決めているのなら、それをプレゼントしましょう。

以上に当てはまらない場合はズバリこれっ!

middle_1139398931.jpg

 えええええ~? いまどきシャッフル~? 曲目も表示できないし、写真も見れないし、ビデオキャストも楽しめないじゃ~ん‥‥ はい。だからシャッフルです。よく考えてみてください。iPodは超人気商品です。にもかかわらず、今までそれを持たなかった彼です。特に音楽が大好きってわけでもない彼です。「ポッドキャスト? なにそれ」てな彼です。だからこそshuffle! なんならアナタがお気に入りの曲をいっぱい詰め込んであげましょう。デートのクルマの中で聴きたい曲をチョイスしてあげましょう。そして季節ごとに曲を入れ替えてあげましょう。流行に無頓着な彼も「iPod」という名前くらいは知っているはず。「へぇぇ、これがアイポッドっちゅうやつかぁ」「明日、会社のみんなに自慢してやろっと」とマンザラでもない笑みを浮かべてくれるかもしれませんよ。

 ヴァレンタインデーまで1週間に迫ったこの時期に「プレゼント何にしよ~?」と、悩んでいる方にはお薦めです。Amazonならギフト用のラッピングもしてくれますしね♪ っておいおい。お前はAppleとAmazonの回し者か? ん~ん‥‥まぁ、そんなところです(笑)
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする