2004年06月30日

えっ? チロル…くれるの?

 DJロマネスクは日記にコメントを書いてくれた人に「チロルチョコ」をプレゼントする。と公言していたが、なんと今日わが家に現れたロマの手にはチロルチョコが…。てっきり「ホラ」だと思っていたが本気だった。何か良からぬ事が起きる前触れに違いない。コメントを書き込んだ他の方々にもそのうちチロルがプレゼントされるはずなので、お楽しみに! しばらく待ってみて送られて来なかったら、きっとロマの「忘れたふり」なので遠慮なく督促状を送り付けてやってくだされ。

middle_1091585739.jpg

 僕はロマから「ラジオ・グルーヴァス」のスタッフ用名刺のデザインを頼まれていて、数週間に渡り苦悩し続けていた。イラストを使いたいという彼のリクエストになかなか応える事ができず「次の日曜に名刺を配りたいから早く〜っ!」と、ケツに火がつくところまで粘ってようやく本日完成にこぎ着けた。
 今回作ったイラストは今後、Webサイトや「ラジオ・グルーヴァス」のCDジャケットでも使われる事になりそうなのでお楽しみに!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月29日

ぴよぴよ♪ うまそうな匂いだぴよ♪

 僕が隣り町のスーパーに買物に行く事は以前にもここに書いたが、毎回同じ道を通っていると飽きるので、いくつかのルートを開拓した。そのうちの一つに僕を「複雑な気持ち」にさせる場所がある。今日はずっと気になり続けていたその場所を買物の帰りに写真に収めてみた。

middle_1091585690.jpg

 手前のペットショップの店先にはカゴに入った小鳥たちが売られていて、その隣りには「やきとり屋」が…。ここを通る時、僕の頭の中には「食物連鎖」「弱肉強食」という言葉がカオスとなって渦巻く。
 人間はあらゆる生命の頂点に君臨し、いかなる命も意のままに扱うことができる。一方は毎日食べ物を与えられ、一方は食べられる。ありふれた日常の中にはとてつもない宇宙のダイナミズムが潜んでいるものだと思い知らされる一コマである。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月28日

母のパソコン

 「RADIO GROOVUS」のWebサイトは近日中にちょっとだけグレード・アップする予定だ。それに関しては正式に決まったらBBS上で発表するので、現時点では「お楽しみにしててね」としか言えないのだが、そのグレード・アップに関する各種手続やらセッティングやらが結構たいへんだ。そんな折りも折り、実家の母から「メールの送信ができなくなったので見てほしい」と言われ、実家で使っているPowerBook G4を持ち帰りセッティングをやり直した。

middle_1091585644.jpg

 実家が契約しているプロバイダーがセキュリティー強化のため、メールの送信に関する仕様を変更したために起きたトラブルだったのだが、ワープロ・ソフトで文章を書く事と、ホームページを見る事と、メールの送受信しかできない母にはインターネットの設定変更はちょっと荷が重かったようだ。僕ですらこういった手続きや設定作業は「脳みそフル回転」で鼻の穴や耳の穴から煙を出しながらやっているのだから無理もない。
 パソコンの世界はいつになったらこういう「セッティング地獄」から解放される日が来るのだろう…。先進の機器やテクノロジーというのは人間を楽にするためにあるのではないのか? パソコンが「本当の家電」になる日はまだまだ先のことになりそうだ。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

アウト! セルフ! よよいのよいっ!

 今日は愛車「PUNちゃん」にご飯を食べさせてあげた。最近はクルマに乗ることが減ったうえに、1年点検の際にオイル交換したこともあって、やたら燃費が伸びているので、ほぼ3ヶ月ぶりの給油だった。しかし最近ガソリン料金が高騰してるね。「PUNちゃん」は高級食材しか受け付けないのでリッターあたり 120円もするハイオクを食べさせたのだが、これからはエアコンをオンにする事も増えるので、さすがに次回の給油は3ヶ月先というわけには行かないだろう。
 「PUNちゃん」はイタリア出身なので給油の際には少しコツが必要で、スタンドのお兄ちゃんに給油をまかせるとマゴつく事がある。そのため普段はセルフのスタンドで給油する事にしている。

middle_1091585584.jpg

 僕が初めて自分で「給油」というものを体験したのは海外でだった。8年ほど前ハワイのマウイ島に1ヶ月間行っていた時に、レンタカーを借りて行動していたのだが、向こうではスタンドのお兄ちゃんに入れてもらうと料金がやたら高いので、最初の給油だけはお兄ちゃんに「アンリーグド・レギュラー・フィリラップ・プリーズ」と流ちょうな英語を駆使して入れてもらったが、2回目からはセルフのスタンドを利用するようになった。給油機にクレジット・カードを差し込むだけで自動的に料金が引き落とされるため、今の日本のセルフなんかよりよっぽど気軽に利用できる。日本でも早くそうなるといいと思うのだが、望み薄だ。
 しかし僕はマウイでヒヤリとする失敗を犯してしまった。給油を終え走行し始めたら、1台のクルマが追い越しざまに窓を開けこちらに何か叫んでいる。金髪美人のオネエちゃんだったが、僕のクルマの屋根のあたりを指さしている。しばらく考えた後「あっ!」と気付いた。給油口のキャップを外して屋根の上に置いたまま走っていたのだ。スタンドから数百メートルほど走ったところでクルマを止め事無きを得たが、キャップが転げ落ちていなくて本当に良かった。みなさんもセルフで給油の際にはご注意くだされ!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

人生最大の汚点?

 以前から「RADIO GROOVUS」のBBSで告知もしていたし、BBSにはDJロマネスクも僕フレディーも感想を書き込んだので、やはりこの日記にも書かないわけには行かないのだが…「昨日の事は絶対書かないでね」とむーみんさんに釘を刺されてしまったので、辛い思いをしつつ一部モザイクをかけながら書くことにしよう。

middle_1091585528.jpg

 昨夜、愛知県尾張旭市のライブハウスBOSSAにて行われた「ゴリラ(featuring むーみん)」のライブに行ってきた。ゴリラはアコースティック・ギター二人とパーカッション一人による三人組のインストゥルメンタルのバンドだ。演奏曲はすべてオリジナルで、とても完成度の高いグルーブ感あふれる曲ばかりだった。写真左側のギタリストはカッティング中心。右側のギタリストは装飾音とメロディー担当と役割分担がハッキリしていて、安心して聴けるキャリア充分のバンドだった。どうやら作曲は右側のギタリストが担当しているようで、ギターのテクニックも充分だ。僕が感心したのはカッティング担当のギタリストで、低音をブーストしているためカッティングであるにも関わらずちゃんとベース・ラインを感じることができ、バンドのグルーブをグイグイ引っ張っていることがとてもよくわかった。むーみんさんはゲストという形で三曲歌ったのだが、納得のいく内容ではなかったようで「人生最大の汚点」「こんな私をお見せしたくなかった」と少しナーバスになっていたのでゴリラの三人だけが写っている写真を載せてみた。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

沖縄バヤリース

middle_1091585474.jpg

 DJロマネスクの最近のマイブームが「沖縄」だと言うので、今日はこんな小ネタをご紹介しよう。この前の台風の日、どこから吹き飛ばされてきたのかマンションの通路にジュースのペットボトルが転がっていた。僕はそれを持ち帰り洗って潰して資源ゴミとして捨てたのだが、キャップを見ると…そっけない書体で何のひねりもない「沖縄バヤリース」の文字が…。最近やたら「ご当地もの」の商品が出回っているが「沖縄バヤリース」って、いったいどんなふうに沖縄なのか? ペットボトルの本体にはきっと「こんなところが“沖縄らしい”んですよ」と表示されているはずだが、残念ながら本体に巻いてあるはずのフィルムが取れてなくなっていた。イマジネーションのスイッチ・オン!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月24日

空中電車 乗りたいっ!

 僕はほぼ毎日、隣り町のスーパーに買物に行っている。そのスーパーの隣りでは今、来年行われる「愛知万博」に向けて日本初の浮上式リニアモーターカー「リニモ」が発着するための駅を造っている。「愛知万博」には目玉が二つあると言われているが、ひとつは「氷漬けのマンモス」(これはまだ実現するかどうかわからないが、もし実現すれば1970年の大阪万博の時の「月の石」に匹敵するほどの話題になる事は間違いないだろう)そしてもうひとつは「リニモ」である。

middle_1091585418.jpg

 「リニモ」は軌道(電車で言えばレール)から約8mm浮上して走行するため、音も静かで乗り心地もいいらしい。開通は「愛知万博」が開催される来年の3月を予定している。最近では『万博』の是非を問う声が各地から上がっていて、今回の「愛知万博」も地元では反対している人の方が多かった。僕は小学1年の時に「大阪万博」を体験していて、今でもとても強い印象が残っている。あれは確かにエポック・メイキングな出来事だった。しかし『万博』はあれを最後にエポックを生み出す事ができないまま開催され続けてきた。やはり僕も「もう万博は意味がないんじゃないの?」と思う。
 だが男の子は乗り物好き。今回の万博はマンモスにしか興味がないが「リニモ」には乗りた〜いっ! そして僕は、きっと僕と同じような考えの人が世界中から「リニモ」目がけて押し寄せるんではないかと予想している。僕のような鉄道マニアでも鉄道ファンでもない人間ですら乗りたいのだから、マニアやファン達だったら無視できないはずだ。今はただの工事現場だが、来年の今ごろには乗車待ちの長い列ができているのかもしれない。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月23日

ローライズ履きすぎ

 日記をつけ始めてからというもの、どこへ行くにもデジカメを手放せなくなった。歩いていても「何かネタになりそうなものはないか」と常に“カメラマンの視線”でキョロキョロしてしまう。それはそれで結構おもしろいのだが、こうなるとカメラ付きの携帯電話があれば便利だろうなあ…と痛感する。僕の携帯にも一応カメラは付いているのだが、恐ろしく画素数が低くて、まるでダビングを数回繰り返した裏ビデオのような写真しか撮れない。
 前置きが長くなったが、今日は久しぶりに名古屋の中心地「栄」に行ってきた。以前は仕事の関係で週に一、二度の割合で通っていたのだが、ここ数ヶ月はよっぽどの事がない限り行かなくなってしまった。名古屋人は地下好きだと言われる事が多く、名古屋市内の主要な街には必ず地下街がある。写真は栄の地下街「Central Park」のメイン・ストリートを写したものだ。

middle_1091585366.jpg

 ここを歩けば今どんなファッションが流行っているのかがおおよそ把握できるのだが、平日の昼間とあってサラリーマンやOLさんの姿ばかりで、ナウなヤングの生態を垣間見ることはできなかった。けど若い女性をターゲットにしたファッションのお店をチラチラ見ながら歩いていて気付いた事がある。「みんなローライズ履きすぎ!」腹のあたりの肉をただ見せればいいってもんじゃないのよ。ローライズなんてものはスタイルが超良くなきゃ見苦しいだけなのよ。ファッション誌でカッコよくローライズを履いてるモデルさんの顔の部分だけを自分の顔に差し替えて服屋さんに直行しちゃダメ。もし直行しちゃっても試着室の鏡を見た時点で気付かなきゃダメ!
 今日のフレディーはちょいと辛口だったね(笑)でもね、違う服を選べばもっと素敵になれるのによりによって最悪のセレクトをしちゃってる人があまりにも多くて「もったいないなあ」と思ったもんだから、思わず「ピーコのファッション・チェック」のようなコメントをしてしまったのよ。若い頃って自分に似合うものがわからないし、トライ&エラーの繰り返しで「自分らしさ」を見つけていくものだと思うから、それについては僕も寛容になれるんだけど、結構オバサマが腹出してるんだよねえ…見てるこっちが辛い思いをするんだよなあ…。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

台風一過

middle_1091585253.jpg

 今日はまさに「台風一過」の快晴。街の景色も光と影がクッキリ! 南の島を思わせる強いコントラストを描いていた。昨日はいったい何本の傘が暴風によって「燃えないゴミ」に姿を変えたことか…。今日はうって変わって日傘の登場だ。天候変化のコントラストも「台風ならでは」だなぁ〜 ふむふむ…なーんて感傷に浸る暇なく「待ってました!」とばかり部屋中の窓を開け、洗濯をし、掃除機をかけた。

middle_1091585305.jpg

 昨日の日記に「しろしろ」の事を書いたが、今日はその「しろしろ」に出演していただくことにした。屋根つきの豪邸から出てくる「しろしろ」をパチリ! 昨日の台風ではどこぞのホテルの屋根が吹き飛んで新幹線を何時間もストップさせる騒ぎがあったらしいが、きっと全国の100万人くらいから「屋根が吹き飛ぶホテルってどんなホテルやねん」とツッコミを入れられたに違いない。自慢じゃないが「しろしろ」の屋根はビクともしなかったぞ。幸いベランダの植物たちにも大きなダメージがなく一安心。みんなよく頑張りました!
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

台風〜ん!

middle_1091585119.jpg

 今日は台風に振り回された一日だった。僕は自宅で仕事をしているので一般の人に比べればノンキな生活だったのかもしれないが、それでもやはり普段に比べれば落ち着かない一日だった。僕の住んでるマンションには強い風で建物内の通路にまで雨が吹き込み水溜まりができていた。今回の台風は近畿地方を突っ切って日本海に抜けたにもかかわらず、東海地方は強い風に襲われ、所によっては大雨も降ったようだ。一般に台風の東側は風が強いと言われているようだが、まさに今回はその通りだったわけだ。うちのマンションは古いので大雨が降ると部屋の天井から水が染み出してくる事がある。とりあえず今日は風は強かったものの雨が大量に降ることはなかったので雨漏りという最悪の事態は避けることができ…あっ!…発見してしまった。天上近くの壁に湿ってる部分が…ショック!

middle_1091585174.jpg

 我が家のベランダには鉢植えの植物がたくさんある。朝一番に棚の上の鉢を下に降ろしたりして台風対策をしたつもりだったが、自然の力はたいしたもので少し目を離すといくつもの鉢がゴロンゴロンと転がっていた。植物たちはこの風と雨に黙って耐えるしか術(すべ)がなく、心の中で「もうちょっとの我慢だから頑張れよ」と声をかけた(などと言いつつ転がってるかわいそうな姿を撮影してたりしたのだが…)。以前うちの猫「にやにや」について書いたが、実はベランダには「しろしろ」という別の猫が住みついている。彼女は段ボール製の家に住んでいるが、これだけ風が強いと家ごと離陸しちゃいそうだし雨漏りもするので、段ボールの上に板を乗せてその上に重りを置いて補強してやった。
 明日は「台風一過」の晴れ渡った空を期待できるかな?
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

匂いたつ 緑のなかを 我はゆく

 僕は岐阜の実家に帰る時「愛岐道路」という道を通る。読んで字のごとく愛知と岐阜を結ぶ道だ。山と山の間を縫うようにして走るとても景色のいい道路で、新緑の季節には緑のトンネルの中を気分よく走れるし、秋には紅葉がとてもきれいだ。道の脇には川が流れていて、冬にはたくさんの鴨たちが水面に浮かびドライバーの目を楽しませてくれる。春近くになると鴨のヒナたちの姿を見ることもできるので、たまにクルマを停めて鴨ウオッチングをする事もある。

middle_1091585076.jpg

 今日その道を通った時には小雨が降っていて、木々の緑が一段と濃く匂っていた。このところの晴天続きの影響で枯れかかっていた植物たちもこの雨のおかげで少し息を吹き返したようだ。今日のような蒸し暑い日は普段なら文句タラタラになりがちだが、嬉しそうな緑を見ていると爽やかな気分になってくるから不思議だ。夜になって田んぼの脇を走っているとカエルの合唱が聞こえてくる。カーステレオのスイッチを切り窓を開けると、自然と顔がほころんでしまう。この季節もまんざら捨てたもんじゃないなと思う。
 季節の移り変わりや何気ない自然の表情を感じて物思いにふけるようになるとは、歳をとったものだ。そのうち「ここで一句」などと筆を取り出したりしそうだが、まぁそれはそれでいいかもしれないなと思う。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月19日

かわいいアイシャ♪

 僕のかわいい愛車「プンちゃん」はここ5ヶ月ほどお風呂に入っていない。ボディの側面には黒い筋々が垂れ下がり「シマウマが走ってるー!」と指を差されるのも時間の問題だ。そろそろ洗ってやらねばと思いつつ梅雨に突入してしまった。突入はしたもののフタを開けてみれば快晴続きで、洗車のタイミングを計りにくい事このうえない。

middle_1091584968.jpg

 今日は快晴の空のもと、その「プンちゃん」でホームセンターやらスーパーやらを回ったのだが、道すがらコイン洗車場に目をやると、普段なら土曜の快晴の日には満車状態であるはずのその場所は閑古鳥。僕は洗車の翌日に雨が降るとガックリ膝をつきそうになるのだが、これは僕だけの話ではないようだ。多くの人は自分の苦労が水の泡となる事を恐れて洗車に二の足を踏んでいる。「明日は降るかもしれない」と誰もが疑心暗鬼だ。
 天気予報によれば現在台風が沖縄付近を北上中らしい。『ほーら見たことか。やっぱり降るんだよ。今日洗ったやつらも気の毒になぁ。天気予報くらいチェックしてから洗うのは常識なんだよ。でも最近予報ハズレる事が多いんだよな〜。せっかく洗車をあきらめたんだから降ってくれよ! 頼むぞ!』と屈折した神頼みをしている人すらいそうである。
 不思議なことに、バケツをひっくり返したようなドシャ降りの力をもってしても、クルマの黒い筋々は少しも流れ落ちることなく、何食わぬ顔をして着実にシマウマ化の道を邁進し続ける。世の中うまく行かないものだ…。
 と、書いていたら雨音が聞こえてきた。どうやら誰かさんの神頼みが天に通じたらしい。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

生首

middle_1091584857.jpg

 街でこんな光景を目にした。「この女性達はよっぽど重い罪を犯したんだろうな」としばし合掌した。これ実は美容院の外に置いてあったんだけど、どういうつもりで置いたんだろう…?。あきらかに外を通る人達へのメッセージが込められているような佇まい(たたずまい)なのだが、僕はこの安物のスプラッター・ムービーのような「生首美容院」で髪を切ってもらう気には到底なれない…。
 僕の実家は美容院をやってるからこの手のダミー・ヘッドは子供の頃から見慣れている。小学校の頃など友達がうちに遊びに来ると、生首を見つけては「気味が悪い〜怖い〜」と騒ぐのだが、こんなものは怖くも何ともない。それよりホントに怖いのはウイッグ(カツラ)だ。洗った後、乾かすために閉店後の暗い店内にぶら下げてあるこれは不意に視界に入ってくるといつも「ドキッ」とした。これは具体的な物に対する恐怖ではなく、得体のしれない物に出会った時の「ドキッ」だ。

 あっ!そうそう、先日DJロマネスクと一緒に地下鉄に乗っていた時の事を書こう。僕とロマは並んで座っていた。しばらくするとお年寄りの女性が乗ってきて我々の前に立った。すかさずロマは「どうぞ座ってください」と優しく声をかけ、その女性に席を譲った。ロマはカインドネス溢れるなかなかのジェントルマンだ。彼女は礼を言い席につこうとした。するとその隣に座っていた若い女性が席を詰めて老女とロマの二人が座れるスペースを作ってくれたので二人とも席につくことができた。 実はこの出来事が起きている最中、僕は眠っていた。降りる駅が近づいて僕が目を覚ますと、やけに皆がギチギチに詰めて座っているので違和感を覚えたのだが、地下鉄を降りてからロマが説明してくれてすべてのいきさつを知ることができた。彼からこの一件を日記に書くように頼まれていた事をすっかり忘れていた。ロマちゃん遅くなってすまなかった。やっと書いたよ。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月17日

奴らが来るっ!!!!!

 僕は新聞をとっていない。だからテレビの番組表見たさでいつも「ぴあ」を買っている。巻末に2週間分の番組表が載っているからだ。しかし僕はこのところテレビをほとんど見ないので「ぴあ」の発売日から三日ほどたった今日「どうしよっかなあ…今回は買うのやめとくかな…」と思いつつ、立ち読みしてみて買いたくなったら買おうと心に決め本屋に向かった。そして立ち読みを始めて4.8秒後にはレジの前に立っていた。

「なにーっ? アースが来るやんかーっ!」
 血圧と脈拍が2割ほど上昇した。名古屋レインボーホールで9月! 電話予約は…ふむふむ今度の土曜か…などと心の中でつぶやいた。いや、もしかしたら声に出してしゃべっていたかもしれない。とにかく脳内で「ワクワク物質」が急激に分泌していた。

middle_1091584799.jpg

 Earth Wind & Fireというバンドは僕がもっとも影響を受けたミュージシャンだ。リーダーのモーリス・ホワイトはここ十年ほど「パーキンソン病」という病気と闘い続け、最近はかなり回復したと噂には聞いていたが、まさかツアーのステージに立てるまでに回復するとは正直思っていなかった。
 僕は彼が発病間もない頃のアースのコンサートを観た時の切なさ悲しさが忘れられない。エンディング近くにメンバーに抱えられるように登場し、蚊の鳴くような声で二曲ほど歌った後、舞台の袖へと帰っていき、アンコールにも姿を見せることがなかった。均整のとれた筋肉質の体と、パワフルでいて清潔感のある声。あの雄姿とあの歌声を体験することなく、僕のアースは幕を下ろしてしまった。その後、モーリス抜きでのコンサートにも行ったのだが、演奏している曲は確かにアースだが、まるでコピー・バンドのコンサートを観ているような気がしてならなかった。
 どうやら今回のツアーでモーリスはライブ活動から引退するつもりのようだ。それはいたしかたのないところで、大ファンの僕でももう彼に「頑張れ!」と言うつもりはない。蚊の鳴くような声でもいいのだ。ステージ上のモーリスを見る最後のチャンスを与えられた事に幸せを感じる。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月16日

沈黙の日

middle_1091584713.jpg

 大きな「人生のリセット・ボタン」を押した。これについては書こうと思えばいくらでも書けるが、あえて今日は何も語らず「沈黙の日」とさせていただく。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

重大声明の発表・・・

 フレディー気象台は今日「ごめんごめん今年はまだ梅雨入りしてなかったみたい」と梅雨入り宣言の失敗を認める声明を発表したうえで「次に雨が降った日を “梅雨入り”とする。しかしいい天気だねえ♪ 今日なんか夏が来ちゃったんじゃないかと思うほどの暑さだったもんね」とのコメントを出した。

middle_1091584651.jpg

 しかしこの暑さはいったい何なんだ? 湿度が低いから夏バテの心配はないが比較的涼しい我が家の室内ですらこの気温と湿度だ。僕がやってる「問答」という質問攻めのサイトでも『嫌いな季節は?』との問いに「梅雨時」と答える人がとても多いのだが、降るべき時に降らないと農作物に影響が出て、秋になった頃に大騒ぎする事になるわけだから「降らなくても良い」とは誰も思っていないはずである。
 ああ〜人間とは何とワガママな生き物だろう。天気の神様も下界の人間どもに遠慮などせず、堂々と胸を張って雨粒をばらまけばいいのだよ。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

梅雨明け?

 昨日に続き今日も爽やかな一日。今が梅雨であることを忘れそうになる。今日は一日中ラジオ・グルーヴァスのWEBサイトのデザインに忙殺され、やっとこの日記へのリンク・ページを完成させることができた。
 僕はもともと「日記」を毎日つけることができるほどマメな人間ではないので、二日目にして早くもギブアップしそうになっている。どうやらロマも悲鳴をあげているようだが乗り掛かった船。完全に沈むまではオールを漕ぎ続けるつもりでボチボチがんばろーっと!

middle_1091584558.jpg

 今日は僕の仕事部屋をご紹介。僕はSOHOデザイナーなので家の一室が仕事部屋になっている。そしてうちには「にやにや」という老婆のネコが居候(いそうろう)していて、ごくたまにこんな大胆な場所に陣取って仕事のジャマをしてくれる。たいていは僕のイスで昼寝をする事が多いので、ハードにかわいがって立ち退いていただくか、別のイスを持ってきて隣で仕事をする事が多い。「にやにや」には僕がこれから座ろうと思っているイスを予知する能力があるらしく、僕は毎日「地上げ屋」のような作業をしてからでないと仕事もできないし、食事もできないのである。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2004年06月13日

梅雨の晴れ間はライブ日和

middle_1091584390.jpg

 今日は実に爽やかな一日だった。布団も干したし洗濯もした。そのうえ夜はDJロマネスクとライブを見に出かけた。ライブなんて何年ぶりだろう・・・昔は最低でも二カ月に一度はライブハウスに出かけていたものだが、最近は思いっきり足が遠のいていた。

middle_1091584433.jpg

 あ、そうそう今日見に行ったのはラジオ仲間の「アスカ姫」がベースとボーカルをつとめる「カナレ」というバンドのライブだ。四つのバンドによる対バン形式のライブで、カナレは四番目。 会場には、これまたラジオ仲間であるアスカ姫のママと、DEEP GROOVUSでもチラッと話題が出たアスカ姫のイトコの女性も応援に駆け付けていた。僕はデジカメでライブの模様を撮影しまっくったので、もしかしたらいずれどこかでお目にかける事ができるかもしれない。
 まっ、そんなこんなで日記の第一日目はイベントがあったのでネタに困ることなく書けてよかった〜! この先はとりあえず毎日書く事を理想としつつボチボチやって行こうと思っておりまするぅ〜。
posted by ひげフレディー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする